デビットスプレッドでも株に比べてレバレッジがかかるんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

7/26のセミナーでは、
ATMの300円の価格を売買するのが怖くて、
どうしても50円以下のオプションを売買してしまうという方にこそ
今回のセミナーを受けてほしいということをお伝えしました。

 

 

今回のセミナーは損失限定のポジションを
作れるということが一番のポイントです。

 

 

ただ、損失限定という言葉を聞くと、

「株やFXでロスカットすれば同じじゃん」

という声もありますが、

株やFXというのは例えて言うなら

 

「1馬力」

 

なんですね。

 

 

 

投資した金額に見合った金額で上下するから、
確かにロスカットすればいいのだけど、
ロスカットしやすいということは裏を返せば上昇時の利益も取りにくい。

 

一方で先物は、
証拠金取引で自分の資金以上のトレードが出来るから
10馬力あるとしましょう。

 

そうすると上がるか下がるかが、
株に対して10倍もの影響が出てきます。

 

 

ということはロスカットを相当シビアにしないと
急落急騰で損が膨らんでしまう危険性があります。

 

さらには、相場のちょっとした変動で、
ロスカットラインにかかってしまう可能性があります。

 

 

 

 

具体的にあげると、
損切りラインを6万円だとします。

このとき原資産価格が15000円でした。

 

15000円で先物をショート(売り)にしていた場合に、
ロスカットラインは6万円の損失のライン、
つまり15060円となります。

 

 

ということは、寄付きでちょっと高くなっただけで
すぐロスカットにかかってしまい、
もし相場がすぐ下落しても一度ロスカットしたので
相場は読み通りに下落したとしても
ロスカットした負けだけが残ります。

こういった相場のこのブレが損失となるので
極力損切りを入れたくないのですが、
かといってロスカットをしないで
もし相場が上昇して15200円になったら、
-20万円と損失額が増えてしまいます。

 

 

 

もしこれが株のような1馬力の株の場合は
6万円というロスカットラインを設定すると、
15600円まで上昇しても耐えられます。

 

先物は10馬力に対して株は1馬力なので、
このようにロスカットラインも10倍離れてます。

 

 

 

1馬力の方がロスカットまでが幅広いのですが、
逆に利益を出そうとすると6万円の利益が出るには
14400円まで下落しないといけないので利益確定ラインも遠い。

 

つまり100円くらい変動したところで、
1万円の損益しか出ない。

 

 

こうやって1馬力と10馬力では損益の出方が10倍違うため、
当然10馬力の方が損益は大きくなります。

 

これをレバレッジと言いますね。

 

 

 

 

このレバレッジを最大に生かすと、
利益が大きくなるが、損失も大きくなる。

そこでオプションの登場なんです。

 

 

 

 

オプションを使うと、10馬力でいながら、
損失限定ポジションを取ることが出来ます。

しかも、ロスカットラインに達したら損失確定で終了・・・
じゃなくて、
損失限定なんだからロスカットラインに達しても、
しばらく様子を見て
戻って来てくれるのを待つことが出来る。

 

つまり時間という考え方を入れることで
収益が出るチャンスが
まだ可能性として残っているということなんです。

 

 

車で例えてみると、
株はアクセルを踏まないクリープ現象で
ゆっくり発進するイメージ、
先物はフルアクセルで突き抜けるイメージ、
オプションの今回の戦い方は
フルアクセルで踏み込みながらも
ブレーキべダルも一緒に踏んでいるから、
ブレーキを調整することでフルアクセルにも
クリープ発進もできるという感じ。

 

 

もちろんこれは例えですが、
先物は単純なレバレッジがかかるから、
株やFXでトレードしている方にとって

「なんとなく危ないイメージ」
「損失無限大で怖い」

というイメージをもたれるかもしれません。

 

 

ですがオプションは
ブレーキを踏みこみながら調整できるし、
今回のセミナーの手法を採用することで
ブレーキアシストが付いていて
自動で事故を回避する
という機能が付いていると思ってください。

 

 

 

もちろん投資なので損失可能性を
0%にすることはできませんが、
年間を通してテクニカル分析で
勝率7勝5敗になれば利益が残るということで、
これまでの投資とはまた別の戦い方ができるんですね。

 

 

 

この戦い方では、
1日ごとに相場変動で一喜一憂しないで、
もっとゆっくりと構えることが出来ます。

 

もちろん自らあくせく調整をして
何とか利益を出すこともできますが、
1回損失になっても確率が味方すれば
トータルで利益が残せる可能性があり、
そして

「一発退場が無いレバレッジを掛けた投資」

ができるんです。

 

 

もちろんオプショントレードを学ぶと、
これまでオプションで語られるような
相場の上下だけではない戦い方も
身に付けられますが、
今回のセミナーは
まずはオプションの世界を知ってもらい、
そして魅力を感じ取ってもらいたいというのが
第一目標なんですね。

 

 

ですので今回のセミナーは

「勝率○%、月に1回トレードするだけで
○%の利益が出る手法を教えます!!」

という趣旨ではなく、
あくまでタイトルにあるように損切りが無い
オプショントレードを
知ってもらおうというだけです。

 

 

というか戦い方についてはデビットスプレッドで、
テクニカル分析を用いようということは
すでに案内ページに書いてあるので、
特に秘策を伝授するわけではありません^^;

 

 

まっとうなオプションの使い方を、
テキストではなかなか腑に落ちる
理解まで出来ない方に、
セミナーという形で受講してもらおうということです。

 

だからバックテストによってどのくらい収益があったか、
このトレードの勝率はいくらか、
年間利回りは今の相場でどのくらいかということを
伝えるのが目的ではなくて、あなたに

 

「オプショントレードって面白そうだし、思ったより危険じゃないね」

 

と感じてもらうことが目的です。

 

 

 

 

トレードの勝率や年間収益を見せて、
それによって「このやり方なら利益が出ますよ」
というセミナーや教材が多いので
どうしても勝率に目が行ってしまうのはしょうがないのですが、
今回の趣旨はテクニカル分析の的中率と、
オプションの特徴である損失限定ポジションを組み合わせたら
約6割の的中率でも利益が残るんですよという内容になります。

 

ルールを決めて、それに従えば
過去何年間はこのくらいの収益が残ってます、
というのは急にそのルールが
通用しなくなるか分からない可能性があります。

 

また、損が増えた時に
ルール自体が悪いと判断したら、
それでおしまいになってしまいます。

 

ということは
あなたのスキルとして身に付かないで
終わってしまいますよね。

 

 

 

 

私たちが投資をする際にはただ売買指示を出されて
それを買っておしまいではなく、
何かしら売買サインを見つけたり、
売買の心理を克服したりと、
知的労働というか頭を働かせてその知恵で利益を出すことだと思うんです。

 

その「自分で考える」ためのスキルを身に付けるのが
このセミナーの目的でありますので、
必ず儲かる魔法の手法があるわけではありません。

 

今回のセミナーもオプションの基礎的なことから始めますので、
オプショントレードに興味がある方、
やってみたいと思っているけどなかなかきっかけが掴めない方に
参加してもらえればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら