安全に利回り5%を稼げるオプション資産運用の3つのカギ


あなたは利回りが5%と高利回りでありながら、誰でも実現可能な都合の良い資産運用先をご存知でしょうか?

そのようなとても投資家にとって都合の良い資産運用は、オプションの特徴である時間が経過するだけで利益が出るメカニズムを使うことで実現できます。

この資産運用を実現するのに非常に重要な要素はこの3点になります。

  1. 投下資金に対して得られる金額が多いこと(高利回り)
  2. レバレッジを低くして安全性が高いこと(レバレッジ1倍)
  3. 誰でも投資が出来るように、投下資金は少額から始められること(少額での投資)

そしてこの3要素全てが揃っている投資商品がオプションになります。

その証拠に、今オプションで資産運用した場合、運用の資金は17万円で、5月10日に73.94ドル(1ドル110円計算で約8,140円)の利益を得ることが出来ます。

投下資金に対しておよそ5%の利回りとなります。

このオプション資産運用は銀オプションで実現します。

日本で最も有名なオプションは「日経225オプション」よりも、今回紹介する銀オプションのほうが資産運用に適しています。なぜ銀オプションをお勧めするのか、この記事で3つのカギについて1つずつ解説していきます。

あなたも資産運用の理想的な3要素全てが揃った銀オプション投資を学び安全に利回り5%の利益を目指しましょう!

 

利回り5%を確保できる銀オプション

現在の銀行預金は利率が0.1%未満、個人向け国債では1%程度の利回りしかありませんが、銀オプション投資の利回りは5%になります。銀行の利息の50倍、個人向け国債の5倍の利益が見込めます。

なぜこのように高い利回りになっているのかというと、オプションの特徴である「時間」を味方に付けているからです。

銀商品の価格とは別なロジックで値付けされる銀オプションを用いることで、銀価格には左右されにくい運用が出来ます。

投資で、買いたい商品が5%以上値上がりすることを予測するのはとても難しいものですが、時間が経過するのを予測するのはとても簡単です。
なぜなら時間は誰でも共通に持っていて、止めたり巻き戻せることは出来ずに未来に向かって一方的に進んでいくものだからです。

オプションは時間が経てば無価値になる商品

今回の資産運用の方法は、オプションの特徴である、時間が経過するごとにだんだん価値が無くなって最後に無価値になってしまう現象を利用しています。
この特徴は他の投資商品には無い、オプションだけが持っている特徴です。

必ず春になると解けてしまう雪のように、必ず価値がなくなってしまうのです。

この「必ず価値がなくなり最後に無価値になる」という性質を利用するのが銀オプション投資となります。

無価値になるオプションを「売る」

この時間経過に伴って価値がなくなる現象は、オプションを「買う」と否応無く将来は無価値になってしまいます。
そこで反対にオプションを「売る」ことで時間が経てば、時間が過ぎれば利益が増えるようになります。

この売る行為は、株式投資の「空売り」と非常に似て何も持っていない状態でスタートできますが、あとで買い戻す約束をして「売る」空売りと異なり、オプションが無価値になったら返す必要はありません。

この将来無価値になるのがわかっている商品を「売る」のです。

しかも、この投資はいつでも誰でも実行可能です。

不動産投資のように、良い物件を探し回ったり、上流の一握りの人だけが得られる情報ではないため誰でも投資できます。

それにFXのように上がるか下がるかを予想してばっちりのタイミングを狙う必要もありません。

利回りは「投資期間における利益」÷投下資金

利回りは、投下資金に対して、投資期間における利益を表していて、銀オプションの投資期間は長い商品で6ヵ月間保有できるオプションがあるので有利です。
このオプションを8,140円で売る場合には、自己資金は17万円あれば充分ですので、利回りを計算すると8,0140円÷17万円=4.78%となります。

これは日経225オプションでは実現できない投資期間の長さになるので、銀オプション投資がお勧めなのです。

日経225オプションの投資期間の長さは2ヶ月先までが主流

日本で最も有名な日経225オプションでは、1~2ヶ月先に期限が来るオプションが最も売買が活発になっており、数ヶ月先のオプションは売買できないことがほとんどです。

よって利回りを上げるために投資期間の長さでカバーできないのが現状です。

日経225オプションも銀オプション同様に6ヶ月先の商品もありますが、ほとんど取引がされていませんので利回りを上げるための投資期間の確保が難しいのです。

日経225オプションは短期間で勝負を付けて何度も資金を回転させて利益を上げていく投資スタイルとなりますので、資産運用向けではありません。

だから銀オプションのほうが利回りの数値を上げやすいのです。

自己資金を用意することでレバレッジを下げる

この運用を実現するために、最大損失額を自己資金として持っておくと安心です。
レバレッジ1倍、つまりレバレッジをかけない取引が最も安全になります。

引用: http://www.fx-fun.biz/zukai/revarage.php

もし日経225オプションを売ろうとした場合を考えてみましょう。

現在の日経平均株価の1000倍、つまり1950万円を自己資金として保有する必要があります。これがレバレッジ1倍で日経225オプションを取引する場合です。

しかしオプションを1枚売買するのに1950万円を用意している投資家ばかりではないので、個人投資家はレバレッジをかけて取引をしている場合が多いのが現状です。

FXでも25倍のレバレッジがかけられるようになっているので、自己資金以上の取引が出来るのと同様に、日経225オプションは証拠金取引という制度によってわずか80万円だけ用意すれば1950万円分の取引ができるようになっています。

80万円で1950万円の取引が出来るので、24倍のレバレッジがかけられているということです。

実際のオプションを1枚売るのに必要な証拠金は独自の計算(SPAN証拠金算出)により80万円より低くなることが一般的ですが、銀オプション投資と同様に今の日経225オプションを売ったときの1枚あたりの最大損失は現在の日経平均株価の19500円×1000倍になりますので、1950万円を最大損失リスクとして考えておかなければいけないのです。

レバレッジが高まると利益率は高い

銀オプションを利用すると、最長で6ヶ月先のオプションがありますので、例えば一番近い満期日のオプションを売るとわずか1%以下の利回りしか無いとしても、最も長い6ヵ月後のオプションを利用すると、利回りが5%近くまで高くなります。

一方、日経225オプションの場合には、1950万円を使って取引をすることになりますので、例えば30万円のオプション売りを得た場合には30万円÷1950万円=月利1.5%と非常に小さくなってしまいます。

そこで日経225オプションの場合はレバレッジを利用することで利回りを上げます。

レバレッジを掛けて自己資金を80万円だけ用意して同じ利益を得た場合の利回りを計算すると、1ヶ月の利益率は30万円÷80万円=月利37.5%と高い利益率になりますが、自己資金が80万円だけしかない場合には証拠金が不足してしまうことになります。

1950万円用意して日経平均株価を保有している場合には、万が一無価値になったときには自己資金を失うだけで済みますが、もし証拠金取引をしている場合は、証拠金不足になってしまいますので、むやみにレバレッジをあげるべきではありません。

よってレバレッジをあげずに取引できるのが良いでしょう。

銀オプション投資は資金17万円から安全に取引可能

もしレバレッジを低くできても、最低投資金額が多い場合には個人投資家の参入が難しくなってしまいます。
その点においては、銀オプションの場合は17万円保有すればレバレッジ1倍の取引が出来ます。

なぜなら、銀の価格は現在17ドルで推移していて、最小ロットが100オンスからなので、実質17ドル×100オンス=1700ドル≒17万円あれば良いからです。(厳密には為替レートによって変動はあります)

日経225オプションでも少ない資金でレバレッジを掛けることができますが、証拠金を80万円だけ用意して取引する投資家は少ないでしょう。
80万円では証拠金不足に陥る危険性から、およそ2倍以上の資金を持って取引をする場合が多いです。

2倍の160万円を持っていても、最大損失額に対する自己資金の比率は10%にも満たないので、依然としてレバレッジは10倍以上はある取引であるといえます。

その点で銀オプションは17万円で保有することが出来るのがメリットです。

17万円で全てのリスクを引き受ける

17万円の自己資金で全てのリスクを引き受けますので、銀が暴落して無価値になれば投下資金を失うことになりますが、それ以上の損失はありません。
そして銀価格は過去に0円になったことはなく、価格も比較的安定して推移しています。

このチャートはサクソバンク証券のサクソトレーダーのチャート画面ですが、2002年に4ドルから始まって、一度も0まで価格が下がったことはありません。

当然、銀(シルバー)という貴金属に付けられたら価格なので、破綻することもありません。

もし銀の価格が下落すると、含み損を抱えることになりますが、含み損を抱えたまま満期を迎えると、オプションが銀価格に完全に連動した商品に変わりますので、含み損のまま商品を持ち続けることが出来ます。

その含み損を「実現損」として確定しないで、またオプションを売ることでずっとオプションによる利益を得続けることが出来ます。

このようにまるで金利や利息のように、時間が経てばオプションによる利益を得られ続けるには、含み損を実現損に変えないで繰り延べし続けることが必要です。

実現損にせずにずっと含み損のままでいるためには、銀商品として必要な金額を全額持っていると安心です。

それが、銀オプション取引の場合は現在17万円保有していれば全額になるわけです。

以上が17万円あれば安全だといえる根拠になります。

日経225オプションでは1950万円用意して1万円の利益で利回りは0.005%

もし100万円の自己資金を持っていて1万円の利益が出るオプションを使って利益を上げられれば、利回り1%の投資が完成します。
もし万が一オプションから損失が出たときにでも有限の損失で済みます。

ですがこれでは心もとないと思えば、いくらまで自己資金を多くすればいいかというと、レバレッジが1倍となる1950万円持つ必要があります。

この場合の利回りは、1950万円用意して1万円の利益を上げるので、利回りは0.05%程度となります。
これでは銀行預金よりも小さい利息となってしまいますので、利回りが高くて自己資金の量も小さい銀オプションのほうが優れているわけです。

まとめ

オプションによる資産運用を実現するのに非常に重要な要素はこの3点になります。

  1. 投下資金に対して得られる金額が多いこと(高利回り)
  2. レバレッジを低くして安全性が高いこと(レバレッジ1倍)
  3. 誰でも投資が出来るように、投下資金は少額から始められること(少額での投資)

これが全て揃っているのが銀オプションになります。

自己資金はわずか17万円から投資することが出来て、安定的に利回り5%を確保することが出来ます。

その利益の源泉はオプションが時間と共に無価値になっている性質を利用していますので、銀価格とは別な値動きをするので利回り5%を狙えるのです。


 

こちらもどうぞ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

年利18%の運用を実現する銀投資講座

銀オプション投資を学ぶことで、利回り年利18%見込める銀投資について、無料メールマガジンを発行しています。


特典動画としてサクソバンク証券のツールを使った取引の手順も公開しています。


メンテナンスフリーな長期運用の手法を手に入れて、あなたも銀投資デビューしませんか?


無料動画&メールマガジンを読む