確定申告の損失繰越の例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

今日は

『損失繰越のメリットについて』

をお伝えします!

 

 

  ■

 

 

 

納税は、これまで書いたように、

自分が正しく(※正しいと思って)

納税していれば、

何も問題はありません。

 

 

間違っていたら

お尋ねがきて修正すればいいだけ。

 

 

何もこなければ

問題なく受理された証拠。

 

 

 

 

 

受付の人によって指摘されたり

決済報告書を受け取らなかったりという

バラツキはありますが、

人が受付している以上バラツキはしょうがないです。

 

 

 

ただ、窓口が忙しい日に

受付に行ったほうが

受付の場で余計なことを言われなくて

済むかもしれません(笑)

 

 

 

 

 

 

損失の繰り越しは、

投資家が自分で申告する代わりに与えられた、

数少ないメリットの1つかと思います。

 

 

 

 

これがあるから自分でやろうかという

推進力になりますね。

もしこのメリットがなければ

誰も自分じゃやらないのでは??

 

 

 

 

最大3年繰り越せる損失ですが、

全ての年でちゃんと

確定申告をしている必要があります。

 

 

 

 

例を挙げると

 

1年目=-30万円

2年目=-70万円

3年目=+80万円

 

という取引だった場合、

何もしないと所得は

 

1年目=0万円

2年目=0万円

3年目=+80万円

 

となり3年目に

80万円×税率(20%)=16万円引かれます。

 

 

これが損失繰越をすると、

3年分繰り越せるため、

 

1年目=0万円

2年目=0万円

3年目=(-30-70+80)<0 ・・・0円

 

となり税金は取られないことになります。

 

 

 

 

 

このような仕組みがあるので、

損をした年には

必ず確定申告で損失繰越をしましょう。

 

 

 

 

なお、先物・オプションは

雑所得扱いになるので、

確定申告しなくて利益が20万円未満の場合は

納税不要です。

 

 

ただしそれは

「しなくても追徴課税しませんよ」

という額であり、

税務署としては納税する分にはウェルカムなので、

損失の繰り越しをする人はもちろん、

20万円以下の利益となった人も

税金をまとめる練習はしてみた方がいいでしょう

 

(仮に20万円未満で税務署に出さないとしても)

 

 

 

ただし、医療費控除の還付をする人など確定申告をする人は、

例え20万円以下であっても納税が必要みたいです。

 

詳しくは国税庁で。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

 

 

 

 

 

 

まとめると、

税務署は性善説に基づいて申告を受理し、

怪しい申告は国家権力を使い

性悪説をベースに洗い出します。

(※イメージです)

 

 

 

だから多少経費を多めに書いても、

性善説で通っちゃうことが

あるかもしれません。

 

 

 

そのサジ加減は我々にはわからず、

税務署からお尋ねが

こなければOKとなります。

 

 

 

あ、もちろん経費を多めに書くのは

「それが経費と信じる理由がある」

からですよ。

 

水増ししたらいつ追徴課税がくるか

わからないのでお気をつけて。

 

 

 

  ■

 

 

 

雑所得の「所得」とはどういうことか?

とか、

確定申告不要になる要件とは?

など、

結構分かりにくくて細かい条件があるので、

一度しっかり自分の立ち位置を

確認しておきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket