ショートストラドルの損益分解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

 

この記事の続きです。

 

> とある日、以下のようなリスクパラメーターのポジションを持っていたとします。

> コール 売り 16枚 デルタ-3.92 ガンマ-1.08 ベガ-117.08 セータ+261 IV19.98% 建値65円

> プット 売り 39枚 デルタ+3.65 ガンマ-1.24 ベガ-151.76 セータ+378 IV22.53% 建値24円

> というSSを金曜日に建てました。

> そして、週明けの月曜日、先物が「-530」という急落になりました。

> コールのIVが19.98から29.71へ。 プットのIVが22.53から33.29にあがりました。

> この時の損失は、計算上でどのようになりますでしょうか?

> 自分でも何度も計算しているのですが、計算上の損失と実際の損失がまったく違う数値になってしまいます・・

> 実際の損益は コール側で+704円(21円で決済) プット側で-6154円(205円で決済)

> 私の計算だと、コール側なんてIV盛りすぎでマイナスになってしまうのですが・・

 

前回はリスク指標の単位を修正しました。

 

前回の記事ではコールのリスク指標を1枚当たりで考えていたので、16枚に直すと

 

デルタ-3.92

ガンマ-0.0108

セータ+261

ベガ-117.08

 

 

 

 

このリスク指標で損益分解をしてみましょう。

 

デルタ分=-3.92*(-530)=2077

ガンマ分=1/2*(-0.0108)*(-530)^2=-1516

セータ分=261*3日=783

ベガ分=-117.08*(29.71-19.98)=-1139

 

合計 2077-1516+783-1139=205円

 

 

 

同様にプット側でも計算してみると

デルタ分=3.65*(-530)=-1934

ガンマ分=1/2*(-0.0124)*(-530)^2=-1741

セータ分=378*3日=1134

ベガ分=-151.76*(33.29-22.53)=-2751

 

合計 -1934-1741+1134-2751=-5292円

 

 

 

このようになりました。

 

 

 

実際の損益に対して、まだ大きな開きがありますね。

これについて考えてみましょう。

 

 

 

  ■

 

 

 

実際には、変動があった時には

リスク指標そのものも変動します。

 

例えばベガだけで見ても、コールのIVが19.98から29.71に約10%増えています。

 

それにたいしてプレミアムが65円でベガが1枚当たり-7.31なので、

ベガの損失だけで-7.31*10=-73.1円となりプレミアムがマイナスに突入してしまいます^^;

 

もちろんそんなことはなくて、

日経平均の動きに合わせてベガが変動して小さくなっていっているんです。

 

 

 

ガンマも同様です。

デルタの変化率はガンマで表されますが、

そのガンマの変化率は?というと、この損益分解では出てきません。

 

ガンマを踏まえたシュミレーションって出来ないのかと質問されることがありますが、

できなくはないんだろうけど、

私のスキルだとガンマの変動自体をシミュレーションする方法が分からないというのが正直な答えです。

 

これが分かると損失回避とかうまくやれるのかもしれませんが・・・

とても数学チックな話になっていって「オプションで稼ぐ」とは別になっていくので、

私は深入りしてませんよ。

 

 

特に権利行使価格250円以上の変動があった時は、

一度リスク指標から離れてポジション調整をするか手仕舞いや縮小をしたほうが良いです。

 

なんでかっていうと、

今の状態で隣の権利行使価格って必ずリスク指標が違いますよね?

コールのATMは

デルタ+50

ガンマ+2

セータ-3

ベガ+7

 

だったらOTMは

デルタ+45

ガンマ+1.7

セータ-2.6

ベガ+6.5

とか。(数値は適当です)

 

そう考えると、単純に今の状況と全く変わらずにATMが隣の権利行使価格に移れば、

それだけいろんなパラメータが変化するわけです。

 

もちろん原資産の変動を伴うのでデルタは変動して、

それにガンマやセータ、ベガも数値が変わってきます。

 

IVも変化していくはずだからまた数値が複雑になっていきますよね?

 

 

そうすると理論で説明できる範疇を超えて、

とても複雑な計算が必要になってくるはずです。

 

もっというと250円刻みじゃなくても

100円刻みでも微妙な誤差はあるし、その積み重ねは1円の変動でも起きるはずだから

1円ごとに再計算をするのが最も正確になります。

 

 

 

でも私はオプションで稼ぐことにフォーカスした場合に、

ある程度のずれは許容して稼げる戦略を考えたほうが良いんじゃないかと思っているので

だいたい100円程度の動きでは無視して、200円を超えたりするとみなおしたりしています。

 

 

 

この複雑な計算をやってくれるソフトはあるかもしれませんが、

残念ながら私は知りません。

 

 

 

 

  ■

 

 

 

 

ショートストラングルでこのような経験をされると、

結論としては「売りは恐い」となりますよね。

 

私も同じような経験を数多くしています。

 

オプション売りって想定の範囲を超えて変動すると、

何が起きるか把握できないんです。

 

それについて事細かに(自分の心境や証拠金の増大の流れなどを含め)ブログには書いてなかったのは

読者さんに対して不親切だったのかもしれませんが、

書籍にも「売りは難しい」と書いてあるし損失無限大という言葉にも表れていると思っています。

 

あ、あとブログを始めてからそのような大変動を売りのみで迎えていないから

書くきっかけが無かったというのもありますね^^;

 

 

 

私の経験として今振り返れば「売りは恐い」ということを書けますが、

未然に啓蒙していく、しかも大暴落の直前にうまく伝えるというのは難しいです。

 

「だから売りは恐いって言ってるでしょ?」なんて日頃から言っているわけじゃなくて

適切な損益分解をすればリスクが把握できるんですよと伝えているので、

今回の例のような大変動の時には、リスク分析を超えた損益が発生するのが事実です。

その点をうまく伝えられていないのは反省すべき点だと思います。

 

 

それでも通常時にリスク分析をしなくていいかというと

リスク分析をしないと上がるか下がるかの賭けになってしまうので、

大変動時には理論が崩れることがあるのが分かってても

やっぱりリスク分析が重要なんじゃないかと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket