ベガの損益分解で使用する基準IVはどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

今回もベガとIVについて質問です。

最近の質問はレベルが高くなってきましたね(^^)

 

私も回答するのが楽しみです♪

ただ、私の回答は1人のトレーダーとしての意見ですので、

参考程度にしてください。

 

とくにIVについては正解がどの値か

知っている人は少ないと思いますから。

 

 

 

 

 

 

 

Q.

 

損益分解に使う項目ですが、合成ポジションの場合、デルタ、ガンマ、セータ、ベガは

それぞれの値を単純に合計すればいいということですが、

IV変化からの損益計算に使うIVの値はどうすればよいのでしょうか? 

 

例えばショートストラドルで同じ権利行使価格のコールとプットでも

それぞれのIVの値は異なりますよね。

 

平均を取るのでしょうか?

 

 

 

 

 

A.

 

べがで計算するIVは、本当はオプションごとのIVが理想ですが、

計算が複雑になるために合成ポジションの場合は

メインとなる(枚数が多いor軸となる)オプションに絞ってIVを考慮していいと思います。

 

 

本当はオプションごとにIVが若干違っていきますが、

プット側、コール側で見れば相場の変動があった時に全体的に上げ下げしますから。

それかご指摘の通り平均IVでもいいかと思います。

 

でもこの時は単純に足して2で割るんじゃなくて、

ポジションごとに倍にして全体で割ったほうが実際の動きを表せるかなと思います。

 

でも、そこまで細かく考えなくても、

全体のIVとして捉えていれば損益分解では大丈夫ですよ。

 

 

 

どのIVが正しいのかを考えても、

隣の権利行使価格のIVは0.3~0.5%とかそんなものなので、

細かく考えても結果はさほど変わらないかなと思います。

 

 

それより原資産の変動のほうがよっぽど影響があるので。

 

 

 

 

 

■あとがき■

 

新居で床が多いので、

近くのロヂャースで開店モップを購入しました。

 

 

フローリングスペースが多いからかなり便利です(^^)v

 

床掃除って腰をかがめなきゃいけないところが、

これがあれば立ったままふけるしモップのすすぎもできますからね。

 

けどロヂャースの回転モップって実用性重視で、

こんなおしゃれなタイプじゃないんですよ^^;

↓ ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket