日経225オプションで月利3%を安定的に稼ぐのが難しい理由

あなたは日経225オプションで安定的に月利3%を稼ぐのが難しい理由を知っていますか?

それは、日経225オプションは安定資産運用ではなく、まるで狩猟のようなアクティブな投資スタイルだからです。

月利3%どころではなく月利10%や20%も稼げる日経225オプションで、低利率で安定的に運用するスタイルを取るには、多額の自己資金が必要です。

多額の自己資金を使ってレバレッジを抑えれば安定運用は可能ですが、サイズが大きすぎるためにほとんど行う投資家はいません。

一方で、銀オプションでは年利単位で考えるので安定運用が可能です。

このように1つのオプションという投資ジャンルであっても、狩猟型のようなアクティブ運用に向いている投資と、農耕型のように長期運用に向いた投資があります。

この記事では狩猟型と農耕型に分けて、オプション取引の特徴を解説します。

続きを読む

SPTN決算直前ロングストラドルで59%のリターンを得た方法

アメリカに上場している、SPTNというシンボルの会社をご存知でしょうか?

この銘柄は決算発表で荒れるので、決算発表直前にロングストラドルを組んだところ、今回の決算発表でも見事に荒れて株価が-20%超の暴落が起きました。

その結果わずか1日でロングストラドルの利益が出て利益率はなんと59%となりました。

投下資金が1.5倍になった計算です。その取引内容を公開します。

続きを読む

米国投資大全なら米国投資を1日で一気に学べる環境が手に入る

昨日、1日がかりのセミナー「米国投資大全」を実施しました。

このセミナーは興味がある方にだけご案内していた、1日で米国投資戦略をすべてインストールして翌日から実践に向かえるプログラムです。

1日セミナー代金と考えると今までの当協会のプログラムの中ではダントツの高額セミナーです。

しかし、これだけの濃い内容を網羅的に解説するのは他に例がなく、さらに1日でインストールできるのは他の機関では提供できません。

しかも話を聞いただけじゃなくて実行までサポートするプログラムですので、諦めてやらない環境を排除して確実に実行していただけます。

続きを読む

ノウハウを速やかにインストールするには個別勉強会が最適

1/26に「分散システム」解説セミナーを開催し、早速実践したVIP会員の方と個別ミーティングを行いました。

今はzoomという、オンラインの画面共有システムを使ってミーティングをしています。

スカイプような、回線がもっと安定したツールっていう感じですね。

非常に便利で、画面録画と録音ができるので、勉強会で学んだことの振り返りもすぐできます。

IB証券の発注ツールは多機能で複雑なので、私が

「こうやってこうやってこうやって・・・ほら出来たでしょ」

と簡単そうにやっても、いざ自分でやってみると思うように再現できないことがあるので、動画を録画しておくと、ゆっくり自分で見直せるから、学んだことが無駄にならずに済みます。

続きを読む

VXXBの運用方針はVXXと変わらないため従来通り取引可能

VXXは1月29日に満期償還されました。

なぜ償還されたかというと、ETNには償還期日があらかじめ設定されていて、満期が来たからです。

VXXはリーマンショックの後、2009年1月末に誕生しました。

その当時に発行会社であるBarclaysが10年後の2019年に設定していたため、その期日到来に従い償還が実行されました。

 

VXXは、正式名称iPath® S&P 500® VIX Short-Term FuturesTM ETNです。

 

VXXが償還されたためVXXの取引ができなくなりましたが、同じETNで同様の運用方針で運用される同じくBarclaysが発行するVXXBで同様の取引ができます。

推測ですが、VXXが誕生したときにはリーマンショックの変動後であるので、純粋な下落ヘッジ目的として使われることを想定していたのではないかと思われます。

また、類似商品が無かったため、お試しで10年の期日を設けて上場したのではないかと思います。

 

ところが減価するVXXに取引が集中して、今ではアメリカのETF(ETN)の中でも5本の指に入るくらいの流動性がある商品となり、お試し期間の10年を経てもなお活発に取引されるため、今度は満期償還日を可能な限り先延ばししてETNの償還が無いように設定しているのではないかと推測しています。

VXXBは2035年満期に設定されました。

しばらく償還されることはないと思われるので、今回のような同じような商品が同じ発行会社から登場することはないと考えられます。

 

VXXBは2018年に誕生していましたが、VXXの取引が活発な時期にはほとんど流動性がありませんでした。

特にオプションの流動性は低く、取引対象として魅力的ではありませんでした。

しかしながら、現在はVXXの取引が停止されたのに伴い、S&P500のヘッジ目的でVXXを購入しているファンドマネージャーなどがVXXBに流れたため、非常に活発に取引されるようになりました。

 

このVXXと同様にBarclaysが発行しているETNで満期償還されたのがVXZです。

VXZは同じ運用方針の銘柄でVXZBというシンボルのETNが上場されているので、引き続きVXZBで取引することができます。

ミニを保有してプットコールパリティするときのミニ枚数は合計10枚

もしプットオプションを1枚買っていて、ヘッジのためにミニ7枚を買っていた場合、プットがインザマネーになりプットコールパリティで損益を固定したいと思ったら、あなたはどうしますか?

プットコールパリティで損益固定するには、プットの売りポジションをミニとコールで作ればいいので、ミニを10枚買ってコールを売ることで損益を固定できます。

これがプットコールパリティの基本的な考え方です。

ですがミニ7枚をすでに保有しているなら、ミニは10枚も買う必要はありません。

わずか3枚買うだけでプットコールパリティが完成します。

そのほうがミニの売買枚数が減らせて手数料が少なくて済みます。

この記事を読めばなぜミニは10枚買うのではなく3枚買うだけで良いのか理屈が分かります。

続きを読む

ノックアウトオプションをミニサイズでカバードコールする方法

あなたは、IG証券が提供しているノックアウトオプションを使ったカバードコール戦略を、試しに小ロットで取引したいと思いませんか?

ノックアウトオプションは日経225オプションに比べて1/10の金額から取引できるので、実はかぶオプと同じサイズ感で取引可能です。

ですが、株式のノックアウトオプションは存在しておらず、カバードコール戦略を組んでみたくてもサイズが異なるため活用できません。

そこで、ノックアウトオプションを最低単位で取引して、カバードコール戦略を試せる方法があります。

それが、アメリカ株オプションを使った取引です。

この記事ではアメリカ株オプションとノックアウトオプションを使ってカバードコールを行う方法を説明します。

続きを読む

かぶオプと同じカバードコールが有効なノックアウトオプション

あなたはノックアウトオプションと通常のオプション取引の組み合わせで有利な戦略取れる方法を知っていますか?

それがカバードコール戦略です。

カバードコール戦略を組み合わせれば、ノックアウトオプションの損失限定と資金効率の高さを使ってレバレッジを高めつつ、コール売りのプレミアムを受け取ってコツコツと利益を積み上げていくことができます。

今22450円の日経平均株価で取引をすると、最低は約6万円で先物ラージ相当のポジションを建てることができて、89円のC22875を売れば、8.9万円を受け取ることができます。
今週末はSQ日なので、火曜、水曜、木曜とわずか3日間で400円の上昇が起きれば、値上がり益の40万円+コール売りのオプション料8.9万円の合計48.9万円を得ることができます。

もし相場の思惑が外れて下落した場合でも、ノックアウトオプションを使っていれば損失限定なので4.8万円の損失だけ。

このように資金効率を高めつつ値上がり益を増やすことができるのが、ノックアウトオプションを使ったカバードコール戦略です。

このカバードコール戦略はかぶオプで使えるのと同様に、このノックアウトオプションを現物株の代わりに保有しても、同じ戦略で利益を狙えます。

この記事ではカバードコール戦略とノックアウトオプションを合わせた戦略のメリットを解説しますので、あなたもすぐにこの戦略を組んでみたくなりますよ。

続きを読む

IG証券のノックアウトオプションは資金効率の高い取引が可能

今年の9月に新しくできた、IG証券の「ノックアウトオプション」をご存知でしょうか。

対象はFX、株価指数、商品などがあり、日経平均株価に対応した銘柄もあります。

この商品を使うと、今までにヘッジできない時間帯でも確実にヘッジ機能を果たしてくれる優れた商品です。

特筆すべき点は最大損失額が決まるために、必要証拠金を小さくできるためレバレッジを掛けることも可能な点です。

リスクコントロール手段の一つとして、最大損失額を投資家自身で設定して相場観を反映させた資金効率の高い取引を実現できます。

日経225オプションなどのオプションと何が違うのか、ノックアウトオプションの機能やコストについて解説します。

続きを読む