証券会社ごとの売り制限一覧10/15版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

読者さんから要望があり、証券会社の状況一覧を作成してみました。

 

数値は各自で確認してください。

ここに書いてあるからって信用しないように^^;

 

いろいろルールが変わるから、常に最新は変わりますからね。

 

2012年10月15日現在

証券会社 売り枚数 取引証拠金 特徴
SBI証券 50枚  SPAN×100%   
楽天証券 30枚 SPAN×100%  
IB証券 無制限 独自算出

唯一の売り無制限。

海外から最近参入してきた証券会社で信用力が未知数。

カブドットコム証券 20枚 SPAN×100% 

日経VI指標のチャートが見れる口座

松井証券 20枚 SPAN×100%

ロスカット口座で物議を醸したことがある。

スマホアプリがある証券会社

岡三オンライン 20枚 SPAN×100%

売り枚数引き上げ(基準は0枚)には口座開設時にTELが必要

ライブスター証券 30枚 SPAN×110%  
エイチ・エス証券 50枚 SPAN×140%  
岩井コスモ証券 50枚 SPAN×120%  
野村ネット&コール 20枚 SPAN×100% 増枠で200枚までいける(らしい)
大和証券 100枚 SPAN準拠ではない

買い玉で相殺されないため証拠金が多く必要

 

※ライブスターは読者さんに教えていただき30枚でしたので修正しました。

 

過去の証券会社の状況はオプション研究所さんにも載っています。

http://opuken.e-whs.net/ranking/past/

 

 

また、Q&Aサイトも参考になります。

http://okwave.jp/qa/q7286122.html

 

 

皆さん色々と悩んでいるようです。

この中でもよさそうな証券会社を選んでうまくトレードしていきたいですね。

 

私は今のところSBIと楽天を使っています。

 

ライブスターとかエイチ・エス証券とかちょっと気になりますね。

ただ有事の際に吹っ飛ばないことを前提とすると、

老舗の証券会社のほうが安心という気もしますが・・・。

 

 

情報をアップデートする必要があればぜひコメントなり

メールを下さい。

 

皆さんで表を作りやすく、最新にしていけたらと思っています。

 

 

参考:以前の証拠金の記事

http://225option.net/4327

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket