投資の王道(実践編)のブックレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

 

今日は久しぶりに、

ブックレビューをします\(^▽^)/

 

 

お題は

『投資の王道[実践編] 日経平均オプション取引 /2005年 新井邦宏』

 

結構知られている書籍で、

この本でオプションを勉強したという人も多いみたいですね。

 

 

 

投資の王道[実践編] 日経平均オプション取引

 

 

 

はじめに、

「オプションの魅力として8000円が70万円に!」

という出来事から紹介していますが、

宝くじ要素を勧めているのではないです(^^;)

 

 

読み進めていくと

「このような一面があるという事例」

であることがわかりまます。

 

 

 

 

相場観だけではトレードし続けることはできない

という文面もあり、

ちゃんと仕組みを理解して望んで欲しいという

意思が伝わりますね(*’ー’*)

 

 

 

 

 

オプションのプレミアム自体について

チャートを用いて値動きの説明をしているのが、

他の本にはあまり見られない特色かな~と思いました。

 

たいていは原資産のチャートは載りますけど、

オプションプレミアムのチャートって取り上げませんからね。

 

 

 

 

 

1章のオプションの仕組みでは、

権利の売買、プレミアムとや、限月とは、

SQについて、コールの買いと売りの損益グラフ、

ヨーロピアンモデルとアメリカンモデル、

自動権利行使と自動権利放棄、転売買戻し

 

・・・などなど、

実践して行くために必要な用語の説明が

比較的簡単に、かつ的確に表現されています。

 

 

 

 

プレミアムを自動車保険に例え、

保険を買うにはまず支払いから始まる

というような説明がわかりやすいですね。

 

 

この書籍に限らず、

いろいろなところで「オプションの概念とは?」

という記載があるので(もちろん私のサイトにも!)

広く浅くいろんな記述を見てみると

オプションとは何かを理解しやすいかなと思いますね。

 

 

 

 

 

また、取引高と建て玉の関係を、

大阪証券取引所のHPのデータを使って説明している点や、

SPAN証拠金の考え方、

15時大引け後の10分が波乱を呼ぶ、

サーキットブレーカーの実態など、

日経225オプションの実トレードに役立つ情報が多いです。

 

 

 

 

 

2章の価格決定の仕組みでは、

本質価値と時間価値から始まり、

オプションの価格を決める5つの要素を1つずつ丁寧に解説。

 

とくにタイムディケイとボラティリティにページを割いており

勉強になります。

 

 

 

ただし!!

 

リスク感応度については

その他の指標として説明していますが、

ガンマは買い手に関係が無いと

書かれていたのは残念でした(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

3章の基本戦略では、

コールの値動きが激しかった例を使い、

日経平均の動きに対応して、

その同時期のコールとプットの値動きをチャートを用いて説明しています。

 

 

繰り返しますが、

たいていの書籍は原資産のチャートが載っているだけなので、

オプションプレミアムのチャートがあるのがいいですね。

 

このチャートを使うかどうかは別にして、

従来に無い切り口としてチャートで表現するという考え方は

是非参考にしてください。

 

 

 

 

コールとプットの使い分けとして、

「日経平均が上昇したときにはコール買い・・・

だけじゃなくプット売りもあるんですよ。」

という説明をしているのが実践に近い感じがしました。

 

 

その他プレミアムの値動きだけで売買する考え方や、

移動平均を有効活用するには何日で算出するのが最も良いか

シミュレーションをしている点が良いですね。

 

 

 

 

途中の記述で

日本人は「あきらめのよさ」が悪いところで、

屑オプション(5円以下のようなオプション)を放置していて勿体無い

とも言っています。

 

 

この辺も見習うところが多いです。

 

 

 

 

 

 

その他には先物価格からエントリーを考えたり、

宝くじで考えると利益にならない、

下落局面のプット買い、短期コール買い、ヘッジのためなど、

いろいろな角度からオプションのエントリー方法を紹介しています。

 

 

 

 

また、売り手の逃げ場として

板情報や建て玉数から売り手側の心理を考えたり、

ディープITMになると出来高が少なくなるため、

常に流動性を押さえておくという記載があります。

 

ここを理解しておくと

オプショントレードの幅が広がると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

4章では合成ポジションとして

ベア/ブルスプレッド、ストラドル、

ストラングル、レシオスプレッドを紹介しており、

それぞれにちゃんと損益グラフが載っていて

どのような特性になるのか分かりやすいと思います。

 

 

また、損益グラフを目で見るだけでなく

実際に手書きで紙に書こうと提唱しているのは私も同感です。

 

 

 

 

前作の投資の王道テクニカル分析編に基づいて

オプションプレミアムのチャートを

テクニカル分析(一目均衡表)しているのが新しい発想。

 

 

 

 

 

 

最後にという箇所では、

 

・いつも同じやり方では通用しない

・損失を抑えることを考える

・自己研鑽が全て

 

という心構えを説明しています。

 

 

 

 

また、

・プレミアムが下がるのは

 トレンドが自分のポジションと合っていないからなので

 トレンドに合わせよう

 

・証券マンとのやり取りから

 一目均衡表を使ってトレードしている

 

・上手くいかないからといって

 オプションを現物と同じ感覚でトレードすると

 被害は甚大になる

 

・リスク(損失額)を決めてきっちりとをそれを守る

 

・日本の投資家は「買い」の概念がどうしても強い

 

 

などなど、

オプショントレードだけでなく投資全般に使えるネタが充実しており、

初心者にも実践者も是非読んでもらいたい内容となっています。

 

 

 

 

 

私の評価

 

 

 

ブログのトップページのお勧め書籍と並ぶくらい

お勧め度は高いのですが、

初心者にも実践者にもまんべんなくというところで

★4つ!としました(^^)

 

 

初心者:★★★★☆

実践者:★★★☆☆

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket