VIX系の銘柄VXXをペアトレードに活かす「%比較」方法とは

アメリカの恐怖指数であるVIXに連動した商品には、実に多様な銘柄が存在しています。

例えばVIXの日々の変動と一致するように動くことを目指して作られた銘柄で有名なものはVXX、VIXYがあります。

この銘柄の現在の株価はそれぞれVXXは18.54ドルです。

一方、VIXYは15.47ドルとなっています。

この2つの銘柄は同じ運用方針に従っているのですが、銘柄ごとに現在の株価が異なると、正しく日々の変動と一致するように運用されているのか、分かりにくいですよね。

現在のVIXが11ドルなので、VIXが1ドル上昇したら、現在の株価18.54ドルのVXXは何ドル上昇するのか、頭を使って考えないといけません。

そこで、これらの銘柄が全く同じ変動になっていることを簡単に判別する方法があればいいと思いませんか?それは「%比較」として割合で比較するのが効果的です。

そのためにはサクソバンク証券が提供しているサクソトレーダーの「%比較」ツールを利用すると一目瞭然で簡単に比較が可能になります。

このサクソトレーダーの「%比較」では時価総額を合わせた場合の変動率が表示されますので、この2銘柄を表示させるとぴったりと一致します。
全く一緒なので、線が重なって1本に見えます。

この記事ではサクソトレーダーを利用した時価総額の比較方法について解説します。

あなたもこの記事を読んだ後には様々な商品で変動率を比較することができ、各銘柄間のペアトレードも検討しやすくなります。

この「%比較」方法をマスターして、あらゆる金融商品を比較できるようになれば新たな商品への投資が可能となります。
きっとあなたの投資ジャンルに幅が広がっていきますよ!

続きを読む

恐怖指数VIXを売るベストタイミング判別方法とは

VIXで利益を上げるには、数値が高くなったVIXをショートすることで、簡単に利益をあげることができます。

なぜなら、高くなったVIXは必ず元に戻る性質があるからです。

でも、VIXが高くなって売ろうと思っても、今以上にさらにVIXが高くなるかどうか、判断することが難しいですよね?

VIXが30ポイントになって高値だと思って売ったら、さらに40ポイント、50ポイント・・・と高くなるかもしれません。VIXが高騰する前触れを掴んでしまうと、含み損が膨らんでしまいます。

つまり、今のVIX指数が高くなっているのと合わせて、これからさらに高くなりそうなのかどうかを知ることが出来れば、今VIXをショートしていいタイミングかどうかが判断できると思いませんか?

このタイミングさえ把握できれば、より安全にVIXをショートすることができるのです。そのようなアメリカの恐怖指数VIXを売るタイミングを簡単に捉えられる指標があります。

それがVIX/VXV指標となります。

https://jp.tradingview.com/chart/VIX/VXV/

この指標は日本にいながらにして把握できてしまうので、アメリカ市場への参加者が、恐怖を感じているかどうかが手に取るようにわかるようになり、さらにVIXが今後高くなるのかどうか、そして今が売りどきなのか、タイミングを簡単に把握できるようになります。

つまりVIX指数が全体的に高くなって不安感が漂っているのか、それとも短期的にVIX指数が高くなっていて急速に値を戻そうとしているのかを知ることが出来るのです。

この指標を利用して、1.0を超えた11月1日にVIXを18.5ドルでショートして、0.9になった11月10日に14.7ドルで買戻しをすれば、わずか10日で3.8ドルの利益を得ることができました。

18.5ドルの投資で3.8ドルの利益を得るので、リターン率は実に20%の投資が実現することになります。

この記事ではVIX/VXV指数について解説しますので、あなたもこの指数を活用して、VIXを思い通りにコントロールできるようになりましょう!

続きを読む

安全に利回り5%を稼げるオプション資産運用の3つのカギ

あなたは利回りが5%と高利回りでありながら、誰でも実現可能な都合の良い資産運用先をご存知でしょうか?

そのようなとても投資家にとって都合の良い資産運用は、オプションの特徴である時間が経過するだけで利益が出るメカニズムを使うことで実現できます。

この資産運用を実現するのに非常に重要な要素はこの3点になります。

  1. 投下資金に対して得られる金額が多いこと(高利回り)
  2. レバレッジを低くして安全性が高いこと(レバレッジ1倍)
  3. 誰でも投資が出来るように、投下資金は少額から始められること(少額での投資)

そしてこの3要素全てが揃っている投資商品がオプションになります。

その証拠に、今オプションで資産運用した場合、運用の資金は17万円で、5月10日に73.94ドル(1ドル110円計算で約8,140円)の利益を得ることが出来ます。

投下資金に対しておよそ5%の利回りとなります。

このオプション資産運用は銀オプションで実現します。

日本で最も有名なオプションは「日経225オプション」よりも、今回紹介する銀オプションのほうが資産運用に適しています。なぜ銀オプションをお勧めするのか、この記事で3つのカギについて1つずつ解説していきます。

あなたも資産運用の理想的な3要素全てが揃った銀オプション投資を学び安全に利回り5%の利益を目指しましょう!

続きを読む

225オプション売りがインカムゲインに向かない3つの理由

あなたは日経225オプションが、長期の資産運用に向いていない、つまりインカムゲインを狙えないことご存知ですか?

日経225オプションは短期で利益を稼ぐトレーディング(日々の値動きに合わせた取引)タイプの投資でありキャピタルゲインを狙う投資スタイルとなります。インカムゲインを狙った長期間の資産運用向けの商品ではありません。

その理由は下記の3つが挙げられます。

  • 1.流動性が期近に集中していて、およそ2ヶ月先のオプションまでしか取引できない
  • 2.レバレッジが高く、損益の予測とコントロールに日々のギリシャ文字の変化を把握することが必須
  • 3.ボラティリティが低く収益源のオプションプレミアムの受け取りが少ない

もしそれでもオプションでインカムゲインによる資産運用を実現したいのであれば、日経225オプションではなく銀オプションを活用することで上記の課題を解決することが出来ます。

この記事を読むことで225オプションがなぜキャピタルゲインしか得られないのか理解することが出来ます。

特徴が理解できれば、キャピタルゲイン狙いのトレーディングは日経225オプション、インカムゲイン狙いの長期運用は銀オプションへと資産を分散できるようになりますので、最適な資産運用を見つけることができるようになりますよ。

続きを読む

複利で利益を積み上げられるSTRIPS債のメリットと購入タイミング

あなたは投資成績を毎年3%以上利益を上げて、しかも30年間、複利運用で安定的に利益を積み上げていくことはできますでしょうか?

もしこのような成績を残す自信がなければ、迷わず今すぐ米国債を買いましょう。

FRBが利上げを実施したことにより、30年満期の国債利回りが3.1%を超えました。今STRIPS債を購入すると複利運用で毎年3.1%の運用をしてくれます。

毎年3.1%の複利運用というのは、現在390ドルで購入した米国債が30年後に1,000ドルになって返ってくるということですが、STRIPS債を購入すると、毎年金利に税金がかからずに、非課税再投資を勝手に行ってくれるのです。

2016-12-19_123025

毎年の金利収入に対して税金がかかる米国債もありますので、その税金の差額を計算してみると、30年で11万円も差が生まれますので、長期投資を考えているならSTRIPS債が断然お勧めです。

もしあなたが相場の上げ下げに翻弄される取引をしていたり、なかなか利益が上がらない投資に疲れたのであれば、利回り3%超の米国債をもつことで安心した投資ライフを送りませんか?

続きを読む

今が買い時!6月購入時よりも1%近くお得になった米国債

あなたはアメリカ利上げの直後に、割安になった国債を購入しようと思っていませんか?実は、FRB会合の前にすでに買い時が到来しています。

利上げ後ではもしかすると遅いかもしれません。

現在の利上げ幅は、FRB会合で0.25~0.5%とエコノミストが予測していますが、国債の値動きチャートから金利を分析すると、8月から1%以上の金利上昇となっています。

2016-12-13_084747-1

私が2016年6月に購入した米国債の当時の金利は1.80%でした。

今購入すると、およそ2.5%の金利の国債を購入できることになり、利上げ幅予想を上回るディスカウント価格で米国債を購入することが出来るのです。

あなたもこの記事を読むことで現在の国債が割安であることを判断して、私が購入したよりも有利な条件で米国債を購入しませんか?

続きを読む

NT倍率の売買タイミングを「1時間足」で見極める方法

あなたは、NT倍率トレードに移動平均線が利用することでエントリーすべきタイミングを掴むことが出来たら良いと思いませんか?

このタイミングを掴むにはNT倍率をローソク足に変換して、チャート分析することが有効です。

数あるテクニカル分析の中でも、1時間足で売買タイミングを計るトレードを行い、3日間で1万円の利益をあげることができました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c日経225ミニを16835円で買い17230円で決済したので、損益を計算すると日経225ミニは(17230-16835)×100=39500円の利益、ミニTOPIX先物を1340円で売り1369円で買い戻したので(1340-1369)×1000=29000円の損失。

合計して10500円の利益となりました。

この記事では移動平均線の作り方からどのように活用するのかまで解説しますので、あなたも移動平均線を有効に利用してNT倍率トレードを極めましょう!

続きを読む

NT倍率トレードの最適な枚数比率は「時価総額」の一致

あなたは、日経225ミニとミニTOPIX先物をペアトレードする際に、枚数バランスを考慮していますか?

1枚ずつ売買することでリスクを抑えようとすると、逆にリスクが高くなる危険性があります。どうしたらよいかと言うと、枚数バランスを調整し、お互いの銘柄の時価総額を合わせることが解決策となります。

ではなぜ時価総額を合わせる必要があるのかを解説します。

日経平均株価は18,000円、TOPIXは1,400円と、価格が約10倍異なります。

1枚当たりの取引価格は日経225ミニは表示価格の100倍なので1,800,000円、ミニTOPIX先物は表示価格の1,000倍なので1,400,000円となります。

2016-12-05_082403

この価格差を埋めるために「時価総額」を合わせて取引を行うのです。

具体的には日経225ミニを18枚、ミニTOPIX先物を14枚保有することで、時価総額を25,200,000円に揃えることが出来ます。

この状態で日経平均株価とTOPIXが共に同じ割合だけ上下変動しても、日経平均株価がTOPIXよりも強ければNTのロングポジション、日経平均株価がTOPIXよりも弱ければNTショートポジションを組んで時価総額のずれを利益に変えることが出来ます。

あなたもこの記事を読んでペアトレードを極め、日経225ミニとTOPIXのサヤを狙いましょう!

続きを読む

VXXで利回り20%を安全に稼ぐための4つのヘッジ手段とは

VXXをショート(カラ売り)すれば、安定的に年利20%を超える利益が舞い込んできますので、利益を簡単に得られます。なぜならVXXは1年で20%を超える下落を5年も続けていますので、過去と同じようにVXXをカラ売りすれば20%以上の利益を得られるのです。

しかし、一番の課題は、VXXが高騰して売った値段より高くなって損失が出て含み損を抱える場合があるということです。

残念ながらVXXの高騰自体はコントロールできないのですが、もし含み損の程度をコントロールできるようになれば、安心して利益を追求できると思いませんか?

含み損のコントロールにはロスカット注文(逆指値注文)で管理することが一般的ですが、逆指値では理論的にフルヘッジにならない場面があります。その事例を解説するとともに、VXXをカラ売りした際に有効なヘッジ手段を4つ提示します。

この4つの手段を理解しておくことで、安心してカラ売りをし続けられるようになり、あなたもVXXショートを安心して手がけられるでしょう。

続きを読む

VXXを「カラ売り」して毎年20%超の減価を利益にする方法

右肩上がりに上昇する銘柄を見つけたら、投資のセオリーに従って「安く買って、高く売る」ことで難なく利益を上げることが出来ます。
しかしながら、世の中にはそのような理想的な銘柄は多くはありませんし、そのような銘柄を見つけるのが難しいですよね。

そこで、逆転の発想で右肩下がりに株価が減り続ける銘柄を見つけてみてはどうでしょうか。

その銘柄を「高値でカラ売りして、安値で買い戻す」ことで同じように利益を上げられることが出来ると思いませんか?

こんな発想を実現できる、株価が常に減り続けている銘柄がアメリカ市場に存在しているのです。
それが「VXX」という銘柄名の、指標連動証券(ETN)になります。

実際に株価の値動きを見ながら、年度初めにこのVXXを売ったときの株価の下落具合を見てみましょう。

 2016-11-10_174422-1

2011年末は2039ドルとなっていました。
2012年末は390ドルに下落しました。(去年の年末から下落率80.8%)
2013年末は198ドルに下落しました。(下落率49.2%)
2014年末は147ドルに下落しました。(下落率25.7%)
2015年末は96ドルに下落しました。(下落率34.7%)

このように毎年25%を超える下落率を記録しています。

現在の株価は30ドル付近ですので、2016年は現時点ですでに68%近く下落していることが分かります。

この記事では、なぜVXXが常に25%を超える値下がりを毎年続けているのかを説明します。

将来値下がりが決まっている銘柄にカラ売りを仕掛ければ、きっとあなたも利益を得られることでしょう。

続きを読む