VXXで利回り20%を安全に稼ぐための4つのヘッジ手段とは

VXXをショート(カラ売り)すれば、安定的に年利20%を超える利益が舞い込んできますので、利益を簡単に得られます。なぜならVXXは1年で20%を超える下落を5年も続けていますので、過去と同じようにVXXをカラ売りすれば20%以上の利益を得られるのです。

しかし、一番の課題は、VXXが高騰して売った値段より高くなって損失が出て含み損を抱える場合があるということです。

残念ながらVXXの高騰自体はコントロールできないのですが、もし含み損の程度をコントロールできるようになれば、安心して利益を追求できると思いませんか?

含み損のコントロールにはロスカット注文(逆指値注文)で管理することが一般的ですが、逆指値では理論的にフルヘッジにならない場面があります。その事例を解説するとともに、VXXをカラ売りした際に有効なヘッジ手段を4つ提示します。

この4つの手段を理解しておくことで、安心してカラ売りをし続けられるようになり、あなたもVXXショートを安心して手がけられるでしょう。

ロスカット注文は投資家の発注スキルが必須

まず、ヘッジ手段にはコストがかかります。ロスカット注文で防げば、余計なコストがかからなくて済むので多くの投資家は注文スキルでコストを掛けずに困難を切り抜けようとします。

このコスト削減が逆指値注文でヘッジを行うメリットです。

例えば30ドルでVXXをショートした場合には、60ドルに逆指値をしておけば、最大損失は-30ドルで済みます。

自身の相場観や状況把握により瞬時に対応できる場合は、ヘッジを掛けずに発注技術でカバーするのが一番低コストで済みますが、技術やタイミングをコントロールするスキルが要求されます。

このようなスキルが身に付いていないと、ロスカット注文ではフルヘッジができない恐れがあります。

取引時間外の変動には逆指値が発動しない

しかし逆指値の課題は、時間外の変動になります。

逆指値注文は、取引時間内に注文されるため、約定するのが取引時間内に限定されているのです。

もしVIX指数が急騰するタイミング取引時間内なら逆指値注文は有効に機能するのですが、アメリカ時間の深夜(日本の昼間)に事件や事故が起きた時には、翌日の寄り付きで急騰しますので、この際に逆指値注文を発注していても、大幅に高くなった価格で約定することになります。

よって完全なヘッジといえないのです。

30ドルでVXXをカラ売りして逆指値注文を60ドルに設定していても、翌日は80ドルで寄り付いた、と言う場合にはあなたの注文価格である60ドルを大幅に超えた価格になっています。

逆指値で条件が成就した際の注文を「60ドルで買戻しする注文」にしておくと、市場価格はすでにあなたの買い注文のはるか遠くになってしまっています。

そこで逆指値が成就した際の注文を「成り行き」にすると、80ドルで約定することになります。

本来ならヘッジとして60ドルを超えたら損切りをしたいのに、大幅に超えてしまい、最悪なケースは買い注文が放置されてさらに価格が上がり続けるVXXをショートしているため、含み損が膨らんでしまうことになります。

このような注文は、通常の相場状況では安心できるのですが、予測できない出来事には対応できません。

また、アメリカの日中は日本時間の深夜に当たるため、夜中寝ないで相場を監視しておかなければならいとすれば現実的ではありません。

また、世界中の出来事を監視して、さらに相場の価格をチェックし続けるのは困難を極めます。

よって、ロスカット注文という発注手段のヘッジを用いる代わりに、代用の商品似てヘッジを掛けることが有効となります。

1.VXXコールオプション買いでヘッジする

オプションを利用するとヘッジが出来ます。

オプションは「保険」であり、万が一のためにコストを支払うことで安心を買える商品でもあります。

VXXをショートするリスクは、VXXが暴騰することです。そこで、VXXが暴騰した時に利益になるコールオプションを買います。

コールオプションのコストは、オプションの現在の価格が最大損失(=コスト)となりますので、損失限定で保険を掛けることが可能です。

満期も様々ありますので、例えば1年間有効な保険を購入したい場合は、来年の満期のオプションを購入すると良いでしょう。

この時に選定する権利行使価格は、VXXショートの金額と同額の30ドルにしておくと、もし暴騰しても30ドル以上の損失は全てオプションがカバーしてくれますので安心です。

しかし保険料分はコストとして計上しますので、多少の損失はやむを得ないと思えば、権利行使価格を高めに設定するとよいでしょう。

2016-11-17_221850

2016年11月17日、株価が30ドルのとき、17年1月満期のオプションは上図のように権利行使価格が30ドルのコールオプションは約9ドル(100倍するので900ドルのコスト)、権利行使価格が40ドルのコールオプションは約7ドルとなっています。

もし60ドルまでの上昇は耐えられるけど、60ドルより超えるリスクは取れないというのであれば、コール60ドルを選定します。

2016-11-17_222113
コール60ドルを購入すると、保険料は1年間強で約4ドルとなっていますのが、万が一株価が60ドルを超える分は全額カバーできるので安心です。

VXXコール買いのデメリットは値下がりしやすい点

VXXは1年間で20%超下落する商品です。

保有しておくだけで株価が下げていくのが分かっている商品に、わざわざ保険を掛けて良いかを考えなくてはいけません。

保険を掛けてしばらく何もない平和な時間が経つと、到底保険の金額に到達しないというように思えて、ただお金を捨てているような感覚に陥る可能性があります。

充分に利益が出たらコールオプションを一度清算して仕切り直し、再度権利行使価格が安いオプションを選定するのも良いでしょう。

2.VIXコールオプション買いによるヘッジ

VXXは、VIX指数に連動する商品です。

1で取り上げた上げたVXXコール買いは、必ず原資産の商品価値が下がっていくことを耐えなければいけませんが、減価しないVIXで代用するという手があります。

VIXは下値が11%~12%と限定的です。

このコールオプションを購入すれば、VXXの減価を心配することなく、かつVIX指数が急騰した場合にはヘッジとして役に立つと考えられます。

VIXコールのデメリットはオーバーヘッジの可能性がある

ヘッジしたい対象であるVXXショートポジションは、VIXとは異なります。

よってフルヘッジにはならない可能性がありますし、フルヘッジを超えた、オーバーヘッジになっていると、今度はコストである保険料を余分に払っていることになります。

また、いざVIXコールオプションを買おうとした時にVIX指数が高くなると、割高なオプションを購入することになりますので、ヘッジコストがより高くなる可能性があります。

このようにヘッジを掛けるタイミングが重要になってきます。

3.値動きの似たETFのVXZをロングしてヘッジする

値動きの似た商品を選定してみましょう。

VXXは1~2ヵ月のVIX先物に連動した商品なので、VXZという4~7ヵ月のVIX先物で構成した商品があります。

VXXが急騰すれば、VXZもそれなりに連動します。

VIX先物の性質上、期限が近い商品は相場の変動に反応しやすく、期限が遠い商品は相場の変動に反応しにくい性質がありますので、よってVXXをショートして、VXZをロングすることで、反対に動く銘柄としてヘッジの役目が果たせます。

VXZを利用して安心して利益を得た方法はVXXとVXZのペアトレードで2367ドルの利益を得た方法で解説しています。

VXZロングのデメリットは掛け捨て保険の役目

ほとんど同じ方向に動く商品を、一方ではカラ売りして、もう一方では買い持ちしているということは、必ずどちらかは損失が出ます。

VXXオプション買いやVIXオプション買いでは可能性として両方が利益になることもあり得ますが、このVXZによるヘッジでは両方利益になる可能性がほぼ皆無です。

損益推移をみると「VXXをカラ売りするだけの方が儲かったのに」と後悔することになるので、ヘッジコストとしてあきらめることが肝要です。

また、VXXオプション買いやVIXオプション買いは損失限定なので、おおよそのコストが見積れますが、VXZをヘッジとして利用する場合にはVXZの減価も計算しておく必要があります。

4.インバース銘柄のXIVでヘッジする

最後に、インバース銘柄を紹介します。インバースとは「逆の値動きをする」銘柄です。

VXXは、VIX指数に連動して動きますので、VIXが上昇すればVXXも上昇します。

一方のインバース銘柄は逆相関となり、VIXが上昇すると下落するように作られた商品になります。

このような逆相関銘柄は、VXXなどをショートするときには貸し株料として市場から株を借りる調達コストがかかることを避けたい投資家が、「VXXをショート」するのではなく、「逆相関銘柄をロングする」ために利用されます。

VIXに連動する逆相関銘柄で有名なのはXIVやSVXYがあります。

このような逆相関銘柄を組み込むことで、ヘッジとして利用することができます。

XIVをロングするデメリットは破産条項に注意

インバース銘柄のETNであるXIVには、価格が「前日比で80%毀損した場合には清算する」という条項が付いています。

VIX関連銘柄では確実に起きない保証はないので注意が必要です。

通常の株式市場で、100ドルだった株が一日でいきなり20ドルにまで下げるというのは考えにくいですが、VIX指数は急騰する可能性がありますので、一日で急騰することも考慮しなければいけません。

また、ヘッジ枚数も検討する必要があります。

VXX100株に対してXIV100株にすると、短期的に評価すると完全連動して損益は±0となります。

よって枚数を調整するなどバランスを考慮すると良いでしょう。

まとめとVXXのリスクを減らす資金管理方法

今回は4つのヘッジ手段を解説しました。どれが優れているというものではなく、ヘッジの考え方によって様々な選択肢があるのです。

もちろんロスカット注文に自信がある場合には、これらのコストを抑えるために自らのスキルでカバーすることが良いでしょう。

もし注文に自信が無かったり、時間外の変動にまで意識を向けることが困難な場合には、今回取り上げた4つのヘッジ手段を有効に活用してVXXの減価を損失限定で利益に変えていきましょう。

もしヘッジ手段に悩む場合には、資金管理で対応する方法もあります。

恐怖指数に連動するVXXのリスクを減らす資金管理方法として2つの方策を提示していますのでこちらを参考にしてください。

リスクのないところにリターンはありませんので、リスクを恐れるのではなく、リスクを正確に見積もって適切なヘッジ手段を選定しましょう。


5年間負けなしのVXXカラ売りの利益率とは?

VXXのカラ売りは2012年から2016年まで1回も負けていません。毎年勝ち続けています。


負けない投資で、いったどのくらいのリターンが得られるのか?


そこで5年間の平均年利と、毎年100万円分VXXをカラ売りした場合の利益総額を調べたところ、驚きの結果が出ました。


その結果を公開します。


今すぐVXXカラ売りの利益率を確認する