オプションの優位性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

> お話では株式投資よりも数段優位性のある投資方法であると聞いたことがあり、興味は持っております。
> そこで質問をいたします。
> 上記の「優位性」とは具体的にどのようなことか。また、オプションのシステムが理解できていないのですが、「損失が無制限」の意味はどのような時に起こりえるのか教えてください。

 

優位性と一言で表現するのが難しいくらい
色々とあるのですが・・・

わかりやすく説明すると、
株には時間経過だけでは価格が変化しませんが、
オプションは時間の経過が重要な要素となります。

 

オプションの買い方は時間経過が不利な一方で、
相場の方向性にかけると株よりも利益が大きくなるレバレッジがかかります。

 

一方で売り方は「保険商品」を販売する保険会社のように、
何事もなければ保険料という収入がコツコツと手に入ります。

 

 

株は上がるか下がるかの方向性だけですが、
オプションの場合は方向性の他に、
その変動量の大きさ、
先ほど説明した時間、
そしてオプション特有のボラティリティという一種の人気投票(オッズ)のようなもの
これらがからみ合って価格が形成されるので、
複雑だと思われる一方でお互いがヘッジしあうので損失をコントロールすることもできます。

 

「損失が無制限」というのは、
株の場合は買った金額が最大損失ですが、
先物など証拠金売買の場合は日経平均が0円になるまで損失が膨らむ可能性があり
(あくまで可能性の話であって現実は過去に7000円までしか下がってませんが)
この損失が無限大というのは、買った額以上に損失を受けることがあるということを指しています。

 

もっとも今から株価が5000円も上下するかというとそんなことは滅多なことじゃ起きませんが、
その万が一でも起きる可能性がある場合にはその損失の芽を潰しておこう、
というのがまさにヘッジの考え方になります。

 

 

このヘッジ(保険)を掛けるのがオプションの買い、
逆にヘッジを売るのがオプションの売り、
こんなふうに表現されます。

そしてオプションは買うか売るかだけじゃなく、
組み合わせることで損失を限定にしたりもできるので、
とても自由度が多いトレード商品なんですね。

 

これが株にはない優位性かなとも思います。
覚えることが面倒と感じるか、「え?そんなことも出来るの?」となるかは個人の感じ方ですが、
私は後者の方でしたよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら