9月SQレシオスプレッドのトレード構想

 

今日はレシオスプレッドのトレード構想を書いてみたいと思います。

 

その前に・・・

やっぱりみなさんトレード記録がお好き?

ランキングが上昇しました\(^▽^)/

 

チェックしてみてくださーい⇒にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

レシオスプレッドトのパラメータ

 

 

昨日建てた段階のリスク感応度は以下の通り。

 

・後場終値時点のリスク感応度

 デルタ   ガンマ   セータ    ベガ  
-23 -8 +9 -6

 

Option Modelによるリスクカーブ(損益グラフ)はこんな感じです。

(↓クリックすると拡大します)

 

 

日経平均がいるところが傾きを持っていて、

さらに曲率もあるためデルタやガンマが数値を持っているんですね♪

 

 

 

 

 

 

トレード構想

 

 

昨日書いたとおり、

大暴落を恐れつつタイムディケイを狙っていける

レシオスプレッドにしました。

 

 

今回はこれまでのような

リスク感応度と値洗いを見ながらトレードするボラティリティスプレッドに加え、

SQ時の損益グラフを意識した戦略になります。

 

 

 

なので、『大暴落を恐れ』て、

ストラドルではなくレシオスプレッドにしているわけですね(^^)

 

 

 

 

 

それと、日経平均は急上昇しないと踏んでいます。

なので、ポジティブサプライズが起きたら試合終了かな、と。

 

 

 

 

想定利益としては、

一つの目安であるキリの良い数字、+100を目指したいかなと思っています。

まあそこまで積極的に取りに行くという感じではありませんが( ̄ー ̄)

 

 

手仕舞いの目標は金融政策決定会合が9/6にあるので、

そこまでかなぁとざっくり考えています。

 

 

 

 

 

そうすると、セータのみで稼ぐ場合は

ポジションを建てたときから稼働日で6日しかないため、

セータ+9×6=54・・・タイムディケイは日々上昇すること考慮し+60

 

おや(゜▽゜;)

そうすると+100に到達しませんね(^^;)

 

 

ただ、ベガマイナスのポジションであるので、

インプライドボラティリティ(IV)が下がってくれれば

上積みが期待できます。(期待したい(-人-))

 

 

 

 

ただ、一方でデルタマイナスが結構あります。

なので、日経平均が上昇すると値洗いが悪化し、

そこまで利益を狙えないかも(ノ_-。)

 

お願いだからベガと相殺してって感じです・・・。

 

 

 

 

何を隠そう、

ちょっとデルタの予測を見誤り、思わず大きくなっちゃいました(≧∇≦)

 

 

 

 

なので、日経平均が下落してくれれば

+100も見えてくるのかなぁと思っています。

 

 

 

 

 

それと、このままポジションを持ち続けるのも良いけど、

 

●日経平均が急騰したら・・・

アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)を1枚決済して

さらに外を売りたてるとか、

さらに外を買ってコンドルにするとか、

1枚決済しただけのバーティカルスプレッドにする戦略があるかなと。

 

●急落したら・・・

基本は手仕舞いだけど、

デルタプラスになるほど下がって値洗いが逆に悪くなったら、

買いポジションを売ってネイキッドコール2枚を持ってSQまで持ち込む、

というのもありかなぁなんて考えています。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

利益幅は+100を狙うが、

市況によってはその前に手仕舞いすることも必要。

 

ボラティリティスプレッドを基本として値洗い重視でトレードするが、

SQ持ち込みも考慮しつつ柔軟にポジションを変えていくことも考慮したい。

 

ポジティブサプライズがあったら・・・決済するか戦略を変えるかどうしよう?

(あれれ、言っていることがブレてる(^^;))

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

今日は夕方から管総理が為替介入の可能性示唆とコメント発表。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100827-00000808-yom-bus_all

 

あれ、白川総裁は30日は出張じゃないの??

うーん、どうなることやら。

 

 

為替介入しないに一票。(希望)