アノマリーを利用したトレードの補足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

昨日のクリスマスプレゼントは

どうでした?

 

ってクリスマス(25日)はまだだし!(´ヘ`;)

 

と言わずにお付き合いください(^^)

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

 

アノマリーを活用するために

 

 

 

昨日のブログに、

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

①がっつり張るなら、先物買い

②そこまでいけないならコール買い

③タイムディケイも利用したいならプット売り、

④弱気ならレシオスプレッドでデルタロング

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

 

って書きましたよね?

 

 

これについてちょっと補足(*’ー’*)

 

 

 

 

①先物買い

 

これはわかりますよね?

 

デルタ100のガンマ、セータ、ベガ0。

 

つまり日経平均の

上昇のみを狙うポジション。

 

もし方向感に自信があるなら

迷わずコレです。

 

 

 

 

 

 

②コール買い

 

 

先物買いほど自信が無いならこちら。

 

 

ATMならデルタは50なので、

先物の1/2くらいの影響度。

 

じゃあ残りの1/2はどこに行ったの?

 

先物1枚とATMオプション1枚では

そもそも持っているリスク自体が異なるため、

ほとんどはポジションの差ですね。

 

ただ、一部はガンマやセータやベガに

振り分けられます。

 

(※方やデルタ100、もう一方はデルタ50+他のリスク指標)

 

 

 

ガンマ、セータ、ベガが発生すると言うことは、

そこにリスクが生じるということです。

 

 

もっともこの場合のガンマは

コール買いだからプラス。

 

 

よって日経平均が動くほどデルタが大きくなり、

値洗いがよくなるという特典が付いてきます。

 

そこが妙味でもありますね。

 

 

 

 

「じゃあATMを2枚買ってデルタ100にすれば、

①よりもイケてるポジションじゃん!」

 

というのは正論ですが、

今度はセータも大きくなってくるため、

相場が動かないと値洗いが悪化します。

 

さらにはベガロングなので、

IVが低下していくとこれまた値洗いが悪化する方向に。

 

 

 

①だと気にしなかったガンマ、セータ、ベガを

気にしなければいけなくなるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

③タイムディケイを利用してプット売り

 

 

これは②の逆の発想です。

 

タイムディケイが利益となる

セータロングのポジションを使って、

利益を確保しようとする作戦。

 

 

 

これはATM売りならデルタ50で①の1/2、

ガンマショートなので、

日経平均が下落したら

デルタが悪化していきます。

 

 

もっとも①のように

常にデルタ100じゃないので、

100になるより前に撤収するチャンスがある点で

②よりもさらに弱気のスタンスを作れます。

 

 

 

 

 

 

④スプレッドを組んでデルタロングに傾ける

 

 

これがオプショントレードの

王道でしょうかね。

 

基本的にはデルタは0にするのが

ボラティリティスプレッドの基本で、

そこにスパイスとして

ちょっとだけデルタロングを加える。

 

利益の最大化は狙えないものの、

逆の方向になっても被害は少なくて済む。

 

 

 

 

 

 

以上4つの戦略の解説でした(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

 

実は、検証に為替の影響が抜けてます(--;)

 

今日は為替が円高に動いて

検証に抜けているのを気が付きました。

 

影響があるのかどうか未確認ですm(_ _)m

 

 

 

 

 

このアノマリー、5営業日前を基準にして、

その翌日(つまり今日)のクリスマスイブあたりの

動きを読んでから仕掛けるのも面白いかも。

 

 

ブログに掲載したグラフを見ても、

今日の値動きを確認してから仕掛ける、

でも遅くないのかなーなんて思います。

 

あ、手仕舞いも大納会じゃなくて

その一歩手前がいいのかもね。

 

 

そんな読みもしています。

 

 

 

 

今日はアメリカがクリスマス休暇なので、

市場はお休み。

 

来週はロンドンが早々に終わっちゃうので、

全体的に参加者が少なくなりそう。

 

狙い通り、って感じ?( ̄ー ̄)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket