オプショントレードに先物の知識が必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

質問をいただきました。

> オプションのことを知り、どういったものかを調べ始めて2週間程です。

> 私は、くりっく株365をしており、そのリスクヘッジでオプションを使えたら良いかと思い、オプションの勉強を始めました。

> 取引サイトなどで日経先物225とセットになっている

> (口座カテゴリーが同じというか、損益が一緒に計算されるというか…)印象ですが、

> オプション取引をするにあたって、日経先物225に関する知識も持っておくべきでしょうか?

ご質問ありがとうございます。

 

くりっく株365のヘッジとしてのみ使うのであれば、
この養成塾で12章全て学ばなくとも
そのヘッジの仕組みは理解できると思います。

 

カバードコールとか、プロテクティブプットという言葉で
よく紹介されます。

 

初級講義でも出てきたと思いますが、
オプションは先物のヘッジとして生まれ、
1:1の関係です。

 

 

ですのでくりっく株365が10枚に対してオプション1枚が比率になるので、
365が1枚のヘッジとしてオプション1枚はかなり過多となりそうです。
カバードコールとか、プロテクティブプットで考えると。

 

 

そこで今の権利行使価格が遠いプットで、くりっく株3651枚相当の(つまりデルタ0.1の)
オプションはどれか、これをポジションに組み込むとどうなるかということが
オプションの醍醐味かなと思います。

 

 

オプション取引にあたり、くりっく株365と取引するのに
株価の動きなどの知識があれば、
特に先物の知識というのは新たに無いですよ。

 

 

日経平均に連動して各種パラメータや価格が動くんだということがわかれば、
学んでいく中でそんなに先物の知識がいらないってわかると思います。

 

 

もちろん相場を読む上でテクニカル分析の知識は
無いよりもあったほうが良いと思いますが、
それはくりっく株も先物も一緒ですよね。

 

証券会社では「先物・オプション口座」となるので、
常にセットとして考えれますし
先物のヘッジとして生まれたのがオプションだということを考えると
まあ間違ってはないかなと思いますが、
この養成塾で学ぶのはオプションをメインに、そのヘッジとして先物を使うという
先物が従の関係というか、調整に先物(特に先物ミニ)を使うという感じです。

 

先物の知識という言葉が
「上がるか下がるか当てる」というスキルを指していれば、
それを当てなくていいのがオプショントレードの戦い方でもあるので、
そういう意味では知識がなくても大丈夫かなと思いますよ。

 

 

なんか漠然とした言い方になってしまいますが、
私は株で損していきなりオプショントレードです。

先物経験なしでやってますよ。
(まあ私のやり方が参考になるかどうか、それは別問題ですけど^^;)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら