米大統領選ドローダウンでも20万稼げた先物ロング&オプション戦略

右のチャートは2016年11月のアメリカ大統領選の時の日経平均株価の値動きです。

トランプ大統領に決まった11月9日には大きく下落し、翌日に前日の下げを帳消しにするような上昇となりました。

あなたはこのような「行って来い」の相場に振り回されない投資法をご存知でしょうか?

それがオプションを使った投資スタイルです。

オプションを利用したたため動揺せずに投資を継続できますので、このような急下落急上昇する相場でも、相場の方向性を予想する日経225miniをロングして20万円の利益をあげることができました。

その際に利用したオプションは、2種類の銘柄を利用しました。

1つ目がロスカットラインを17125円に設定できる11月限P17125を買うプロテクティブプット。

2つ目がプットの保険コストを賄うために利食いラインを17625円に設定できる11月限C17625を売るカバードコール。

オプションを利用することで、投資エントリーの際にあらかじめ損切りラインを決めておくことができます。

その結果相場が急変しても慌てることなく投資を続けることが出来ますし、そのための保険のコストを別の保険を売って回収することが可能となる戦略です。

このようなオプションを使った投資スタイルを学んでみませんか?

今回の事例のように組み合わせて取引できるのがオプション活用法の醍醐味であり、この戦い方なら急変相場に惑わされない投資を実現できます。

続きを読む

デビットスプレッドでトレンドに乗り遅れても39万円稼いだ事例

今年の10月は衆議院解散と世界同時株高が重なって日経平均が16連騰を記録しました。

そこで今後の日経平均の動向が気になるところですが、あなたは今から1ヵ月後に、再び日経平均が上昇を続けて今から1,000円も上昇すると思いますか?

もし上昇トレンドの最中だとしても、「さすがに1ヶ月以内に1,000円も上昇しないだろう」と考えられた時に、その1,000円を超えた分の利益を放棄するだけで、有利な取引を出来る投資手法をご存知でしょうか?

それがデビットスプレッドです。

デビットスプレッドとは、オプション取引手法の一つで、買いポジションと売りポジションを組み合わせることで、単純なオプション買いよりも低コストを実現し、相場の方向性を狙い利益を得るポジションを取ることができます。

この際にコストを下げるのは売っているオプションプレミアムです。上昇した分の利益を放棄することで購入代金を下げられるのです。

05C14000を20万円で買えるので、このコールオプションを買う場合は購入代金は20万円必要ですが、同時に9万円の価格がついている05C14500を売ることで9万円を受け取れるため、トータルの支払いは11万円に抑えることが出来ます。

最大損失額はこのポジションを組成するために支払った11万円で限定されていながら、コールを買ったのと同じ利益を見込めます。

今回はこの買いと売りを組み合わせたコールデビットスプレッドによって、1ヶ月で39万円稼げた事例を紹介します。

最大損失を減らして低コストでポジションを取れる方法を身に付ければ、あなたも相場観を入れながら自由にオプション戦略を組み立てられるようになりますよ。

最大損失額を低く抑えて相場観を反映できるデビットスプレッドの事例をぜひ学んでください。

続きを読む

ダブルボトムの2番底を狙い9日で111万円を得たプット買い戦略

あなたは下落相場で訪れるダブルボトムの2番底を狙うのに、損失限定で戦えたらいいなと思ったことはありませんか?

このような戦略はプットオプションを買うと実現します。

2016年の2月にP16375を買って、わずか9日で111万円もの利益をあげることができた事例を紹介します。

この投資スタイルを身に付ければ、1度目の下落から回復してきた天井を狙い撃ちすることが出来ます。

ダブルボトムが明確になる前に先回りして投資が出来るということは、予想通りにダブルボトムを形成した際には大きな利益を得ることが出来るうえに、損失限定のため、予測が外れたとしても最大損失が限られているため安心感があります。

この記事では実際の日経平均相場を事例に、プットオプションをどのように扱ったら100万円を超す利益を出せるか解説していますので、記事を読み終わったころには明日から早速実践してみたくなるでしょう。

続きを読む

日経平均連騰時に逆張りのプット買いで20万円稼いだ事例

本日、日経平均が2年ぶりの12連騰を記録しました。

もうそろそろ天井付近にいるから下落するのではないか?と予想している方も多いのではないでしょうか。

このような相場状況で、あなたは下落を予測した逆張りポジションを迷い無く取ることが出来ますか?

こんな状況で逆張りのリスクを抑えた取引技術があります。それがプットオプション買い戦略です。

今回は今と似たような相場状況の2015年11月30日に、P19750を買うことで、逆張りの相場観を反映しつつ、リスクを抑えた損失限定ポジションを取って20万円稼いだ個人投資家の事例を紹介します。

今後の衆議院選挙の動向は読めなくても、下落することを見越した相場観を実現することが出来るのです。

あなたも同じように逆張り戦略を取りたいときには、このオプション買い戦略を参考にしてください。

続きを読む

プット買いで株価下落時に123万円の利益を出した損失限定戦略

あなたは、「日経平均株価がこれから下落トレンドになりそうだな~」と思った時に、損失限定の買い戦略で戦える商品をご存知でしょうか?

それが日経225オプションのプットオプションです。

下落トレンドで利益を上げる方法としてはカラ売りをする(ショートポジションを持つ)方法はよく知られていますが、一番の問題点は損失が限定されていないことです。

そこで、プットオプションを買えば、最大損失を限定しながら、利益が大幅に見込める戦い方を実現できます。

その理由は、プットオプションを買えば相場が下落すればするほど利益になる特徴があるからです。

今回紹介するのは完全な損失限定ポジションを実現して利益を狙えるオプションのメリットを活用したことで、普通の個人投資家であるSさんが手掛けた事例となります。

2015年の年末にプットを10万円分購入し1月には123万円の利益を得ました。

どんな相場観でこの相場でプットオプションを買ったのか、その事例を解説しますので、この記事を読めばあなたも急落相場でも利益を上げられるオプションの使い方を理解できるようになりますよ。

続きを読む

サヤ取りで落ちている5,000円を誰でも簡単に見つける方法

あなたは、買い物をするときに複数のお店を行ったり来たりして、1円でも安い買い値札を見て喜んでいませんか?

あなたが行っているのは、実はサヤ取りです。安い商品を見つけて得した分がサヤの利益となります。

これを日経225オプションで実行するのです。

例えばP19500を205円で売り、C19500を200円で買うと、先物ロングと全く同じ合成ポジションを作ることができて、差し引き5円受け取れます。

日経225オプションは1000倍なので実質5,000円の受け取りがありました。

そこで、日経平均先物のショートポジションを建てると、合成先物ロングと先物ショートを持っていることになるので両建て状態になります。

相場がどんなに変動しても損益は変わらないのに、残ったのは5円の受け取り。これがサヤであり、ポジションを建てた瞬間に5,000円の利益が確定します。

このようにもし目に見える形でサヤが発生していたら、まるで落ちているお金を拾うように利益を確定させることが出来ます。

この記事では日経225オプションを使った、誰にでも目に見えて分かる明らかなサヤを見つける方法をお伝えします。

この記事を読めばあなたも日経平均先物と日経225オプションを活用した、完璧なサヤを見つけることができるようになるでしょう。

あなたも日経225オプションによるサヤを見つけてみましょう!

続きを読む

32万円の損失を回避するプットコールパリティ活用法

あなたは保有したポジションの板情報を見た時に、買い気配値と売り気配値が飛んでいる状態で、成り行き注文でポジションを決済することの危険性をご存知ですか?

一般的に、流動性が無くて板がスカスカな場合、その銘柄自体の取引は避けたほうがよいといわれています。

しかし日経225オプションを取引する方なら、少なからず流動性が乏しい銘柄を保有して苦しんだ経験があるのではないでしょうか。

ほとんどの場合は、流動性が無い銘柄を避けるためにアウトオブザマネーの銘柄を取引していても、相場変動と共にインザマネーになっしまい、やむを得ず流動性が無い銘柄を保有してしまうことがあるのではないでしょうか。

このような時に、成り行き注文を避けるために指値注文をするとしても、板情報に頼って価格を推定するのではなく、オプションプレミアムの妥当な価格を知ることが出来たら自信を持って注文できると思いませんか?

この妥当な価格を知ることが出来るのが前回にご紹介したプットコールパリティなのです。

プットコールパリティを利用すれば、もしディープインザマネーになって流動性が全くなくなっても、自信を持って現在の含み損益を計算することが出来ます。

さらにプットコールパリティを使えば、成り行きや今の板に指値注文を出して不利な価格で約定させるのではなく、損益を固定させてしまうこともできます。

この記事ではディープインザマネーのオプションを決済する場合の成り行き注文の問題点と、プットコールパリティによる損益固定の事例を紹介します。

プットコールパリティを身に付けてオプションをより安全に、そしてロジカルに取引できるようになりましょう。

続きを読む

プットコールパリティの本質はコールとプットの時間価値

プットコールパリティの「パリティ」とは、等価という意味でシーソーのつり合いが取れたような置き換えても何も損得が発生しない状態を指しています。

では、プットコールパリティとは、プットとコールの何が等価であるかあなたはご存知でしょうか?

実は同じ権利行使価格のプットとコールにおける時間価値が等価なのです。

この原理原則をプットコールパリティと呼び、この仕組みを利用することでプットの価格をコールと先物を使って導けるようになります。

このプットコールパリティを使えばディープインザマネーの流動性が乏しい銘柄であっても、この銘柄のオプションプレミアムを正確に判断できるようになります。

ぜひあなたもプットコールパリティを身に付けてオプションプレミアムを正しく判断できるようになりましょう!

続きを読む

プットコールパリティによってオプション終値を正しく判断する方法

あなたはオプションがディープインザマネーになったときに、本来適正に評価されるべき価格と、終値で表示されている価格が異なる場合があるのをご存知でしょうか?

実はオプションプレミアムの終値は、市場が大引けで評価しているはずの妥当な価格とは限らないのです。

2017年6月30日の大引けで7P20375のプレミアムは終値330円と算出されていますが、実はこのプレミアムは400円が妥当な価格です。

(価格表示はシミュレーターツールPrizeより引用)

もし市場の評価として終値が絶対に正しいと思い込んでしまうと、正しくリスク分析できなくなる恐れがあります。

そこで役に立つのが、妥当なプレミアムを算出するためのプットコールパリティの知識となります。

プットコールパリティを用いることで、正しいオプションプレミアムを計算できるようになりますので、あなたも終値表示に惑わされることなく正しいリスク管理を行えるようになりましょう。

続きを読む

銀行預金よりも手堅く、手間が掛からず、年利1%を超える投資スタイルとは

投資対象を考える際に、利回りを比較するのが最も一般的ですよね。利回りが高い投資対象はそれだけハイリスクであり、利回りが低い、例えば銀行預金はローリスクであると考えられています。

そして日本ではローリスクですが銀行預金が安全性の高い資産運用先として活用されています。

銀行預金残高が右肩上がりに増えていることからもわかるように、日本人の現金の振り分け先として使い勝手が良いと考えられています。

ですが銀行預金は利回りが低いというデメリットがあります。

そこで、銀行預金よりも高い利回りの年利1%のリターンが見込めて、しかも銀行預金のように手間も掛からず預けっぱなしで良く手間が掛からない、しかも換金性が高い投資先があれば、銀行預金の代わりに投資しようと思えませんか?

そのような都合の良い投資があります。それが株のカラ売りです。

株のカラ売りは、怖いし危険だと思われがちですが、そんなことはありません。

正しく使いこなせれば安全に、そして銀行預金よりも高利回りの年利1%を実現することも難しくありません。そこでこ記事では株のカラ売りを使って、どうやって安全に年利1%のリターンを狙えるのかについて解説します。

銀行預金よりも利回りを上げるには、銀行預金よりリスクを取る必要があります。リスクが無いところにリターンは存在しないからです。
しかし、銀行預金はリスクを取らなさ過ぎて利回りが低いだけだったとしたら、投資効率を上げることで利益を追求することができるようになります。

株のカラ売りと銀行預金の利回りやリスクを比較して、カラ売りのほうにメリットがあることに気付き、そしてリスクを分析したうえでカラ売りでも無理なくリスクが取れれば、利回りの低い銀行預金に預けておく必要は無くなります。

さらには安全性を高める方法や、銀行預金には無いボーナスが起きるメリットについて徹底的にお伝えしますので、読み終えたらすぐにカラ売りを実行したくなるでしょう。

今日本では「貯蓄から投資へ」とスローガンが掲げられているように、正しくリスクを分析して賢い投資家になり貯蓄から投資へ資金を振り分けられるようになりましょう!

続きを読む