LEAPS

LEAPS取引で時間が経過するだけで1万円稼いだロジックとは

あなたは、誰しもが持っている「時間」が経過することで利益になる投資法をご存知でしょうか?

投資は価格が上がるか下がるかを当てなければ利益にならないのが一般的ですが、時間が経過することで利益が得られる投資スタイルがあります。
まるでエスカレーターに乗った状態のように時間が過ぎれば利益になる仕組みなので、最初に投資したらあとは手を加える必要がありません。

実際に私はアメリカのyahoo株を利用して1万円の利益を上げることに成功しました。

このときのyahooの株価は、このように9月28日に約28ドルまで下落した後に、30ドル~40ドルの間でもみあっていました。

2016-11-07_171445-1

この時の株価がどうなっているかに関係なく、2ヵ月の時間が経過したので、1万円の利益を上げることが出来ました。

下記が実現損益の証拠です。

2016-11-07_171622-1

対象はyahoo株ですが、株価が将来上がると予想したのではなく、オプション投資を利用することで時間を利益に変えました。
この期間に、私は保有銘柄を損切りしようか悩むこともありませんでした。

私が利益を上げた、時間を利益にするオプション取引は、日本の投資家の95%以上の人が知らない、やったことが無いジャンルになります。

私のようにオプションを理解するポイントは「時間」と「株価」です。

時間と株価さえマスターできればオプションでなぜ時間が経過すると利益が出るのか、理解することは実は簡単なのです。

あなたもこの記事でオプションの利益の出し方をマスターして、ストレスなく投資で利益を上げれるようになりませんか?

続きを読む

株価が20%下落しても勝てる理由は「損益グラフ」にある

あなたは株式投資をする際に、「これから株が上昇するだろう」と予想して投資した直後に、株価が下落して含み損を抱えてしまった経験がありませんか?

もし投資の勝敗を分ける「損益分岐点」を、現在の株価がすでに上回っている状態で投資をスタート出来たら、非常に利益を上げやすくなると思いませんか?

今回私はアメリカ株オプションを利用して、現在の株価が15.47ドルにいるときに、損益分岐点が12.77ドルになるような投資を行いました。

2016-10-24_162808-21
つまり12.77ドル以下にならないと損失が出ないという投資スタイルを実現することが出来たのです。

結果として、12月18日に決済した時の株価は15.29ドルだったので、危なげなく利益を得ることが出来ました。

2016-10-24_162808-7

チャートを見ると株価が若干下落していますが、123.9ドルの利益を得ることが出来ています。

2016-10-25_123319-1

15.57ドルから約20%下落しても、損益分岐点付近であるという、非常に損になりにくい投資法だったのです。

この投資のメリットを実感するには、損益グラフを描くことが最も分かりやすいので、今回はその損益グラフを用いて解説します。
ぜひこの投資法をマスターして、有利な取引を行えるようになりましょう。

この投資スタイルを身に付ければ、もし株価が下落しても安心して持ち続けることが出来るようになりますよ。

続きを読む

オプション注文の誤発注を防ぐ!効果的な「色」による区別方法

あなたは発注する際に誤発注で悩んだ経験はありませんか?

もし防ぎたいと思っていたら、何か対策を具体的に取り入れていますか?

誤発注は投資戦略やロジックではなく、人為的なミスが原因となります。
誤発注を無くすには、発注前の確認画面を注意深く確認するだけでは防止することが出来ません。

視覚に訴える方法で「今からどんな取引しようとしているのか」を明らかにする必要があります。

それが色による識別です。

色が付いていると、イメージとして認識できるようになりますので、実際の色が想定しているものと違った時に違和感を感じて発注を見直すことが出来るようになります。

この記事ではIB証券のTWSを利用した誤発注防止の仕組みである色について解説します。

続きを読む

IB証券のTWSで簡単に日本円をドルに両替する具体的方法

あなたはインタラクティブブローカーズ証券(IB証券)の発注ツール、TWSを使いこなしていますか?

IB証券で様々なポートフォリオを構築すると、円資産ではなくドルに両替をする必要性が出てきますが、ある選択肢を間違えただけで、両替ではなくFXポジションになってしまいます。

IB証券のWEBサイトでも注意喚起されていますが、実際に投資する方への認知度が高くないので両替のつもりがFXポジションを取ってしまった!という嘆きの声も聞かれます。

今回の記事ではTWSを利用した円からドルへの両替を解説しますので、間違えることなく両替をしてIB証券での投資を楽しみましょう!

続きを読む

LEAPS銘柄の選定基準

LEAPS戦略を行う際に、アメリカ株の銘柄選定が重要となります。

要素は3つあり、まず1つ目はオプション売買がされている銘柄でLEAPS銘柄(9ヶ月以上先の満期のオプション)があるか、2つ目は流動性が充分あるか、そして3つ目はインプライドボラティリティ(IV)は魅力的なくらい高いか。

以上3つの要素を抑えて銘柄選定することでLEAPS戦略の銘柄選びには困らなくなるでしょう。

今回はその調査の方法を解説します。

続きを読む

AES株が13%超下落しても利益が見込めるLEAPS戦略事例

アメリカ株オプションを利用したメンテナンスフリー(ほったらかし)の投資を実現するのがLEAPS戦略です。

今回の事例はカバードコールとしてコールオプションを売ったものの、満期に権利が消滅したために再度カバードコールを組んだ事例を紹介します。
まだ最終的に投資が終わってはいませんが、11月に11ドルを超えていれば、年利23.4%となる見込みです。

続きを読む

LEAPSで投資の利回りを高める2つの具体的方法

LEAPSとは残存日数が9か月以上ある期間の長いプットオプションを売る手法です。

iphoneなどで有名なApple社の株オプションを利用して株価の上下の変動に関係なく利回り8.8%の投資が実現できるのですが、さらり利回りを向上させることも可能です。

ここで解説する利回りとは必要資金に対する得られる利益(リターン)の度合いを表現しているので、利回りを高める手法はリターンを増やすか必要資金を減らすことです。

この2つの手法について解説しますので、あなたも今後LEAPS戦略での投資で、利回りを自分自身でコントロールできるようになります。

続きを読む

LEAPS投資で資産運用する際に知っておくべき最大損失額

LEAPSは9ヶ月以上の期限があるプットプションを売り、そのプットオプションについているプレミアム(=保険料)を受け取って利益を出していくオプション戦略です。

プットオプションを売る際に、投資家は一体自分の投資の最大損失額がいくらになるのかを把握していなければ、不安や恐怖を感じて1年先の期限のプットオプションなんて安心して売ることは出来ません。

ここではLEAPSのプットオプション売りの最大損失額の考え方が身につきますので、あとはご自身で引き受けられるリスクであると感じれば取引を開始し、引き受けられない投資であれば回避する、という選択をすることが出来るようになります。

続きを読む

「LEAPSの税金」課税対象になる取引はこの2種類

LEAPSを実行するにあたり、税金の知識は必要不可欠です。

日本国内で取引する日経225オプション取引は申告分離課税のみですが、米国株の利益は申告分離課税、米国株オプションの利益は総合課税となります。

ここではLEAPSで実行する取引ごとの税区分の違いについて説明します。

 

続きを読む

LEAPSのプットオプション買い手は掛け捨て保険契約

LEAPS戦略で個人投資家が安定的に利益を上げるために最も重要な考えは、プットオプション売りを理解することです。プットオプションを売ることで、現物株の指値と同じ効果が期待でき、プレミアムゲインを得られるので有利です。

では反対側にいるプットオプションの買い手は、何を期待してプットを買っているのでしょうか。それは株価の下落に備えた保険を掛けています。買い手が保険を掛けたくてプットオプションを買い、個人投資家はそのプットオプションを売ることでプレミアムゲインを得ます。

もしプットオプションを売る個人投資家が一方的に有利であれば、買い手が存在しなくなり取引が成立しなくなるはずですが、実際には充分な流動性があり誰でもプットオプションを売ることが出来ます。

市場参加者がなぜプットオプションを買いたいと思うのかを理解することで安心してLEAPSに取り組むことが出来るようになるはずです。

続きを読む