ベガショートポジション手仕舞いと、証拠金維持率について

 

ベガショートのポジションを

全て決済してクローズしました。

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

 

 

ベガショートポジション手仕舞い

 

 

理由は、私の相場観と異なる状態が続いているから。

 

そして、このまま相場に合わせて

今のポジションを組み替えていくより、

仕切り直しをしたほうが資金効率的にも有効だから。

 

 

 

この前向きな思い切った損切りを出来るかどうかが

一つの壁のような気がします。

 

 

 

結局、今のポジションを騙し騙し持ち続けるより、

今よりもっと良いポジションを発見したら

すかさず乗り換えるべきだと思っています。

 

 

 

オプショントレードも他の投資同様、

知識があるから必ず勝ち続けるわけではないです。

 

 

今のポジションが魅力が無くなったら、

さらに魅力あるポジションに向かうことが、

最大のリターンを得るための近道のような気がしています。

 

 

 

とは言うものの、

「そんなはずじゃない」

と引きずってトレードを続けていることのほうが多いですけどね(^^;)

 

 

 

 

 

 

トレード振り返り

 

 

保有ポジションは、

このような価格で決済しました。

 

 

12C10,500@25×5枚 転売

1C10,000@400×3枚 買戻

1P10,000@170×2枚 買戻

 

 

結局、損失は-165,000円となりました。

 

 

 

 

 

上に書いたとおり、

持っているポジションがすでに妥当でない場合は、

躊躇せずにクローズすべきですね。

 

 

 

今回もIVが下がらないのに不要に粘ってしまい、

市況のうねりに振り回されている格好になってしまいました。

 

 

 

 

 

オプショントレードは

必ず負けない投資法ではありません。

 

損失は最小限に抑え、

仮に損失が出たときでも

そこから学ぶことを繰り返したいものです。

 

 

 

 

 

 

私は今回、

12P9,500の余計な買戻しトレードが

一番の反省点だった気がします。

 

 

 

50円で売ったものを100円で

すぐに買い戻してしまいました。

 

 

リスク指標をニュートラルに

持っていくのには効果があり、

その点については正しかったと思っています。

 

 

 

 

 

 

しかし、

明確なトレードの目安を持っていなかったため、

ダウと日経平均のいわゆる「押し目」で

買戻ししてしまいました。

 

まぁ結果として押し目だったわけですが、

その瞬間には「下げる」と思って買戻ししています。

 

 

 

 

 

このときにトレードの利益目標や、

○円以上変動したら決済する、

というようなことを考えていたら、

もう少し違う結果が待っていたかもしれませんね。

 

 

 

 

要はどれだけ我慢できるか、

どれだけのマイナスを許容できるかということです。

 

今回は許容値を明確にしておらず、

さらに市況の動きで焦ってしまいました。

 

 

焦って流されているのか、

それとも許容値を超えた計画的なトレードなのか。

 

その判断が難しいところですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、このようなことは

トレードには付き物です。

 

 

1回のトレードで大損失してしまい

立ち直れなくならないように、

資金に余裕を持ってトレードしたいものですね。

 

 

 

資金は一気に増えるものではなく、

小さな努力の積み重ねの結果だと思っています。

 

 

 

 

 

証拠金維持率について

 

 

資金に余裕を持つというのは、

分かりやすい指標で言えば証拠金維持率になります。

 

 

 

 

 

この前、

 

「証拠金維持率が30%を超えました。高いと思いますか?」

 

という質問を貰いました。

 

 

 

 

堀川秀樹さんの著書、

日経225オプション取引入門には、

10%を目安にしようと書いてあります。

 

私もどのくらいが妥当かと聞かれたら、

まぁ10%位にしておいたらいいんじゃないでしょうかと回答しますね。

 

 

 

 

 

その理由をご説明します。

 

 

私はあまり証拠金維持率にこだわっていないです。

 

あれ?言ってることが違う??

と思わずに続きをお読みくださいm(_ _)m

 

 

 

 

なぜこだわらないかというと、

証拠金維持率がどうなったら上がるか、

急に上がるのか徐々に上がるのか、

そういった維持率の上昇幅を経験として持っているからです。

 

 

 

変動のズバリの数値は分かりませんが、

傾向としては掴んでいます。

 

 

たいていポジションの値洗いが悪化すると

維持率も下がります。

 

ポジションが不利になるほど、

そして市況に対して指標が敏感になるほど、

維持率は悪化します。

 

 

 

 

 

 

なので、30%であったとしても、

市況が思う方向とは反対に動いたところで

値洗いがさほど悪化しないポジションであれば、

そんなに気にすること無いと思います。

 

 

 

 

 

つまりこれから一気に証拠金が増えるのか、

それとも徐々にしか増えないのか

(または減っていくのか)

 

 

 

そのような感覚を持っていないのであれば、

30%は高いかもしれませんね。

 

 

 

極論を言えば、追証がかからなければ

どのくらいの維持率でも大丈夫ということになります。

 

 

 

 

だから30%を高いとは断言できないし、

じゃあどのくらいが適切かというと、

それはトレーダー自身の状況(資金、知識)によると思っています。

 

 

その辺の難しいことを考えなければ、

だいたい10%くらいかなー

なんていう答えになるわけですね(*’ー’*)