8/9の忘れられない出来事

 

 

 

8月9日、の夜9時過ぎ、

私は病院にいました。

 

妻が入院し、

病室の中で唸っている声が

ドア越しに聞こえます・・・。

 

 

 

看護士さんからは

 

「楽にしてください。もう少しですから」

 

と声を掛けられているのが

病室の外からもわかりました。

 

 

 

でも妻は息を大きく吸って吐くことに集中して

返事が出来る状態じゃありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこの状態が

早く過ぎてほしいと願っていました。

 

 

その後妻の母と姉が病院に来て、

待合室の前で3人で祈るようにして待ちました。

 

 

 

 

 

 

・・・とても長い時間。

 

 

 

 

 

いつ終わるかわからない、

息の詰まった時間・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は少し席を外して、

意味もなく携帯電話をいじったりしながら

時間が過ぎるのを待っていました。

 

何もしていないと落ち着かないのに、

何もすることが出来ない。

 

 

 

そんな時間を30分以上も費やし、

夜の9:30に病室のドアがすっと開きました。

 

 

 

 

 

先生が病室の外で待っていた

私たちに結果を告げました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「3378グラムの元気なお子さんですよ」

 

 

 

 

 

 

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

 

 

 

ご無沙汰のブログ更新です。

 

 

 

突然ですが・・・

2人目の子供が生まれました(^^)

 

文章の感じが不幸ごとのような書き出しなので、

ビックリさせてしまったら素直にごめんなさいですm(_ _)m

 

 

 

 

今まで公表するタイミングが無かったので

ブログではお伝えしていませんでした。

 

無事生まれるまで安心はできないですしね。

 

 

 

 

 

奥さんが実家に里帰りしていたので

出産時にそばにいれるか微妙だったのですが、

赤ちゃんがこの世に生まれたときには

すぐに挨拶することが出来ました(^^)

 

 

母子ともに健康な状態で

産声が1人目以上に大きい声を出しているので

とても賑やかな家庭になってしまいそうです^^;

 

 

 

 

1人目の時も車で飛ばして

病院に到着後10分くらいで出産していたので、

今回と同じように赤ちゃんとすぐ対面することが出来ました。

 

何か運命というか

偶然が重なってるんでしょうかね。

 

 

2人とも出産のタイミングに病院にいることが出来て、

とてもありがたい気持ちです。

 

 

 

 

産声を聞いた瞬間、

 

「あぁ、子供が2人になったんだなぁ」

 

と思うと同時に責任も2倍になったと感じました^^;

 

 

 

 

 

■あとがき■

 

今日はこのご報告だけでオプションの記事は無いです(笑)

 

ちょっとバタバタして更新がなかなかできなくなってますが、

これからも子供に対する責任と同じくらいこのブログも責任もって運営していきます♪

 

 

P.S.

プロフィールも2児の父親に書き換えました(^^)