仙台に行ってきましたよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

ようやく実家の仙台から帰ってきました(^^)

 

自宅の復旧はほぼできて、

安心しての帰宅です(^^)v

 

 

 

  ■

 

 

 

私が見た震災の影響を、

少しお話しようと思います。

 

 

 

東北道は全面開通していました。

ただし、ガソリンは1回2000円まで。

 

道路も舗装されていて、ほとんど50km制限はなくてあっても80km制限くらい。

段差が少しあるくらいで、新潟の地震と比べると、結構普通でした。

 

 

給油所はこんな状態なので、

少しでもガソリンを満タンにするように、

那須高原SAと菅生SAで給油をしました。

 

普段なら給油なしでいけるんですけどね。

 

 

 

下に降りたらいつ給油できるかわからないので、

出来るだけ高速道路で入れておきたいな、と。

 

 

 

案の定、一般道はガソリンスタンドが空いてたり空いてなかったりで、

空いているスタンドには長蛇の列。

 

 

私の親の車は、ご近所さんから給油できるスタンド情報をもらって、

2時間”だけ”待って入れることが出来たみたいです。

 

その前には7時間待って

入れられなかったこともあったみたいです(--;)

 

 

 

うちの親が給油できたときは、

「整理券207番」だったみたいです。

その日は500番くらいで終了だったとか。

 

 

 

 

 

そんなわけで、

極力ガソリンは使わないようにして歩きや自転車で生活するよう

心掛けているとのことでした。

 

うちの周りはかなりの坂道なんですけどね。

それでも歩きで行けるところは歩いています。

 

 

 

 

  ■

 

 

 

前にもお話ししましたが、

私の実家がある地区は、地震の影響が少なかったです。

山のほうなので津波も影響ないし。

 

 

 

けど、本当に場所によって被害状況がさまざまで、

玄関の門が壊れたって家もあれば、

 

「机の上の物が落ちなかった」

 

という人もいたみたいです!

 

 

同じような地形であっても、

地盤の違いとかによって違うんですね。

 

 

 

 

電気、水道は復旧してきましたが、

やはり都市ガスは復旧に時間がかかるみたいで、

私がいるうちには復旧のめどが立っていませんでした。

 

 

 

幸いうちはオール電化にしているため、

都市ガスの影響はありません。

 

けど、お風呂をガスで炊いている家庭は多く、

数少ないオール電化住宅に融通してもらって入浴しているようでした。

 

 

 

私も家もご近所さんに入浴をしてもらってましたが、

やっぱり気を使うから、あまりお風呂を入りに来ないみたいですね。

 

 

 

また、お年寄りは余震の影響で

あまりお風呂に入りたがらないみたいです。

 

いつ地震が来るかわからないのに

裸でお風呂に入ると逃げられないと思うから。

 

 

みな一様に入浴時間が短めのようです。

 

 

 

  ■

 

 

ここからは撮影した写真を一部公開します。

 

 

うちの近くで一番やられていた道路。

この程度だったので、比較的被害は少ないのかと思います。

浦安のほうがよっぽどひどいですね。

 

 

 

うちの先祖の墓が無事か確認しました。

 

ほとんどのお墓は崩れていないのですが、

下の写真のところだけはゴロッと落ちてます。

 

・・・手抜き工事?ってくらい周りに比べて無残に落ちてます(-人-)

 

 

 

家の中の土壁が剥がれた様子。

基礎や柱が壊れてはいなくてこの程度の損傷なので、

住むことは充分可能。

 

 

 

 

仙台は地震が多いため、

いつか来るといわれていた大地震に備えて

父親が家具にストッパーを設置していました。

 

今回は役目を果たしてくれて、皿が飛び散りはしませんでした。

やっておいてよかった。

(棚の中で割れたものはあったけど)

 

 

 

水。

 

給水車に並んで、こんなポリバケツの半分くらいの

ゴミ袋に水をもらって運んできたみたいです。

 

親は60歳近くなので、

その両親二人が運ぶのもかなり大変です。

 

持ってみたらマジで重い。

片手で持てないから20kg弱くらいあるんじゃないかと。

 

震災でこれが最も大変だったというようなことを言っていました。

もう水が復旧したからここから飲むことはないので、

結果としては無駄足だったということになりましたが・・・。

 

 

  ■

 

津波で流された町並みを見ると、

本当に一生目に焼き付いて離れないらしいです(--;)

 

私はそういうところを

幸い?にも見ることはなくて日常に近い写真だけですが。

 

 

 

 

 

  ■あとがき■

 

 

 

いつもメルマガと同時にブログも書いてましたが、

なんかリズムが崩れて、メルマガを発行してからしばらくしての更新。

 

ちょっと前に帰ってきていたんですけど、

気を張って復旧していたものだから疲れがどっと出て、

なかなか作業も進まず(^^;)

 

 

 

ただこんな写真を見ると、

「あーこんな風になってるんだ」

というのがわかってもらえれば幸いです。

 

 

ひとくくりに東北といっても、

被害が少ない地域ももちろんありますからね。

全てがニュースのようながれきの山じゃなかったということを身をもって体験しました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket