ATMのオプションを売買するのは怖いですか?

週明けから原油安で日経平均も大幅安でしたね。

年始のエコノミスト予想に対して
見事に出鼻をくじく・・・
とおもいきやADP雇用統計は好感されているようです。

荒れ模様の新年という感じでしょうか。

 

 

さて、年末に養成塾の忘年会をしまして、
たくさんの気づきを頂きました。

また、後日メールでもさらなるコンテンツ案もいただき、
今年は積極的にアウトプットしていきたいと思っているところです。

 

 

さて、忘年会での話の中で出た内容として、

「ATMのオプションを売買するのに抵抗がある」

という内容がありました。

 

養成塾基礎講座のコンテンツでも
ATMのオプションを使っているのですが、
トレードしにくいというという印象を
持たれている方も数名いらっしゃったようです。

 

 

養成塾で学ぶことで、
ギリシャ文字やリスクカーブで捉えれば、
このような悩みは徐々に消えます。

 

ATMの300円のオプションを1枚売買するのと、
OTM100円のオプションを3枚を売買するのでは
単純に1枚あたりのプレミアムが安いOTMが良い、
とはなりません。

 

組みやすい組みにくいはあったとしても、
ただ高いから発注しにくというのは、
別の要因があるんです。

 

理論上はATMのほうが良いと分かっていても、

・1枚10万円のオプションを3枚取引する

・1枚30万円のオプションを1枚取引する

という比較をすると
なんとなく1枚30万円のほうが
決断を躊躇するという心情。

 

マインドブロックというやつです。
これが邪魔をします。

 

 

もちろん気持ちは私もわかります。
昔の私はまさに上記の考えを持っていましたから。

 

ただ、私の経験から言わせてもらうと、
オプションで壁を突き抜けるには、
このマインドブロックを克服すべきです。

 

もちろん今すぐに考えを
変えられる人ばかりではないでしょう。

 

日常生活の購買心理の延長で考えると、
30万円を1撃で使うのは気が引けます。

10万円×3のほうがなんとなく
やりやすいという気もわかります。

 

でもオプションの性質を正しく理解すれば、
このマインドブロックは
トレードの選択を邪魔しているということが
わかってきます。

ですので時間がかかってもいいから
取り除いてください。

 

 

そうすることで今まで見えなかった
オプションの世界が見えてきます。

見えなかったというか、
気が付かなかった世界ですかね。

 

 

 

あなたはATMを中心としたトレードを学んでも、
どこか自分とは関係がないと思っていませんか?

「そんな高いオプションを取引できないよ」

なんて思っていませんか?

 

 

 

もしあなたが私の問いかけにうなずいたのなら、
このマインドブロックを外すには
次の方法しかありません。

1.実際にATMのオプションを取引して体感する

または

2.なぜATMの取引が怖いのか分析しマインドブロックの正体を見つける

 

私は1→2の順番で、
克服しました。

というか2はオバケみたいなもので、
実はATMは怖いものではなかったと
腑に落ちて理解できたという感じですね。

 

 

 

ちょっと想像してみてください。

いままでなんとなく避けていたATMの売買を
喜んでトレードに組み入れている状態を。

 

戦略の幅が今よりもグンと広がると思いませんか?

 

 

 

■あとがき■

我が家の家計は私が管理しています。

お金の入出金も完全に私が把握して、
毎月集計しています。

1円単位で正確に入出金が合わないと、
養成塾のサポートどころじゃなく
原因追求に多大な労力を割いて来ました。

逆にピッタリお金が一致したときは

「よし」

と独り言をつぶやいてから
養成塾のサポートを始めます。

 

養成塾のサポートのほうが
我が家の家計より優先順位が高くないといけないのはわかってますが
どうしても月に1回だけは
家計簿を優先してしまいます。

みなさんゴメンナサイm(_ _)m

 

でも、正直資産が先月からいくら増えたとか、
食費のエンゲル係数がどうなったとか
ほとんど興味がありません。

私の興味は1点だけ。

「計算した額と家計簿の額が一致すること」

これだけです。

 

 

最近になってようやく私自身の性格を
自己分析できるようになってきました。

なんなんでしょうね。
このドラクエで洞窟の宝箱を全部開けないと
気が済まない性格って^^;


オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら