高田純次学の脅威

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

毎週水曜の深夜に、

「新型学問 はまる!ツボ学」(日本テレビ系)

をやっています。

 

見たことありますか?

 

 

 

毎週マニアックな学問の自称(?)専門家が登場し、

その分野の紹介をするコーナーで、

司会がロンブー淳なのでいわゆるお笑いみたいな要素たっぷりの番組。

 

 

先週、『高田純次』学の会がありました。

 

「えー、そんな学問っていうほどなの??」

 

と思っていましたが、

登場した教授はテキストを1冊作るほど研究しており、

なかなか面白い切り口でした。

 

 

特に目を引いたのが、

高田純次の登場シーンのパターン。

 

1.フレームイン型

2.プチサプライズ型

3.女装型

4.ハイテンション型

 

 

確かに過去の映像を見ると、

登場シーンがこのパターンのいずれかなんですよね(゜▽゜;)

さすが教授。

 

 

で、まあ高田純次さんを思い出してもらえれば分かるんですけど、

たいてい普通の顔して登場はしないですよね?

 

顔にペイントしてフレームインしてくる、

元気が出るTVなどでよく見たお決まりのパターン。

 

 

 

 

 

・・・あれ、うちの子が初めて見たんですね。

 

当たり前ながら生まれて1歳そこらなので、

元気が出るTVなんか知らないし(^^;)

 

そしたら大泣きですよ(≧∇≦)

 

確かに高田純次のようなインパクトのある顔に

さらにペイントして登場したもんだから、

物凄い混乱があったみたいで(^^;)

 

 

最近のお笑いの人たちは、

出オチみたいな一発芸はやらないから、相当新鮮に映ったんでしょうね。

 

これじゃ高田純次さんはNHK教育番組に出れませんね(^^;)

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

久しぶりの更新を、息抜き記事にしちゃいました(*’ー’*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket