カバードコールの先物損切りのタイミングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

 

今日はカバードコールについて、

損切りのタイミングの質問が来たので

ご紹介します。

 

 

  ■

 

 

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

下記のポジション建てたとします。

 

9月限ミニ先物買い2枚@10025

9月限コール10500売り1枚@75

 

この場合、先物価格が下落した場合の

先物側の損切り価格の考え方ですが、

下記の考え方は妥当でしょうか?

 

先物の約定価格ー(受取プレミアム÷先物建て玉枚数)

 

今回のケースでは、

10025-(75÷2)≒9985

 

以上、宜しくお願い致します。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

 

一見、損失が出ないように計算しているので

よさそうに見えますよね?

 

私もこのような考えをするときはあります。

 

 

では私の回答です。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

お問い合わせの件ですが、

この文面は先物ミニではなく先物の場合ですね。

先物ミニについては後述します。

 

 

 

もしこの戦略でトレードに臨むとしたら、

 

「先物を9985円で売り指値しておけば損失は出ない」

 

と考えているんじゃないでしょうか?

 

 

その場合、

寄り付きのギャップや、

悪材料が伝わって

一瞬だけ日経平均が落ち込んだら、

その指値が約定してしまいます。

 

下ヒゲが出る状態ですね。

 

 

そうするとネイキッドコール売りだけが

残されることになり、

日経平均の上昇サイドに

耐えられなくなってしまいます。

 

 

だから、

日経平均がずるずる下がって

9985円を超していくなら

この値段で待っててもいいかもしれません。

 

しかし、10025円の先物買いに対して

9985円の指値という、

40円しか幅がないところで

勝負するのは危険です。

 

一瞬で40円は動いたりしますから。

変なところで指値が約定して、

すぐ日経平均が戻ったらかなり悔しいですよね?

 

 

 

この値段で待っていれば

下落した時に損失は無い戦略なので、

一見良い戦略に見えるかもしれません。

 

けど、相場は上下に動くものなので、

先物を決済した後の上昇にも耐えられるか?

を考えたほうがいいですよ。

 

 

 

 

もう一つアドバイスすると、

時間の考えも必要です。

 

オプション売りのプレミアム75円で

引き算しているということは、

SQ時にコール売りがOTMになって

権利消滅するという想定だと思います。

 

 

けど、実際はSQに日経平均が9985円になって

先物を決裁すると決まっているわけではなく、

もっと手前で到達することも考えるべきです。

 

 

 

そうなるとその段階でのプレミアムは

まだ残っているので、

先物を決裁した段階でオプションも決済したら、

プレミアムの差額が75円も手元に残らないはず。

 

プレミアムが30円残っていたら、

75円-30円=45円

になっちゃうので、

残りの30円が0円になるまでは

じっと耐えるしかなくなります。

 

 

 

時間の考え方として

9985円になるのはいつなのか?

ということも重要です。

 

仮にSQ前日なら、

もしかするとコール売りは

大丈夫かもしれない。

 

でもSQまでにかなり時間があったら、

ネイキッドコール売りは

どっちに転ぶかわからない。

 

そう考えると、

単純に9985円で損切りすればいいやではなく、

「いつその価格になれば損切りして安心なのか?」

も見ていたほうがいいです。

 

それがオプションの重要な

時間を考えるという性質になります。

 

 

 

 

一番重要なのは、

 

「思惑通りに動いたらどうなるか?」

「思惑と逆に動いたら最悪時にどうなってしまうのか?」

 

ということを考えてみることです。

 

 

今回の例で言うと、

日経平均が思惑通り下落し続ければ、

9985円で損切りしておけば

それ以上の損失はないでしょう。

 

しかし、

その後反転して上昇するかどうか、

反転するだけの時間が残されているかどうか、

そこまで考えてみると

リスクが分かってくると思いますよ。

 

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

 

 

私がこの読者さんのように考えるときは、

ファーアウト・オブ・ザ・マネー(F-OTM)を持っていて、

時間や日経平均の動向を見て

 

「ここまでは達しないだろう」

 

と判断した時にネイキッドで持ったりします。

 

 

そのような確信がない時は、

ATM付近でのネイキッド売りになるポジションは、

私は恐くて持てないです^^;

 

 

 

先物の動きを読めるのであれば、

ATM付近でも安心して売ってもいいですが、

私はどっちに転ぶかわからないと思っているので、

オプションでデルタを低くして

他で利益を出せるように考えています。

 

 

質問者さんの先物ミニの損益については、

こちらに記載しました

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket