米国債

複利で利益を積み上げられるSTRIPS債のメリットと購入タイミング

あなたは投資成績を毎年3%以上利益を上げて、しかも30年間、複利運用で安定的に利益を積み上げていくことはできますでしょうか?

もしこのような成績を残す自信がなければ、迷わず今すぐ米国債を買いましょう。

FRBが利上げを実施したことにより、30年満期の国債利回りが3.1%を超えました。今STRIPS債を購入すると複利運用で毎年3.1%の運用をしてくれます。

毎年3.1%の複利運用というのは、現在390ドルで購入した米国債が30年後に1,000ドルになって返ってくるということですが、STRIPS債を購入すると、毎年金利に税金がかからずに、非課税再投資を勝手に行ってくれるのです。

2016-12-19_123025

毎年の金利収入に対して税金がかかる米国債もありますので、その税金の差額を計算してみると、30年で11万円も差が生まれますので、長期投資を考えているならSTRIPS債が断然お勧めです。

もしあなたが相場の上げ下げに翻弄される取引をしていたり、なかなか利益が上がらない投資に疲れたのであれば、利回り3%超の米国債をもつことで安心した投資ライフを送りませんか?

続きを読む

国債投資で抑えるべき、利率と利回りの違い

国債投資を理解するには、利率と利回りの違いについて抑えておくことが肝要です。

そこで、まずは国債の価格を決める要素を知る必要があります。といっても難しいことではありません。

もしあなたがもし友人にお金を貸す場合には、何を注意して、どんな条件で貸しますか?

国債は国の借金なので、私たちはお金を貸す立場です。友人にお金を貸すのと同様に、相手が国であるというだけで、一般的なお金の貸し借りと同様な決め事をすれば、国債の性質を表すパラメータが見えてきて、そこから利率と利回りの違いについても理解できるようになります。

続きを読む