デリバティブ、ってなんだ?

 

 

突然ですが、

 

「デリバティブ」ってなんですか?

 

という質問に答えられますか?

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

 

  ■

 

 

 

デリバティブとは・・・金融派生商品のこと。

ってこれだけじゃ単なる和訳でしかないですよね(^^;)

 

 

私が伝えたいのは金融派生商品とは何か、

なんてググったりWikiったりすれば出てくることじゃなくて、

デリバティブってどんなことやっているものなのかという仕組み(のようなもの)について、

お話します。

 

簡単に説明するのは難しいですが、

食品に例えてみましょう。

 

 

 

 

例えば、リンゴがあります。

 

おいしそうなリンゴであれば、

八百屋さんで1個100円で売れますよね。

 

 

 

 

じゃあ端が切れたリンゴっていくら??

 

八百屋じゃそんなもの無価値じゃないかな。

 

だってちゃんとしたリンゴが買えるのに、

わざわざお金を払って不完全なリンゴは欲しくないですよね。

 

 

 

ところが、デリバティブを使うと、

この不完全なリンゴに適正な価格をつけられるんです。

 

これを理論価格といいます。

 

 

 

どうやって適正な価格を付けるかというと、

ちゃんとした完全なリンゴと、

リンゴをミキサーでジュースにしたものを使って、

擬似的に不完全なりんごを創り出すんです

そうして理論価格を求める。

 

 

デリバティブの考えでは、

りんごの使える部分を切り取って

ジュースの原料とした場合の価値を計算しています。

 

 

 

 

なーんて、この間読んだ書籍の

受け売りですけどね^^;

 

例えがオレンジだったから、

リンゴに変えて文章をアレンジはしてますけど(・∀・)

 

↓この書籍です。

 

 

 

また、この書籍では、

デリバティブを【実感】するようになる

まで学ぶことが重要だとコメントしていました。

 

 

【実感】するとは、オプションでいえば

理論の基本的コンセプトが分かり、

かつ、自分なりに計算あるいは説明が出来ること。

 

その結果新しいデリバティブの商品が出てきても

それがどの程度の価値があるものなのか独自の判断を下せたり、

あるいは一歩進んで自らリスクヘッジに必要となる商品を

考察できるようになることです。

 

 

 

あ、ここでいうデリバティブの対象は日経225オプションに限らず、

デリバティブ商品全体についてのことですね。

 

ただ、日経225オプションでデリバティブについてしっかりと学んでいれば、

この先計画されている株式オプション(かぶオプ)への対応が

ストレスなく順応できるようになるんじゃないかと思います。

 

 

 

これらデリバティブを含めた「金融工学」とは、

リスクを数値化することが出来る学問でもあります。

 

リスクを数値化する、とは、

もちろんデルタ、ガンマ、セータ、ベガ

まさに我々が見ているパラメーターが金融工学のキモなわけです。

 

 

 

そして、そのリスクが数値化されることで

初めてその主張が確からしさを元にした主張なのか、

あるいは主観の思い込みによる主張なのかを

判断することが出来るようになるんです。

 

それは数値化されているので、

主観に捉われない公平な目で判断する

 

 

この結果何が最も収益に影響を与える要素なのか、

何が最も優先されるべきか、

あるいは解決すべき課題なのかを

捉えられることができるようになる、というわけです。

 

 

 

 

 

ちょっと難しい話になってしまいましたが、

何気なく読んだ書籍にとてもいいことが書いてあったので、

その一部を紹介しました(^^)