リスクの無いところにリターン無し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

前回の為替トレーダーさんからの質問に対する

私の回答をお届けします。

 

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

お問い合わせの件、

プットを売って大暴落しても、

証拠金上昇に耐えられればOKですよ。

 

それでSQにOTMになればセーフ。

 

 

でもほとんどの人は

潤沢な証拠金を費やしてまで

SQにITMにならないことを願うなんてことは

しないはずです。

 

それこそ運任せになってしまうので、

区切りをつけて決済して

どここかで損失を確定します。

 

「相場が上がれ!」って

ただ願うだけだったら、

オプショントレードやっている意味が

ありませんからね。

 

 

相場の方向を読まなくてもトレードで利益が出せる、

これがオプショントレードのメリットです。

 

 

 

プット売りの価格で先物を売れば、

理論上は下落サイドの

損失がなくなります。

 

 

ですが、

下落サイドの損失がなくなりますが、

先物売りが約定した後に

相場が反転して上昇していったら?

 

その場合はプット売りは何の効果もなく、

ただの先物売りが

損失を増やしてしまいますよね。

 

リスクのないところにリターンはありません。

 

 

この戦略は一方的な下落には完璧ですが、

反転して上昇すると弱いです。

 

これが最大のリスクであり、

これを相場の中でうまく処理していければ

利益を出しやすい戦略かもしれませんね。

 

 

 

もう一つは

オプション売り+先物売りなので、

証拠金がかなり高くなります。

 

 

最初の質問と同じように、

潤沢な証拠金があれば問題ないですが、

ヘッジされたはずの大暴落で

証拠金不足・・・ということも、

もしかしたらあるかもしれません。

 

 

リスクのないところにリターンは無い。

これを覚えておくと良いと思いますよ。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

 

 

これに対してkさんから

回答をもらいました。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

こんばんわ。

 

初めての問合せにもかかわらず、

ご丁寧な回答をいただき

ありがとうございます。

 

よく理解できました。

 

 

大暴落時などの証拠金の跳ね上がり具合が

まだ感覚的にわからず

投資資金とのリターンで考えると、

プット売り+ヘッジの先物売りの場合

ROIはあまりよくないかもしれませんね。

 

 

> 先物売りが約定した後に相場が反転して上昇していったら?

 

先物の損をプット売りの利益と

相殺できると良いかなと考えておりましたが

そんなにプット売りの利益はなさそうですね。

 

 

> リスクのないところにリターンは無い。

 

その通りですね。

 

リターンは来る時は来るので、

それをじっと待ち、日頃は極力リスクを

ミニマイズすることに重点を置いています。

 

 

 

すこしづつ理屈が理解できてきましたので、

最低枚数で少し実践して、証拠金の変動や

プレミアムの剥げ具合などの

なんとなくの感覚を養ってみようと存じます。

 

大変ありがとうございました。

また、どうぞよろしくお願いいたします。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

 

そして私の回答

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

お返事ありがとうございます(^^)

 

 

> 先物の損をプット売りの利益と相殺できると良いかなと考えておりましたが

> そんなにプット売りの利益はなさそうですね。

 

ここまでわかっていれば、

後はその損益のバランスと

相場観との兼ね合いになります。

 

一番うれしいのは相場が

上昇しなければいいので、

どこを狙っていくかを選択するのが

トレーダーの役目ですね。

 

 

> すこしづつ理屈が理解できてきましたの、最低枚数で少し実践して、証拠金の変動や

> プレミアムの剥げ具合などのなんとなくの感覚を養ってみようと存じます。

 

私のところに相談に来られる方は

最初の一歩を出す前に

どうしたら損しないか悩んでいる方が多いので、

その点ではkさんは、

実際に行動してみて感覚を養おうとしているで、

私もとてもメールの送り甲斐があります(^^)

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

 

 

 

■あとがき■

 

 

理屈が理解できたら、

最低枚数から小さく実践して、

感覚を養っていく。

 

 

この考えってとても大切ですよね。

 

私もこのような読者さんがいて、

嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket