デビットスプレッドの証拠金について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

前回いただいたITMのクレジットスプレッドは

デビットスプレッドと同一という点について、

更に質問を頂きました。

 

> ご返信頂き、ありがとうございます。
> ITMコールでやるとプレミアムを先にもらって最後に取られるかどうかで、OTMプットでやると先にプレミアム払って最後にもらえるかどうかという順序の問題ですね。

> ちなみにITMコールでやると先にプレミアムをもらえるわけですが、これによって証拠金が有利になりますか?それともOTMプットでプレミアムを払う場合と証拠金的には同じでしょうか?
 

 

そうなんです。
クレジットで先に受け取るか、デビットで先に支払うかですが、
損益に着目するとその効果は一緒なんですね。

 

 

 

証拠金についても全く一緒になります。

もし証拠金が異なるなら、
安い方を選択する人が増えてその差がなくなりますよね。理論上は。

 

 

125円幅のデビットスプレッドの最大損失は125円です。
どんなに相場が変動しても最大損失は決まっているので、
証拠金は最大損失の125円(12.5万円)までしかかかりません。

もしクレジットスプレッドで受取額があるなら、
その受取額+12.5万円ですね。

デビットスプレッドで支払いがあるなら、

12.5万円-デビット分が最大の必要証拠金。

 

 

証拠金はオプション投資家養成塾の第11章で行いますが、
最大損失が書く指定しないポジションにおいては
SPAN証拠金による計算でおおよそのリスクを分析して
証拠金を要求されますが、
今回のデビットスプレッドやクレジットスプレッドのように
最大損失が決まっている場合にはそれが証拠金の要求最大額になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら