新規でスプレッドを建てるときのトレード方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

今日はスプレッドの建て方について

質問が来ているので紹介しますね。

 

 

 

 

 

> コンドルやレシオスプレッドを組むときには

> 一度に組んだほうが良いのでしょうか?

 

> もしくはコンドルの場合は

> 先にブルスプレッドを組んで、

> 原資産があがるのを待ってから

> ベアスプレッドを組むような相場観を入れて

> 時間差で組むほうが良い(普通)のでしょうか

 

 

結構これで悩む方もいますよね。

 

確かに最初に利益が出てから

スプレッドを完成したほうが、

リターンは大きくなるし

損失も限定されます。

 

 

 

でもスプレッドはそれじゃダメです。

スプレッドは基本的に同時に組みます。

 

ブルスプレッドを先に組んでから

ベアスプレッドを組むのは、

もうコンドルとは言わず、違う戦略です。

 

 

 

 

これは日経平均の方向を考えている

典型的な例でもあります。

 

 

 

もし相場観を信じて

ポジションを取りたければ、

スプレッドにこだわらず

取りたいポジションを取るのがいいですよ。

 

コンドルとかレシオスプレッドに

縛られるんじゃなくて。

 

 

 

この戦略ではブルスプレッドで

原資産が上がると利益は増えますが、

ブルスプレッドを持った瞬間下落してしまったら

下落分をまるまる損します。

 

 

ここでは方向性のリスクを取っています。

 

もしうまくいけば、

ベアスプレッドに必要な資金を稼げるから、

リスクのないトレードが出来ます。

 

 

将来のリスクをなくすために、

今大きなリスクを取っているんです。

 

 

リターンを取るためにリスクを取るか、

そうじゃなくて一度にスプレッドを組んで

相場の方向性以外のところで勝負をするか、

それはトレーダーの戦略次第です。

 

 

 

この例はベアスプレッドと

ブルスプレッドを組み合わせた、

応用のスプレッドになります。

 

 

単純に分解したベアスプレッド、

それにブルスプレッド、

これらはそれぞれ買いと売りを

同時に仕掛けています。

 

 

同時に仕掛けることが

スプレッドの本来の性質を生かして

トレードすることになります。

 

 

 

そしてその本来の性質を把握するのが、

リスク指標になるわけです。

 

 

リスク指標を理解すれば、

オプションのリスクが把握できます。

 

つまりどこで稼げて

どこで損をするのか、

理解できるようになるんです。

 

リスク指標はリスクを測るツールです。

 

リスクの度合いを示す指標だから、

リスク指標という名前を付けているんです。

 

言葉の通り。

 

 

まぁ他のサイトでは

リスクパラメータと言ったりしていますが、

同じことです。

 

「ギリシャ文字」じゃ

何のことかわからないですけどね(笑)

 

 

リスク指標は

リスクの度合いを示しています。

 

ということは、

いろんなポジションに対するリスクを比較して、

どちらがよりリスクが高いのかを

判断することもできるんです。

 

それがオプションの

最大のメリットでもありますからね。

 

 

 

■あとがき■

 

 

子供が突発性湿疹で、

熱を出しました(>_<)

 

午前中お出かけして、

昼寝の後また出かけて

近所のスーパーの中を思いきり

走り回って遊んでいたのに、

夜になったら熱っぽくなってご飯も食べない。

 

「遊ばせすぎで疲れたかな?」

 

と思ったけど、

翌日病院に行ったら

子供によくある高熱ですよと言われました。

 

 

子供が遊ぶのはリミットなしで

極限まで遊ぶから親の管理不足かな~と

ちょっと心配しました^^;

 

 

ちなみにスーパーで走り回って

思いっきり前に転んで大の字になっても泣かないので、

近くにいたおばちゃんが

 

「あら~強い子ですね~」

 

なんて感心してました(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket