ベガの合算による損益分析のズレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

 

ベガに関する質問をいただいていますので紹介しますね。

> とある日、以下のようなリスクパラメーターのポジションを持っていたとします。

> コール 売り 16枚 デルタ-3.92 ガンマ-1.08 ベガ-117.08 セータ+261 IV19.98% 建値65円

> プット 売り 39枚 デルタ+3.65 ガンマ-1.24 ベガ-151.76 セータ+378 IV22.53% 建値24円

> というSSを金曜日に建てました。

> そして、週明けの月曜日、先物が「-530」という急落になりました。

> コールのIVが19.98から29.71へ。 プットのIVが22.53から33.29にあがりました。

>

> ベガなどについても、こちらのサイトの説明ですと、

> 単純にIVの差引の数字にベガの数値を掛けて求めていますが、

> ベガの数値も変化していくので、変化率を考慮した計算をしないと

> 正確な数値はでないとおもうのですが・・この点についてはいかがですか? 

>

> 実際にさきほどのポジションではコール側のベガは-117から急落後には-47まで下がりました。

> プット側は-151から-301まであがりました。

>

> 変化率を考慮していないため、計算上ではコール側はベガでマイナスになってしまうのですが、

> 実際にはベガの値はどんどんさがってくるので、全部くいつぶされずにプラスで終わっていると思うのですが。

>

> またオプション単体でみると、ある程度は計算でなんとかなりそうですが、

> 実際にはネイキッドはほとんどやらないと思います。

> 買いと売り売りを合わせたときに、パラメーターを合算して管理するのは一般的だとは思いますが、

> IVは各々のオプションで高くなったり低くなったりしていますので、

> 合算してしまうとまったく意味のないものになってしまうと思うのですが?

> (実際に合算で計算してしまうと、結果がまったく違ってしまいます)

 

 

 

デルタの変動率はガンマで、

そのガンマも変動するっていう話を前回はしましたよね。

 

 

この考えはベガでも同じです。

というより、リスク指標は常に一定じゃなくて

相場に合わせて変化しているというのが正解です。

 

現実にコメントいただいた読者さんは

ベガが下がっている(マイナス幅が縮小している)ことから、

ベガもおんなじなんだってことが分かると思います。

 

 

この変動率については、

ガンマと同じで計算するためにはとても複雑な条件が絡み合って、

なかなか理論通りに計算で求めるのが難しいと思います。

 

リスク指標で損益分解をするのは値幅が少ない時には理論通りになりますが、

急騰・急落が起きてしまうときは悪いほうに転びやすいと思っていたほうが良いですね。

 

「じゃあその悪いほうの程度はいくらなのさ!」

 

と言われると私もわからないのですが(ノ_-。)

 

それを感覚で把握出来るようになるということがオプションの経験値だと思うし、

その経験値を上げるためには一発で退場にならないように

小さくポジションを取ることから始めていくのがいいのかな、と思います。

 

 

 

 

 

> IVは各々のオプションで高くなったり低くなったりしていますので、

> 合算してしまうとまったく意味のないものになってしまうと思うのですが?

 

そうです。

実は合算するのは数字を丸めている(簡略化している)ことでもあります。

 

本当は買いのオプションについてリスク指標のデルタ・ガンマ・セータ・ベガをそれぞれ算出して、

売りのオプションについてのリスク指標を算出すべきです。

 

でも、デルタ・ガンマは原資産の変動、セータは時間の経過なので、

デルタ・ガンマ・セータは買いオプションでも売りオプションでも一緒だから

合算して計算しても数値はぴたりと一致します。

 

 

 

問題はご指摘の通りベガですね。

 

 

IVはオプションごとに違うので、

本来ならIVごとにベガの損益を計算してそれを合計するのが正解です。

 

なぜそれをブログでお話ししていないかというと、

最初からそれを説明すると確実にこんがらがってしまい、

オプションで稼ぐことにフォーカスせずに数字ばかりを追いかけてしまうんじゃないかと思って

そこまで踏み込まなかったのが1点。

 

 

そしてもう1つは、実は私も最近になって

このベガを単純に合計すると計算と合わなくなっちゃうなと気が付いたからです^^;

(実はこれが正解で、こんがらがるなんていうのは後講釈ですm(_ _)m)

 

 

 

私のポジションって、

売買記録にもあるようにあまりベガ重視にしていないんですよね。

だからあまり真剣に考えてきませんでした。

 

最近になってベガを考慮したポジションを組んでみたら、

このような動きがあることが分かってきたところに

都合よく質問が来たのでこうやって偉そうにお話しできることになりました^^;

 

 

それに通常のポジションであれば、

IVって市場の変動に合わせて全体的に上がったり下がったりするから、

さほどポジションごとの差っていうのは意識しなくても大丈夫だったんですよね。

 

 

 

元々私はリスク指標は把握しているものの、

日々の損益が必ずしも理論通りと一致しないと経験的に感じています。

 

それが実はベガが原因だった(?)のかもしれませんが、

特に深刻な影響まで及ぼさなかったので原因追求までしてませんでした。

 

私の目標はリスク指標の分析ではなく、オプションで稼ぐことですからね♪

 

 

だから質問者さんの考えは正解だと思いますよ。

そして私のブログにこれまでこの考えが登場しなかったのも事実です。

(なぜなら気づいてなかったから^^;)

 

 

本当にオプションは奥が深いです。

日々勉強ですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket