オプションは理系のためのものでしょうか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

ブログで情報を発信して、

いろいろな悩みや質問をいただくことが増えてきました。

 

 

このあいだ、

「オプションは理系のためのものでしょうか?

数学苦手な私には無理でしょうか・・・」

というコメントもいただきました。

 

そんなことないですよ~\(^▽^)/

今日は私の持論を書かせてもらいます(*’ー’*)

 

ではではクリックをお願いします~(-人-)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

 

オプションは理系のためのもの?

 

 

オプショントレードには何かと数字が絡んでくるし、

ギリシャ文字なんかも全て数字ですから、

数字が苦手な方には向いてないかもと思うかもしれません。

 

 

でも、私はその考えは否定します。

 

 

 

だって、

オプショントレードで利益を上げている人が理系の人ばっかりだったら、

サブプライムショックなどの大暴落の時にどうしてIVが跳ね上がるか、

説明がつかないじゃないですか!

 

 

理論的にはHVに近くなるはず、

なのにIVが暴騰するのはどうやって数字で証明するのか??

 

 

 

オプションに使われる数字は、

ただ単に今の事実を理解しやすくするための

共通言語として、数字を使っているだけです。

 

 

 

たとえて言うなら、

オプショントレードするのに

ネット証券を使ってオンライントレードをするか、

電話で発注をかけるか、

という違いのようなものです。

 

 

オンライントレードのほうが約定がわかりやすくて

非常に便利なことは間違いないですが、

かといって電話で発注かけたら

オプショントレードできないわけじゃない。

 

 

 

 

一見不便に思える電話発注も、

焦る気持ちを抑えるためには非常に役に立つかもしれない。

 

 

 

確かに数字が得意であることは

オンライン証券のように手軽に取り組めるし便利かもしれない。

 

ただ、それが全てではないですよね?

 

 

 

 

オプションの理論式はブラックショールズ式を使っていて、

この式が数学で出来ていて、

世間一般にこの式が常識とされているから、

世の中の現象をこれに当てはめているだけです。

 

 

私もこの式の私なりの説明をブログに書いているだけなので、

極論を言えば

「BS式で勉強して!はい終わり!!」

となっちゃいます(゜▽゜;)

 

 

 

 

 

私のブログは主に文章で出来ています。

 

数字で表されるオプションの現象を、

極力文字にして分かりやすく書いているつもりです。

 

 

数字の意味を文章として理解できているなら、

それはすでに数字が好きだ嫌いだという次元を超えてますよね( ̄ー ̄)

 

 

 

それに、論理的思考を自分の中で筋道を立てていくのは

文系の得意分野では??

 

(私は理系なのでそんなに自信ないですorz)

 

 

 

さらには、理系の考えだと数字が全てです。

 

そんな考えで【思惑】をどうやって数値に出来るでしょうか?

 

 

 

これがあるからオプションは面白いし思い通りにいかない。

この【思惑】こそがオプションのキモなのに、

理系の頭だと抜け落ちちゃうんです。

 

 

 

 

それに以前の記事にコメントいただいた

HVが対数正規分布ではないのか?

という質問。

 

 

 

もしみんな理系で全て同じ計算を元に思惑を排除していたら、

対数正規分布か正規分布かは重要かもしれない。

 

 

 

けど実際はみんな理系じゃないし、

そもそもこのHVの出し方は合っているかどうか、

証明しようがない( ̄Д ̄;)

 

(いや、ホントに、私のHVの値が正しいのか、

証券会社の値が正しいのか、誰がどうやって証明できます?)

 

 

 

だから、ぶっちゃけ出し方だとか細かい数値は

最初の段階ではあまり重要じゃなく、

HVという指標を見ている人が多いんですよ。

ということが分かればいいんじゃないかと思っています。

 

だって本当の答えは

誰にも分からないんですから!

 

 

あ、あえて言うなら

「最も使っている人が多い計算式」

が本当の答えになるかもしれませんね^^;

 

 

 

 

私の持論としては、

オプショントレードをするのに理系だとか文系だとか

関係ないと思っています。

 

 

確かに最初の取っ掛かりは

理系のほうが数字に慣れている分、楽かもしれない。

 

 

 

けどトレードするのに、

相手は『市況』であり『人』です。

 

 

コンピュータ相手じゃないんだから、

絶対ということは起こりえない。

 

 

 

その『人』が生み出す【思惑】をどうやって処理するか、

これがオプショントレードで大切なことであり、

それは理系でも文系でもなく、

「オプショントレーダー」としての素質なんじゃないか、と思っています。

 

 

 

 

最後はかっこよく言っちゃいましたが、

要は理系文系かかわらず、

熱意を持って真剣に取り組める人が

勝ち残るチャンスを増やすことが出来る

という世界なんじゃないかなぁ

と、私は思います。

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

このようなことを考えるきっかけになるので、

本当に読者さんには感謝しても足りないくらい

たくさんの情報をもらっています。

 

 

私が情報を発信しているのに?

 

そう思うかもしれませんが、

実際に読者さんの声で気づかされることや

改めて調べることが多いんですよ(^^)

 

 

なので、ブログを始めてから

オプショントレーダーとして一層成長できている気がします♪

 

みなさんに感謝感謝です(-人-)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket