クレジットスプレッドの優位性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近は知識編というか理論編の質問を紹介しましたが、

下記のような戦略に対してどうしてそうなるのかという質問も来ます。

具体的な戦略指示やポジションについては

投資助言になるので行いませんが、

一般論だったり養成塾で学べる普遍的な一生使える知識は

確実に身につけてもらいたいのでぜひサポートを利用してください。

 

 

> プットのクレジットスプレッドについて質問です。
>
> 原資産が12000円だとしてATMに近い
> P12000が400円、P11500が300円だとします。
>
> 購入時に100円の受け取りなので
> 11900円が損益分岐点になり、
> 最大損失は400円で最大利益は受け取りの100円ですよね。
>
> この戦略の優位性とは何でしょうか?
> これは損大利小ですよね。
> 考え方であって実際に使う事は少ないのでしょうか?
>
> 単独のプットの売りをプットの買いで
> ヘッジしているだけと考えて良いのでしょうか?
>
> そして、この時にP12100を売れば
> クレジットのインアウトスプレッドに成りますか?
>
> 相場では買いポジションより
> 売りポジションを持つ場合が多いと聞きます。
>
> そして暴騰より暴落の方が多い相場では
> プットの売りよりコールの売りの方が
> 安全の様な気がします。
>
> リスク管理とヘッジをしながら
> ポジションを持てば問題無いのでしょうが
> 実際はどうなのでしょうか?

 

 

 

このクレジットスプレッドは何が嬉しいかというと、
たしかにおっしゃる通り
SQ時の損益グラフだけ見たら
先物と同じように相場の変動に応じて
損益が出るだけだから
メリットは無く感じるかもしれませんが、
クレジットスプレッドはセータがプラス、
つまり時間が経過すると利益が出るということです。

 

 

つまり先物とは違って動かなくても
利益が出るということです。

 

 

 

また、最大損失が限定されている。

 

無限の損失の代わりに有限になって、
しかも動かなくても利益が出る。

ただしその代償として上昇しても
100円しか利益は出ない。

 

 

このリスクとリターンのバランスが
P12000が400円、P11500が300円というプレミアムに表れて、
そこで価格が形成されています。

 

このポジションに優位性を感じていないなら、
例えばP12000が高く、
P11500が安くなり差額が200円となれば
最大受取200円、最大損失300円ですよね。

 

 

差額が200円でリスクバランスが

取れているとなれば
このような価格差が出ますし、
これでもまだ適正じゃないとなれば
さらに価格が広がっていきます。

 

 

 

 

このように常にバランスが取れているのが
今の価格としてついているのであり、
そのリスクとリターンは先ほど説明したように
有限の利益と有限の損失、
そして時間価値で利益になるということが
このポジションの特徴です。

 

もちろんたんなる売りのヘッジという考えもありますが、
SQ損益で考えるのではなく期中、
つまりリスク指標で考えるなら
お互いに相殺するヘッジの役割となります。

 

ということで、
優位性という言葉の定義は
それぞれ思うところがあると思いますが、
確実に利益が出るという優位性は存在しなくて、
戦略ごとにどのリスクを取っているか、
リスクが大きいか小さいか
方向性のリスクか時間のリスクかというのが
ポジションによって変わるということになります。

 

 

どのポジションでも
ポジション自体に優位性はなくて
もしあればみんながそのポジションを取って
優位性が解消されるはずだ、
とすれば相場の変動に対して
どんなポジションを取るのが良いのかを
検討していくのが
オプショントレードなのかなと感じています。

 

 

また、コールとプットの価格差も、
みんなが暴落が怖いと思えば
プットの価格が高くなり、
実際にそのような価格差が生じていることから、
今ついている値段はそのような
思惑が入っているとも言えますよね。

 

リスク管理しながらヘッジポジションを持てて、
それが利益を生み出せるのであれば、
そのポジションを持つべきです(^^)

 

 

 

 

ただそのようなポジションはルール化して
○円以上をもってヘッジして・・・
と簡単に決められるものではないし
相場の変動が起きる前に
全てヘッジを織り込むと損益は良くてトントン、
手数料だけマイナスになることは明白なので
相場の変動に合わせてヘッジを
うまく組み替えて収益を最大化させていく。

 

それを実現するためのスキルを
学ぼうというのがこの塾の目的でもあるんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら