複利で利益を積み上げられるSTRIPS債のメリットと購入タイミング

あなたは投資成績を毎年3%以上利益を上げて、しかも30年間、複利運用で安定的に利益を積み上げていくことはできますでしょうか?

もしこのような成績を残す自信がなければ、迷わず今すぐ米国債を買いましょう。

FRBが利上げを実施したことにより、30年満期の国債利回りが3.1%を超えました。今STRIPS債を購入すると複利運用で毎年3.1%の運用をしてくれます。

毎年3.1%の複利運用というのは、現在390ドルで購入した米国債が30年後に1,000ドルになって返ってくるということですが、STRIPS債を購入すると、毎年金利に税金がかからずに、非課税再投資を勝手に行ってくれるのです。

2016-12-19_123025

毎年の金利収入に対して税金がかかる米国債もありますので、その税金の差額を計算してみると、30年で11万円も差が生まれますので、長期投資を考えているならSTRIPS債が断然お勧めです。

もしあなたが相場の上げ下げに翻弄される取引をしていたり、なかなか利益が上がらない投資に疲れたのであれば、利回り3%超の米国債をもつことで安心した投資ライフを送りませんか?

続きを読む

今が買い時!6月購入時よりも1%近くお得になった米国債

あなたはアメリカ利上げの直後に、割安になった国債を購入しようと思っていませんか?実は、FRB会合の前にすでに買い時が到来しています。

利上げ後ではもしかすると遅いかもしれません。

現在の利上げ幅は、FRB会合で0.25~0.5%とエコノミストが予測していますが、国債の値動きチャートから金利を分析すると、8月から1%以上の金利上昇となっています。

2016-12-13_084747-1

私が2016年6月に購入した米国債の当時の金利は1.80%でした。

今購入すると、およそ2.5%の金利の国債を購入できることになり、利上げ幅予想を上回るディスカウント価格で米国債を購入することが出来るのです。

あなたもこの記事を読むことで現在の国債が割安であることを判断して、私が購入したよりも有利な条件で米国債を購入しませんか?

続きを読む

NT倍率の売買タイミングを「1時間足」で見極める方法

あなたは、NT倍率トレードに移動平均線が利用することでエントリーすべきタイミングを掴むことが出来たら良いと思いませんか?

このタイミングを掴むにはNT倍率をローソク足に変換して、チャート分析することが有効です。

数あるテクニカル分析の中でも、1時間足で売買タイミングを計るトレードを行い、3日間で1万円の利益をあげることができました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c日経225ミニを16835円で買い17230円で決済したので、損益を計算すると日経225ミニは(17230-16835)×100=39500円の利益、ミニTOPIX先物を1340円で売り1369円で買い戻したので(1340-1369)×1000=29000円の損失。

合計して10500円の利益となりました。

この記事では移動平均線の作り方からどのように活用するのかまで解説しますので、あなたも移動平均線を有効に利用してNT倍率トレードを極めましょう!

続きを読む

NT倍率トレードの最適な枚数比率は「時価総額」の一致

あなたは、日経225ミニとミニTOPIX先物をペアトレードする際に、枚数バランスを考慮していますか?

1枚ずつ売買することでリスクを抑えようとすると、逆にリスクが高くなる危険性があります。どうしたらよいかと言うと、枚数バランスを調整し、お互いの銘柄の時価総額を合わせることが解決策となります。

ではなぜ時価総額を合わせる必要があるのかを解説します。

日経平均株価は18,000円、TOPIXは1,400円と、価格が約10倍異なります。

1枚当たりの取引価格は日経225ミニは表示価格の100倍なので1,800,000円、ミニTOPIX先物は表示価格の1,000倍なので1,400,000円となります。

2016-12-05_082403

この価格差を埋めるために「時価総額」を合わせて取引を行うのです。

具体的には日経225ミニを18枚、ミニTOPIX先物を14枚保有することで、時価総額を25,200,000円に揃えることが出来ます。

この状態で日経平均株価とTOPIXが共に同じ割合だけ上下変動しても、日経平均株価がTOPIXよりも強ければNTのロングポジション、日経平均株価がTOPIXよりも弱ければNTショートポジションを組んで時価総額のずれを利益に変えることが出来ます。

あなたもこの記事を読んでペアトレードを極め、日経225ミニとTOPIXのサヤを狙いましょう!

続きを読む

VXXをショートし安全に利益を上げるための4つのヘッジ手段

VXXをショート(カラ売り)すれば、安定的に年利20%を超える利益が舞い込んできます。

なぜならVXXは1年で20%を超える下落を実に5年も続けている、値下がり銘柄だからです。

値下がりする銘柄だったら、カラ売りすれば利益を見込めます。

このチャートはVXXの2016年から2017年の掛けてのチャートですが、このような右肩下がりになるのが分かっていれば、簡単に利益を出せると思いませんか?

いとも簡単に利益を上げられそうなVXXショート戦略ですが、たったひとつだけリスクがあります。

それは、VXXが暴騰する可能性があるということです。

VXXが暴騰して想定以上の含み損を抱えたり、大損失を被って強制ロスカットさせられる可能性があるのがリスクです。

VXXショートを続ければ年利20%以上を稼げるチャンスが目の前にあるのは、その裏に続けられないリスクが潜んでいるからです。

リスクが無いところにリターンはありません。

では、VXXの暴騰自体はコントロールできないとしても、もしその損失を限定にして強制ロスカットさえ防ぐことが出来れば、安心して年利20%の利益を追求できるようになると思いませんか?

そのための手法があります。しかも4つもあります。

  1. VXXコールオプションでヘッジする
  2. VIXオプションでヘッジする
  3. 似た動きのETF(N)で損失を軽減する
  4. 逆相関のETF(N)を組み合わせて損失を軽減する

この中で私が考える最も有効な手法がVXXオプションです。

なぜVXXオプションが完璧にヘッジできるのかを解説したうえで、他の手法についてもその特徴とリスクについて紹介します。

なぜVXXオプションでヘッジできるのか理屈が分かれば、安心してVXXショートで利益を積み上げていけるようになると思いませんか?

続きを読む

VXXを「カラ売り」して毎年20%超の減価を利益にする方法

右肩上がりに上昇する銘柄を見つけたら、投資のセオリーに従って「安く買って、高く売る」ことで難なく利益を上げることが出来ます。
しかしながら、世の中にはそのような理想的な銘柄は多くはありませんし、そのような銘柄を見つけるのが難しいですよね。

そこで、逆転の発想で右肩下がりに株価が減り続ける銘柄を見つけてみてはどうでしょうか。

その銘柄を「高値でカラ売りして、安値で買い戻す」ことで同じように利益を上げられることが出来ると思いませんか?

こんな発想を実現できる、株価が常に減り続けている銘柄がアメリカ市場に存在しているのです。
それが「VXX」という銘柄名の、指標連動証券(ETN)になります。

実際に株価の値動きを見ながら、年度初めにこのVXXを売ったときの株価の下落具合を見てみましょう。

 2016-11-10_174422-1

2011年末は2039ドルとなっていました。
2012年末は390ドルに下落しました。(去年の年末から下落率80.8%)
2013年末は198ドルに下落しました。(下落率49.2%)
2014年末は147ドルに下落しました。(下落率25.7%)
2015年末は96ドルに下落しました。(下落率34.7%)

このように毎年25%を超える下落率を記録しています。

現在の株価は30ドル付近ですので、2016年は現時点ですでに68%近く下落していることが分かります。

この記事では、なぜVXXが常に25%を超える値下がりを毎年続けているのかを説明します。

将来値下がりが決まっている銘柄にカラ売りを仕掛ければ、きっとあなたも利益を得られることでしょう。

続きを読む

LEAPS取引で時間が経過するだけで1万円稼いだロジックとは

あなたは、誰しもが持っている「時間」が経過することで利益になる投資法をご存知でしょうか?

投資は価格が上がるか下がるかを当てなければ利益にならないのが一般的ですが、時間が経過することで利益が得られる投資スタイルがあります。
まるでエスカレーターに乗った状態のように時間が過ぎれば利益になる仕組みなので、最初に投資したらあとは手を加える必要がありません。

実際に私はアメリカのyahoo株を利用して1万円の利益を上げることに成功しました。

このときのyahooの株価は、このように9月28日に約28ドルまで下落した後に、30ドル~40ドルの間でもみあっていました。

2016-11-07_171445-1

この時の株価がどうなっているかに関係なく、2ヵ月の時間が経過したので、1万円の利益を上げることが出来ました。

下記が実現損益の証拠です。

2016-11-07_171622-1

対象はyahoo株ですが、株価が将来上がると予想したのではなく、オプション投資を利用することで時間を利益に変えました。
この期間に、私は保有銘柄を損切りしようか悩むこともありませんでした。

私が利益を上げた、時間を利益にするオプション取引は、日本の投資家の95%以上の人が知らない、やったことが無いジャンルになります。

私のようにオプションを理解するポイントは「時間」と「株価」です。

時間と株価さえマスターできればオプションでなぜ時間が経過すると利益が出るのか、理解することは実は簡単なのです。

あなたもこの記事でオプションの利益の出し方をマスターして、ストレスなく投資で利益を上げれるようになりませんか?

続きを読む

株価が20%下落しても勝てる理由は「損益グラフ」にある

あなたは株式投資をする際に、「これから株が上昇するだろう」と予想して投資した直後に、株価が下落して含み損を抱えてしまった経験がありませんか?

もし投資の勝敗を分ける「損益分岐点」を、現在の株価がすでに上回っている状態で投資をスタート出来たら、非常に利益を上げやすくなると思いませんか?

今回私はアメリカ株オプションを利用して、現在の株価が15.47ドルにいるときに、損益分岐点が12.77ドルになるような投資を行いました。

2016-10-24_162808-21
つまり12.77ドル以下にならないと損失が出ないという投資スタイルを実現することが出来たのです。

結果として、12月18日に決済した時の株価は15.29ドルだったので、危なげなく利益を得ることが出来ました。

2016-10-24_162808-7

チャートを見ると株価が若干下落していますが、123.9ドルの利益を得ることが出来ています。

2016-10-25_123319-1

15.57ドルから約20%下落しても、損益分岐点付近であるという、非常に損になりにくい投資法だったのです。

この投資のメリットを実感するには、損益グラフを描くことが最も分かりやすいので、今回はその損益グラフを用いて解説します。
ぜひこの投資法をマスターして、有利な取引を行えるようになりましょう。

この投資スタイルを身に付ければ、もし株価が下落しても安心して持ち続けることが出来るようになりますよ。

続きを読む

株価が10%下落しても利回り17.7%稼げたプレミアムゲイン投資

あなたは今後株が上がるかどうか、予測することはできますか?

株式投資をする場合には、買った株が上昇しないと利益になりませんが、プレミアムゲインを狙う投資法を使うと、株価が上がらなくても、およそ10%下落したとしても利益を出すことが出来ます。

しかも3か月の投資期間中に、取引したのは最初の1回だけです。

時間が経過すれば利益が生まれるプレミアムゲイン投資法を活用することで、7万円を投資して1万2,390円の利益、つまり利回り17.7%を稼ぐことができました。

あなたはこの記事を読むことで、株式投資の新しいスタイルとして株価が下落しても稼げる方法を身に付けることが出来ますので、保有株の株価を気にしないで良いストレスフリーな投資法が実現しますよ。

続きを読む

オプション注文の誤発注を防ぐ!効果的な「色」による区別方法

あなたは発注する際に誤発注で悩んだ経験はありませんか?

もし防ぎたいと思っていたら、何か対策を具体的に取り入れていますか?

誤発注は投資戦略やロジックではなく、人為的なミスが原因となります。
誤発注を無くすには、発注前の確認画面を注意深く確認するだけでは防止することが出来ません。

視覚に訴える方法で「今からどんな取引しようとしているのか」を明らかにする必要があります。

それが色による識別です。

色が付いていると、イメージとして認識できるようになりますので、実際の色が想定しているものと違った時に違和感を感じて発注を見直すことが出来るようになります。

この記事ではIB証券のTWSを利用した誤発注防止の仕組みである色について解説します。

続きを読む