世界三大恐慌が完成したそうです

 

 

今日は会社でTOEICを受けました。

疲れた(ノ_-。)

 

応援のクリックお願い(-人-)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

 

世界三大恐慌

 

 

 

みんさんご存知

サブプライムショック。

 

サブプライムだけでなく、

それより上のクラスのローンも棄損しており

住宅ローン全体が不良債権化しましたよね。

 

 

そこで、オバマ大統領は差押えの延期措置を行いましたが、

その間に肝心の経済は回復せず、

財政赤字を大きく膨らましたまま問題が先送りされてしまいました。

 

これがアメリカ企業の業績を落ち込ませてますが、

そのしわ寄せが雇用に向かってます。

 

特に単純労働者だけではなく、

ホワイトカラーの中産階級がこれだけ失業したのは大恐慌以来だそうです。

 

これをクルーグマンは「雇用不況」と名付け、

1870年、イギリスのシティーに端を発する恐慌(ベアリングショック)、

1929年の大恐慌、

に続いて、資本主義の歴史中での3つ目の「恐慌」である、

と定義しているそうです。

 

 

 

 

ここに書いている文章が「~だそうです」

というのは、私も受け売りなので(*’ー’*)

 

 

 

 

 

大きな目で見ると、

今のアメリカは明確な不況のようです。

 

「じゃあなんで株高になるんだ?」

 

という問いについては、

企業が業績悪化したら、

・借金を返済

・更なるリストラ

・賃金カット

・雇用削減

をすればいずれも株価が上昇するから、ですね。

 

 

 

 

これについては賛否あると思いますが、

一応こういう考えもあるのかな~ということで、

お伝えしてみました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

 

TOEICを受けましたが・・・

特に勉強はしていません(´ヘ`;)

 

 

 

毎年上司から「受けろよ」と言われて

しぶしぶ受けているわけですが、

得点が上がったからといって優遇されるわけでもなく、

海外出張する部署は得点に関わらず出されます。

 

じゃあTOEICって意味があるのか?

というと、他人と比べたときの単なる指標でしかないわけで。

 

 

その指標について、高くても低くてもいいはずなのに、

目の前のテストを高得点取ろうとしてしまうのは

受験戦争や就職戦争で常に回りと戦ってきたサガでしょうか(ノ_-。)

 

 

・・・ということを、

テスト終盤になって感じて

自己完結して納得してました( ̄ー ̄)