日経平均下落にはプットバックスプレッド?

 

昨日トレードの構想を書きましたが、早速今日考えが変わりました(・∀・)

市況が下落方向に傾きつつあるので、プットバックスプレッドがよさげかなと。

 

 

 

8P9500と8P10000のバックスプレッドを実行すれば、期先で建てることで

7月限で建てるよりセータが低いためタイムディケイによる減少幅が少なくて済み、

もしもの日経平均上昇の場合も10,000円以上はポジションを建てたクレジット分で済みます。

 

このポジションの場合はタイムディケイと日経平均の下落スピードとの勝負になるので、

今が日経平均の調整局面だと考えるならばこのトレードはしないほうがいいですね。

あくまで「日経平均下落」に賭けるトレードなので。

もちろんSQを待たずに想定利益に到達したら即手仕舞いです。

 

 

バックスプレッドはガンマプラスであり、下落すればするほど値洗いは向上するという、

私がトレード実践で行ってきたスプレッド売買(レシオスプレッド、ロングバタフライ)とは性質が逆です。

 

 

そんなことを考えていて今日の記事がおろそかになりましたm(_ _)m

もうちょっとトレード構想を練ります。。。

 

 

編集後記

 

コメントで、「ブログURL」欄にメールアドレスを入れている方がいましたので、

今度から気をつけてくださいね(^^;)

一応コメント欄の上に文章は追加しましたケド。

 

あそこにメールアドレスを入れるとみんなが直接コンタクト取っちゃいますよ~(・∀・)

 

他のブログはメールアドレス必須だったりしますが、

そんなことはコメントに全く関係が無いので私のブログは求めていません( ̄ー ̄)

 

なので安心して書き込んでくださいね\(^▽^)/ (※悪用は禁止です!!)