証拠金の変動に対応するには

 

 

最近、証拠金について問い合わせをもらいました。

 

実は、私は証拠金算出ルールについて、

そこまで詳しくは把握していません。

 

 

 

  ■

 

 

 

証券会社の発表というルールに従って

余裕をもって証拠金を預けておくのが基本だと思っており、

発表されるSPANが目を見開くほど暴騰しない限り

追証が発生することはないように管理しています。

 

 

 

 

 

今のSPANの100万というのも、

数年前だと当たり前の数字なんですよね。

 

20万円台でトレードできるなんて

平和な世の中になったもんだ思ってたくらいです。

 

 

 

 

証券会社のルールの上でトレードをする以上、

そのルールをいかに処理するかになります。

 

 

 

証拠金については主に2通りの考えがあると思っています。

 

①ポジションサイズを小さくすることで

 証拠金維持率を低く抑える

 

②追証がかからないように

 あらかじめ証拠金を計算して対応する

 

私は①のスタンスで臨んでいます。

 

人によってリスクの取り方は様々なので、

一概にどちらが良いとか断言はできませんけどね。

 

 

 

 

だから私は証拠金が少し上がっても

耐えられるくらいにしているつもりです。

 

 

SPANの計算方法を極たほうがいいんでしょうが、

それがオプションで利益を上げる最短の方法かといわれると、

その前に勉強しておいたほうがいいことがたくさんあると思いますので。

 

 

 

何を勉強したらいいかわらかないのであれば、

教材として私が今のところお勧めできるのは

 

 

 

オプションボラティリティ売買入門

パーフェクトストラテジー

です。

 

 

 

 

  ■あとがき■

 

 

 

私はカブドットコム証券を開設しましたが、

他にはSBI証券でも売りはできるようです。

 

 

他にもあると思いますが、

本当にいつルールが変わるかわからないので、

柔軟に対応していきたいものです。

 

 

カブドットコム証券はオンライン審査で、

昨日の夜に開設申請したら、明日には完了通知が家に届く予定です。

とても早い口座開設がですね。