そろそろ確定申告の季節ですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

現在募集中の1/31の東京セミナーでは、
初めてオプション取引の税金についてお話しします。

ちょうどこの時期に開催の開催では
一大イベントである確定申告の時期でもありますしね。

 

 

このセミナー内容は当初予定してなかったのですが、
このような質問をいただいたことにより実現しました。

 

> オプションの収入を個人の副業として
> 雑収入として確定申告をする際、
> 必要経費に養成塾の受講費やセミナー受講費用を
> 含めることは出来るのでしょうか。

> 初めて投資で利益の申告を行うため、
> 教えていただきたく思っております。

 

利益が出ているんですね!
それはおめでとうございます!

さて、オプションの収入ですが、
雑所得で総合課税ではなく、
申告分離課税となり他の所得とは分かれます。

グーグルで検索すると
証券会社のサイトがたくさんヒットします。

 

 

 

先物オプションは分離課税なので、
税率20%で雑所得とは分けて課税されます。

その課税される所得というのは、

トレードによる収入-必要経費

となっています。

 

 

つまり収入を発生させるために
支払った支出であれば、経費となりうるんですね。

交通費も、
収入を生み出すための支出なら経費です。

 

懇親会は・・・その場がオプションの利益に
結び付くような経費であると証明できれば、
場合によっては認められるかもしれませんが、

そのあたりの税務に関しては
税理士さんなどが詳しいです。

 

というか懇親会は一般常識では
お酒の席なので勉強ではなく楽しむものだと思うので、
それくらい払えるくらい稼ぎましょう!
ということですね(^^)

 

 

今回のセミナーでは、
1時間税金の枠を取って、
このような税務のさわりを解説したいと思います。

確定申告の際の抑えておきたい
基本的なポイントに絞って解説しますので、
これで安泰じゃなくて確定申告に関する勉強は
しておいたほうが良いです。

このセミナーでは基本的な内容のおさらいなので、
すでに確定申告を何期もやっている人にとっては
常識的な内容となるかと思います。

(グレーゾーンを暴露する場ではありません^^;)

 

ちなみに損失がでた場合や、
利益を出すために支出した経費が
利益額より多い場合でも確定申告してください。

 

 

つまりオプショントレードを行っている方は全員必須なんです。
この確定申告の話は。

 

 

もちろん確定申告は全員が行うから、
自分で書籍を買って独学で勉強しても身につきます。

でもせっかくセミナーがあるんだったら、
オプションのスキルアップセミナーと一緒に学んで、
2月15日からの確定申告に備えませんか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら