インカムゲインを得るためのたった一つの課題は「作り出す」こと

あなたはインカムゲインを作り出すための課題があることをご存知ですか?

それは、インカムゲインを「作り出さないといけない」ことです。

 

株式投資の配当狙いの投資スタイルは、一度株を買ったら保有したままほったらかしで自動的に配当が入ってきますが、私が解説しているインカムゲインを狙う場合には、ほったらかしではインカムゲインを得ることはできません。

自らの手で、作り出す必要があります。

今回の記事では、何を使ってインカムゲインを作り出せるのかを解説します。

続きを読む

証拠金とは最大損失額をあらかじめ担保しておくためのルール

オプション取引は証拠金取引なので、証拠金の考えは覚えておく必要があります。

買いポジションは証拠金が足りなくなる恐れはありませんが、売りポジションの場合は証拠金が足りなくなると追証が発生して決済されられる可能性があります。

必要証拠金とは、そのポジションが持つ最大損失額を計算して、このくらい用意しておけば計算上一発退場しないだろうという目安の資金を、証券会社が拘束するルールです。

よって、損失限定のクレジットスプレッドなどは、売りポジションが含まれていますが証拠金は一定額以上は増えません。

なぜなら損失限定だから、その最大損失額以上は要求されないからです。

この記事では必要証拠金の簡単なルールを解説します。

続きを読む

配当以外にインカムゲインを得る方法

インカムゲインについて、辞書で調べたことはありますか?

Webで調べてみるとこのように書かれています。

【定義】

一般的にインカムゲイン(income gain)とは、資産運用に際して、ある資産を保有することで受け取ることのできる現金収入のことを指します。

インカムゲインのひとつである「配当」とは、企業が稼いだ利益の中から、株主に対して支払う(還元する)お金のことです。

 

このような、資産を保有して受け取れる現金収入を総称して「インカムゲイン」と呼びます。

もっとも分かりやすいのが株の配当ですよね。

配当狙いで投資すれば、キャピタルゲインで株価の上げ下げを当てなくてOK!

誰でも収益が発生するのでほったらかしでも安定収益!

一度株を保有したら基本的には売らないので、含み損が出ても負けじゃない=勝率100%!

配当が出れば絶対に損しない!(はず)

株を持っているだけで確実に出るので実現可能性は高い!

こんなメリットばかりなのが、インカムゲインの中でも配当に特化した「配当投資法」です。

 

でも、なかなか実践できないのが現状じゃないでしょうか?

その理由を探ってみました。

続きを読む

カバードコール戦略はなぜ満期前に決済されないほうが良いのか

日経平均先物をロングして日経225オプションを使ったカバードコール戦略は、コールの受け取りプレミアムがある分、損切りに余裕が持てる戦略です。

単体の日経平均先物ロングポジションに対して、損切りラインを下げることも可能です。

一方で、損益グラフを眺めると、逆に損切りラインを切り上げたほうが損失が出ない戦略のようにも見えます。

ですが、リスクとリターンは比例していますので、損切りラインを切り上げたからと言って損失が出ないわけではありません。

 

このように錯覚してしまう原因は、損益グラフがオプションの「満期時点の姿」を表しているからです。

現実は満期まで時間があるので、現在の姿、そして翌日の姿、翌々日の姿は「満期時点の姿」に近づいていくのですが、完全一致はしないのです。

 

この記事では、損益曲線を見てなぜ損切りラインを切り上げたほうが損失が出ないように見えるのかを分析したうえで、実際の損益はどうなるのか、そしてこのカバードコール戦略の課題と解決のアイデアを提示します。

続きを読む

かぶオプにアメリカ株市場が適している2つの理由

アメリカ株市場は、株オプション(かぶオプ)を取引するのに非常に適した市場です。

日本でも今後かぶオプが普及していくことが考えられますが、まだまだ流動性が低いのが現状です。

2,3年後には流動性が高まる可能性がありそうなので、気長な投資家はそこまで待てば、日本でもかぶオプの取引を行えるでしょう。

気長に待つのもいいですが、もしかぶオプの魅力を感じたら、とっとと流動性が高い市場で取引したくありませんか?

流動性が高い市場がアメリカ株市場です。

この記事では、なぜアメリカ株市場が株オプに適しているのか、2つの特徴を説明します。

続きを読む

株オプションの正しい使い方は、正しいお手本があれば身に付きます

あなたは、字がキレイですか?私は字を書くのが下手です。

うちの娘が2人とも書道教室に通っていて、2人とも「特選賞」を取って近くの美術館に飾られました。

一方で、私は字が汚いので、賞なんて夢のまた夢。

でも子供たちが頑張っているので、私も人並みに字をキレイに書きたいと常々思っていたので、意を決して通信教育を始めることにしました。

 

字が下手な私ですが、通信教育のテキストを4日間続けたところ、あることに気が付きました。

それは、お手本があるとキレイに書けるのです。

 

今までお手本を知らずに無意識に書いていたら汚い字になっていたのに、お手本を見ながら書くだけで見違えるようなキレイな字が書けました。

つまり、お手本が正しくイメージできていれば、字はキレイに書けるのです。

 

その発見から、どうやって株オプションの正しい使い方を楽しく学べるのかについて考えましたので今回の記事で紹介します。

続きを読む

転売目的でゲーム機を買った人が、追加注文でお得に売る契約がオプション

投資を全く知らない人、オプション取引を知らない人に話をすると、

「何?オプションって。ディーラーオプションとかの、あれ?」

と、よく聞かれることがあります。

 

実は、その「オプション」で、全く間違っているわけではありません。

意外と本質を捉えた言葉、という気がしていますので、その点について考察します。

続きを読む

東京証券取引所主催の子供の経済教室カードゲームに参加しました

東京証券取引所の風物詩、新規上場したときに鳴らす鐘をテレビで見たことがありますか?

先日、東京証券取引所でカードゲーム参加して来ましたので、ついでに娘が東証一部に上場して鐘を鳴らしてきました。

 

・・・というのは冗談です。こんな感じで写真を撮れます。

本当に鐘を鳴らしているように見えますよね?

f:id:option-trade:20190806220123j:image

ちなみに、この鐘・・・2次元ポスターです。

なんと平面の鐘の写真で、立体ではありませんので、だから鐘も鳴りません。

フォトスポットとして東京証券取引所内にあり、本物を見ると

「こんな子供だましの写真で本物に見えるわけがない」

という感想しか出ないのですが、写真で撮影すると影が出て本物っぽく映るという不思議さ。

こんな体験を、東京証券取引所主催の経済教室に娘と行って体験してきたのでその様子をお伝えします。

続きを読む