オプションボラティリティ売買入門を読んだ感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

今日は嬉しいメールを

いただきました。

 

私のおすすめ書籍、

オプションボラティリティ売買入門を

購入した方からです。

 

 

  ■

 

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

特典ありがとうございました!

 

睡魔が定期的に襲ってきますが

これらのことを知らずして、

私はトレードをしてたのか!!

と気づかされながら読み進めております。

 

良い本を薦めて頂きありがとうございました。

 

そして、特典のなかの損失トレードの生かし方は

損失トレードに対する考え方を

劇的に変えることが出来る気づきを頂きました。

 

このたびはありがとうございました。

私もオプショントレーダーの

仲間入りできるよう楽しんで学び、

実践していきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

 

ボラティリティ売買入門は、

初心者には向いていません。

 

断言します。

 

なぜなら、私自身

ある程度知識をつけて読んだにもかかわらず、

途中で眠くなってばかりだったから^^;

 

 

それでも勧めるのは、

この書籍で学べることが

とても多いから。

 

最初は睡魔との戦いですが、

理解できるようになると脳が活性化して

眠くなんてななれません。

 

 

 

眠くならないために

ちょっとしたコツもレポートにしているので、

まだ見たことがなければ読んでみてください。

 

日経225オプションのトレード戦略を楽しむ!ためのレポート

~オプション書籍の『超』効率的な学習法~

⇒メルマガ読者さん限定です

 

 

 

 

それと、書籍を購入されると

オリジナル特典を差し上げています。

 

「トレード戦略マップ」というものですが、

今回メールくれた方が書かれているように、

損失トレードの考え方など、

私の経験からの気付きなどを書いています。

 

もしまだ読んだことが無ければ

是非読んでみることをお勧めしますよ。

 

 

私のレビューはこちらです。

 

書籍や特典を読んだ感想をお待ちしています♪

 

 

 

 

■あとがき■

 

 

昨日早起きの件について

言い訳したところ、

 

こんなメールをいただきました。

 

私に早起きという

イノベーションを起こさせてくれた、

kさんです。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

おはようございます。

 

早寝早起きの件、

だいぶ苦労してるみたいですね。

イヤイヤ続けるとストレスになるし、

何よりメリットが発揮されないと思います。

 

いったん早起きを、

やめてみたらどうですか?

 

やめるのは、早起きだけです。

今まで通り、早寝は続ける。

で、以前のように起きる。

早寝は、苦じゃないと思います。

普通、早寝早起きを始めて挫折する場合、

何故か当たり前のように早寝までやめてしまいます。

 

これからは、

早寝普通起きです(^O^)

 

普通通り起きてみてはどうですか?

頑張らなくていいと思います。

 

そのうち、

早寝してる分の時間が惜しくなってきて

早起きしたくなると思います。

 

たしかに何も考えないで

ダラダラと寝るのは、怠慢です。

 

でも、早起きを習慣にする為に、

とりあえず早寝はするけど

今まで通り普通に起きるというのは、「戦略」です。

 

堂々としていいと思います。

 

もし、この戦略が良いと思えば、試して下さい。

応援してます(^O^)/

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

こんなところに

戦略が潜んでいたとは!(^^)

 

ご心配なさらずに。

 

早起き、実は楽しんでいるんですよ。

 

 

今までずーっと早起きしようと思いながら、

結局夜型生活を続けてきました。

 

せっかく早起き生活する

きっかけができたのだから、

習慣化したいと本気で考えています。

 

やっぱり気分がいいですしね(*^_^*)

 

 

頭が回っていないのは慣れていないからで、

そのうち良くなると思ってます。

 

イヤイヤやっているわけじゃないし、

ただ従来の体に染みついた

従来の習慣と戦っている最中です。

 

もう少し続ければ

きっと習慣化するはず。

 

 

理想のライフスタイルを

手に入れようとしているので、

もう少し続けてみるつもりですよ(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket