情報教材を売る人って何考えてるの?

 

 

最近オプションの教材を紹介していますが、

読者さんにはこのような考えを持っている方もいます。

それについてコメントします。

 

 

 

  ■

 

 

 

いただいた内容です。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

相場で実際に勝負している人が、

その関連で勉強や資料作りするのは普通のことで当然誰もやっているし、

やっていない人は負組で退場していくありがたいお客さん達のはず。

そのような資料でお金を取るのは理解出来ません。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

 

私も以前は同じように考えてました。

 

 

「なぜその道で稼いでいる人が、

教材で利益を出そうなんて考えるんだろう」

 

 

 

 

この読者さんの考えはよくわかります。

 

ですが、実際に著名人でも

トレード講座でお金をもらっていますよね。

 

 

 

 

 

 

オプション関連書籍では、

知識を販売していますよね。

 

私が紹介した情報教材は、

形こそDVDだったり電子書籍だったりしますが、

伝える形が違うだけで、オプション書籍とほとんど変わらないはずです。

 

 

ただ本屋で立ち読みするように中身を覗いてみることが出来ず、

そして書籍よりも高額な金額をとられるため、抵抗がある人も多いと思いますが。

 

(私も、今でも「高いなぁ」と思うこともありますよ)

 

 

 

情報教材を販売する人の話に戻って、

私の考えは当初の「考えが理解できない」とは変わってきて、

トレーダーとして収入はあるものの、第二の収入源として知識をお金に買えるのは、

そんなにありえないと毛嫌いする考えではなくなって来ています。

 

 

 

 

 

これについては読者さんの考えに意見するつもりはなく、

違う考え方もあると思っているというだけです。

 

 

 

もちろん勉強や資料作りをしないと

退場させられるのはその通りです。

 

それをおいしいカモだと思っている人もいっぱいいると思います。

 

 

 

ただ、初心者が本格的に参入するに当たって

実践している人のノウハウをお金を出しても買いたいというのは、

時間短縮&スキルアップが価格に見合うものであれば

選択する人はいると思います。

 

需要と供給が一致するから書籍なり情報教材が売られていて、

それを買う人がいるんだと思います。

 

 

 

 

私が米国先物オプショントレード講座を3年以上前に購入したのは、

まさに手探りでわからない世界が不安で、

それをお金を払って勉強したという認識です。

 

 

 

もしろんそれを選択しないで独学に進む人もいますし、

全員がノウハウを購入するわけではないですよね。

 

 

 

 

もっとも本業で稼いでいると嘘をついて、

高額な教材を販売する人もいるでしょう。

 

 

 

 

私が紹介している教材の作者は、

オプショントレードで利益を上げていると私は思っています。

 

確認したわけじゃないですが、

サポートSNSなどを見ていると、

机上の理論ではないと感じています。

 

 

 

 

 

教材によっては少しやり方が汚い販売方法もあって、

そういうやり方を絶賛しているというつもり毛頭無く、

あのようなやりだったら絶対購入したくない、

という考えもあって当然だと思います。

 

 

 

 

・・・と、言ったところで、

毛嫌いする人はどうしても納得出来ないと思うでしょうが、

いろんな考えがあるということです。

 

 

いただいたメールが過去の私が思っていたことと全く同じで、

そして今の私の考えと違うところがありましたのでコメントしてみました。

 

 

 

 

 

まぁ教材を購入するかしないかは自分自身が決めることなので、

私がとやかく言える立場じゃないんですけどね(^^;)

 

 

 

 

 

 

  ■あとがき■

 

 

 

今日は確定申告を提出してきました\(^▽^)/

 

 

なんだかんだで、

結構3/15近くなっちゃいましたね(≧∇≦)

 

 

 

 

移動時間 30分、

 

担当者が処理するための待ち時間 3分、

 

 

 

処理時間 1分(--;)

 

 

 

なんだかな~って感じですね。

 

もう確定申告は終わりましたか?