ガンマが何で変化するのか、グラフで表してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

先日、私が提供している無料レポートのダウンロードのコメントで、

こんなコメントををいただきました\(^▽^)/

 

本サイトは、すごく読みやすい文章で説明されていると感じました。

更新など大変だと思いますが、今後とも、わかりやすい説明をお願いします。

 

・・・嬉しいです!(≧∇≦)

 

 

私はブログを初めて間もないですが、

自分なりに一生懸命分かりやすく書いているつもりです。

 

その頑張りを「すごく読みやすい文章で~」と誉めていただけると、

やってきたことは無駄ではなかったなぁ( ̄ー ̄)と感慨深いキモチです。

 

 

いつも読んでくれている方も、

是非ゼヒこのような応援をしていただけると、

今後のブログ運営も一層頑張っちゃいます♪

 

応援を表すには・・・メールやコメント書き込みも大歓迎ですが、

最も手軽なのがこれっ! 応援ポチッ!⇒にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

押していただけるとこれからモリモリやりまっせ(*’ー’*)

 

 
ガンマの推移

 

 

ガンマはこの記事に示したように、

 

原資産が100ポイント動いたらデルタはいくら変化するのか?を示した数値

 

なので、ガンマを注意していればデルタの変化をすぐに評価できます。

 

 

 

 

よってデルタニュートラル(=デルタをゼロにする)のポジションを

維持するのに役立ちます。

 

 

というか、デルタニュートラルを維持しようと思ったら

ガンマは必ず見ておかなければなりません(^^;)

 

 

 

 

そこで、いろいろなパラメータがガンマにどのように影響するか

グラフで見てみましょう。

 

まずは原資産との関係

横軸、縦軸の数値はイメージです。

原資産価格が100って何!?なんていわないでね(-人-)

一応今が原資産100をアット・ザ・マネーにしていると考えてください。

あくまで概念を知るためのイメージですよ!!!

 

90と110の点線は、原資産がアット・ザ・マネー(90と110)に近づいたときのイメージです。

(100のときと山の高さが違うのは気にしないように。あくまでイメージ♪)

 

 

 

 

 

これを見て分かることは、

オプションのガンマはアット・ザ・マネーで最大になり、

オプションがイン・ザ・マネーあるいはアウト・オブ・ザ・マネーになるほど

徐々に小さくなることを示しています。

 

つまりアット・ザ・マネーが最大のガンマを持っている、と覚えてください。

 

 

 

続いては残存日数とボラティリティとの関係

ここでも原資産のアット・ザ・マネーは100と仮定しています。

 

 

これから分かることは、

アット・ザ・マネーのオプションのガンマは、

満期が近づくかボラティリティが低くなると劇的に増えることを示しています。

 

 

 

90と110の点線は、今度はアット・ザ・マネーが100のときに

満期が近づいたりボラティリティが低くなるとどうなるかという推移を表しており、

アット・ザ・マネーでないと急速に減っていくことが分かります。

 

 

 

以上より分かることは、

 

当初のポジションではガンマが小さかったのに、

時間の経過あるいはボラティリティの変化で急激に拡大する可能性があるということです。

 

 

よって、ポジションのガンマを常に監視して、

リスク特性が確実に許容範囲内にとどまるようにしなければならないのが、

ガンマを扱う上で非常に重要なことになります。

 

 

 

 

あとがき

 

 

無料レポート請求などでメールアドレスを送ってもらっていますが、

もちろん悪用はしませんのでご安心を(^^;)

 

といってもそこは信用してもらうしかないのですが、

いただいたメールを見ると少しは信用してもらえているかな~なんて

勝手に思っています。

 

本当は無料レポート請求いただいた方や、

個別にメールいただいた方限定の情報配信!なんて出来たらカッコイイんですけど、

日々のブログでヒィヒィ言っているので、

そんなことをやるのはまだまだ先かな~と思っていますm(_ _)m

 

 

そのうちブログで書かなかったことなどをメルマガ形式で発行できると、

もっと情報をシェアできるかななんて思い、メルマガを少しずつ勉強中ですφ(..)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket