円高でも為替の影響が小さい銀オプション投資

銀投資の入り口として銀オプションを使った投資法がありますが、銀価格は「銀ドル」なので円で取引する日本人には為替の影響があります。

ですがここでは為替については考慮しなくても影響は軽微です。
理由は銀オプションによる利益に比べると為替の影響はとても小さく保有できるリスクだからです。

その理由を理解するだけで、円高になっても不安に思うこと無く投資ができるようになります。

 

続きを読む

オプション取引はプレミアムゲインを狙える投資法

プレミアムゲインとは保険料収入のことです。

世間に認知されているのはキャピタルゲインとインカムゲインの2種類の定義しかありませんが、その2つのカテゴリだけではオプションの利益のメカニズムが説明が出来ません。

そのメカニズムを明らかにしたのがプレミアムゲインと呼ばれる収益の種類です。

 

続きを読む

デモ取引、シミュレーション取引を無料で出来るサイト

あなたはオプション取引を学ぶ際に「デモ取引があったらイメージがつかみやすいのに」と思ったことはありませんか?
オプション取引は初心者や学び始めの方にとって、ギリシャ文字によるプレミアムの変化など、捉えにくい性質があります。

いきなり実弾トレードをするのではなく、まずはデモ取引やシミュレーションを通じてオプションの仕組み、プレミアムの変化について身に付けていきたいと思う方は多いことでしょう。

今回は無料で使えるツールとして、シンプレックスインスティテュート社が監修し、日本取引所が提供しているOSE先物・オプション シミュレーターを紹介します。

 

続きを読む

「ほったらかし投資」を225オプションで実行できない理由

ほったらかし投資とは、トレード期間中はなにもしないということです。このほったらかし投資の需要は多いのです。私のメールマガジンのアンケートでは、「ほったらかし」が、66.7%もの票を集めました。つまり3人に2人はほったらかしたいのです。

しかし日経225オプションはほったらかししてはいけない理由があります。その理由は証拠金取引でレバレッジをかけているため、自己資金以上の損失をリスクとして抱えているからです。

日経225オプションのレバレッジの数値をFXと比較し、なぜ日経225オプションでほったらかしが実現しないかを検証したうえで、ほったらかし投資ができる銀オプション取引について解説します。

続きを読む

ほったらかし投資を実現する、プレミアムゲインとは何か

あなたはほったらかしで投資から利益が出ればいいのにな、と思っていませんか?

世間一般には投資でほったらかしは不可能です。ただし「プレミアムゲイン」という言葉を知っていれば、話は別です。

プレミアムゲインとは、誰もが夢見るほったらかし投資を実現するための手法で、資金を投下して何もしないのに気が付けば利益が出ている・・・そんな魔法のような手法。

そんなプレミアムゲインを得には、オプション取引なら実現可能なのです。

この記事を読むことで、あなたもほったらかしでも利益が出る具体的根拠が見つかることでしょう。

 

続きを読む

「プット売り」は危険!?誤解の原因はたった1つ

リスクのイメージ

あなたは「プット売りは危険」だと思い込んで、プット売りを避けていませんか?
日経225オプションの取引経験がある人は「プット売りは危険だ」という認識を持たれている場合が多いです。
それは誤解です。
実は日経225オプションの場合は圧倒的に自己資金が足りないのが原因です。
そのせいで追証にかかりやすいのです。

今回は銀オプションと日経225オプションのプット売りについて、自己資金額に着目して比較をしてみたいと思います。

続きを読む

売オプション1単位当たりの最低証拠金額が現在の5倍に

2月26日付で発行された日本証券クリアリング機構の発表はもう確認されましたでしょうか?

3月28日から、日経225オプションでは証拠金に関して2つの大きな変更が適用となります。

SPANパラメーターの公表から適用までの期間を「1週間」から「1日」に短縮

売オプション1単位当たりの最低証拠金額の水準を現在の5倍に変更

 

この2つの制度改正について解説します。

 

続きを読む

「プット売り」銀投資を始める前にすべきことは1つだけ

銀投資を始めよう。そう思ったら、通常はまず銀を自分が買いたい値段に指値して買います。
これが普通の投資手順です。

しかし指値で買うことは、実はとてももったいないのです。

指値で買うよりも、プットオプションを売るほうがはるかにメリットが多いのです。
一般の投資家はこの事実を知らないために、多くの機会損失を生み出しています。

この記事でプットオプション売りを知ることで、あなたも機会損失を被ることなく安心して銀投資をスタートできるようになります。

 

続きを読む