ついに1位を獲得しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

今日、ようやくブログランキング1位を獲得しました!

非常に嬉しいです(*^▽^*)

 

これも読者さんのおかげでです(^^)v

 

証拠が見たい?

ここをクリックして確認してみてね⇒にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

今日のトレード記録

 

 

えーとですね・・・

肝心のトレードは喜んでもいられない状況です(--;)

 

 

先週末-100近くになり、

完全に損切りモード。

 

 

今日はポジションを組み替えました。

 

・市況概況

日付 日経平均終値
 11/8(SQまで3日)   9,733円(前日比+107円 )

 

 

 

・取引履歴

 

 権利行使価格   枚数   約定価格   取引区分 
11C9,250 1 460 買戻
11C9,750 -1 70 新規売建
11C9,750 -1 75 新規売建

 

 

 

 

・後場終値時点のリスク感応度

 デルタ   ガンマ   セータ    ベガ  
-79 -81 +60 -15

 

 

 

・後場終値時点の値洗いと証拠金

 値洗い   -108 
 必要証拠金   651,594円 

 

 

 

今日のポジションの狙い

 

 

今日は反省&読者さんにはこうして欲しくないという意味を込めて、

私の考えを書きます。

 

 

 

まず、本当の損切りであれば、

全部決済して負けを認めるべき。

 

 

そうしないのは、やはり心のどこかで

「上げすぎだからさがるだろう」

という思いが捨てきれないから。

 

 

 

まぁそれはそれでいいんですけど、

気をつけたいのがレシオスプレッドの建て玉の枚数

 

 

 

今回は460を買い戻して、70と75を売りました。

 

 

初心者の方でやりがちなのが、

損失を取り返すには、ここで持ち出しは嫌だな。

70×7枚売って、少しでも受け取りにしておこう

と考えてしまうこと。

 

 

ここにきて悪あがきで

【レシオスプレッドはクレジット(受け取り)が基本】

という言葉を引用して枚数で稼いでしまう。

 

 

そうすると、セータは大きくなりますが、

デルタもしっかり大きくなります。

 

今の9,750がATM=デルタ50と考えると、

50×7=350。

 

買い玉が仮にデルタ100だとしても、100-350=-250

 

先物2.5枚分のポジションの完成です。

 

 

 

そこまでリスクを取る勇気がありますか?

そしてそれは望む結果でしょうか?

 

 

 

そう考えると、

無理にクレジット(受け取り)を狙うと、

本当に痛い目に合います。

 

まぁもしかすると市場が反転してうまくいくかもしれませんが。

けどそうやって綱渡りをし続けたら結果は見えてますよね?

 

 

なぜそうやって綱渡りをするのか。

理由は一つ。

自分で負けを認めていないから。

 

これに尽きます。

だから値洗いが悪化したときは素直に負けを認め、

損切りシフト=損失を少しでも減らして撤退する ことを考えましょう。

 

 

こういう状況もあるので、安易に【レシオスプレッドはクレジット】説を

信じるのは危険かなと思っています。

 

 

 

 

 

なんて偉そうにいっておいて、

今日のポジションは心の葛藤に負けました。

 

11C9,750を2回に分けて売っているのは、

うまく利益を出すためでもなんでもなく、

ただ下落を望んでいたから。

 

 

 

本来なら1枚目の70を売ったところで

デルタニュートラルに近くなり、

(0ではないのは承知ですがリスク指標の計算が出来ないためみなしです)

市場に対して時間の経過だけを望むポジションになったはずですが、

悩んだ末にさらに売ってしまった・・・。

 

 

私も破滅への綱渡りを始めちゃったということです(´ヘ`;)

 

「7枚も売ったわけじゃないから良いじゃないか」

 

と自分に言い訳をしながら。

 

 

 

この辺が私の詰めが甘いところですね。

何度もやられているのに。

 

まぁ何度もやられたのはクレジットを狙っていた

まさに【初心者】の私の時ですけど(^^;)

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

なんかブログ書いてて、

すかさず手仕舞いしようかななんて思い始めました(ノ_-。)

 

まぁこうやって危険な行為だということを気づけた(再認識できた)

ので良しとしましょうか・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket