SQ値と日経平均の寄り付きが乖離する理由

 

ちょっと発信のタイミングが遅くなりましたが、

今回のSQ値は日経平均の寄り付きと差が出ましたね。

 

それについて質問が来ているので、

回答をご紹介します。

 

 

  ■

 

 

 

質問はこのような感じ。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

SQの価格について、

先月の12月限SQが10420円で決着がついたわけですが、

この日は225先物数値を見ると10330円が最高値です。

先物数値から約100円もSQの数値が高いのが良くわかりません。

 

今回は1月限SQが10470円で

昨日の初値が10560円で先月とは逆に90円安くなっています。

 

先物価格とSQ価格は違うのは何となくわかりますが

先月と今月で上下200円近い乖離ですよね、

なぜそこまで実際も先物価格とSQ値が違ってしまうかが分かりません。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

 

なかなか良い質問、

ありがとうございます。

 

 

 

 

さて回答ですが、

 

 

まず、気をつけて欲しいのが、

オプションの原資産は、

先物じゃなくて現物(日経225)です。

 

 

 

 

まあ先物と日経225の間には

明確な裁定が働くため、

通常はイコールで考えたほうが分かりやすいし、

イブニングセッションなどを考えると

先物が原資産だと思ってしまいますよね。

 

 

 

 

で、SQ値ですが、

日経平均の225個の銘柄が全て寄り付いたところがSQ値です。

 

 

これは毎回異なりますが、

少なくとも9:00には決まりません。

 

たいてい9:30以降、

遅くなると後場までもつれ込みます。

 

 

 

 

なぜ遅くなるかというと、

225銘柄のうちどれかが

「売り気配」「買い気配」で

取引が成立していない状態になるからです。

 

 

 

 

じゃあなぜ日経225で9:00に

「寄り付い」ているのか?

 

 

それは、実は寄り付いているのではなく、

気配値から数値を仮置きしているだけです。

 

 

 

だから9:00の値は寄り付き値ではなく、

ただ始値に過ぎません。

 

 

一方で、

先物はその日経225の9:00の始値から

裁定で価格が算出されています。

 

 

 

 

 

だから、ご質問にあった

 

> そこまで実際も先物価格とSQ値が違ってしまうかが分かりません。

 

という問いに対しては、

225銘柄全てが寄り付いたときの値をSQ値として算出しているが、

先物の寄り付きは日経平均の始値をベースにしているにすぎない

なので価格が異なることがある。

 

 

ということがいえますね。

 

 

 

 

私のサイトで日経225の寄り付きと

SQ値の差の比較なんて作ってみたりしてますよ。

http://225option.net/1232

 

 

 

 

 

 

 

なーんで偉そうに書いていますが、

書籍に載っていた内容ですよ(^^)

 

たしかブログのトップページにリンクがある

日経225オプション取引入門

に載っていたと思います。

 

だから細かいところが違っていてもクレームなしで♪

真実は書籍を確認してくださいね~(^^)/

 

 

 

 

ちなみに、いつだったか忘れましたが、

ちょうどSQ日に相場が変動して、

11:00近くにようやくSQ値が確定した、

ということが実際にありましたよ。

 

 

 

あまりSQ勝負になるATMのポジションは

持たないほうが得策かもしれませんね。

 

 

上記のようなことがあるので、

木曜大引けのあとは

①何も出来ないギャンブル状態なのに、

②さらに寄り付きでギャンブルが待っているという、

どうにも制御できない状態になってしまいますので、

その危険を理解したうえでトレードしたほうがいいですね。