ポジティブガンマはプットがいいのかコールがいいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

オプション投資家養成塾の第9章問16に関連して、
ポジティブガンマには
プットとコールがどちらがいいかということで
質問をいただきました。

 

こんなレベルの高い議論もしています(^^)

 

> ポジティブガンマに関して、
> 再度確認がございます。
>
> ポジティブガンマは方向性を
> 問わないということでコールで組む場合と
> プットで組む場合がありますが
>
> ITM時の決済のしやすさの他に違いとしては
> (日経平均が上昇する場合と下落する場合)
>
> 1.コールの場合
>
> 日経平均が上昇する過程では
> IVが下落しているので、
> ベガからは利益が取れないが、
> ガンマがプラスなので
> プラスのデルタがさらに増えて利益を
> 後押しする。
>
> 日経平均が下落する過程では
> IVが上昇しているのでベガから利益が取れる。

> デルタから損失はあるが、
> ガンマがプラスなのでガンマの分だけ損失が
> 軽減されている。
>
>
> 2.プットの場合
>
> 日経平均が上昇する過程では
> IVが下落しているので、
> ベガからは利益が取れない。

> ガンマがプラスなので
> マイナスのデルタの絶対値が減って
> (ガンマ分デルタが増える)損失を軽減する。
>
>
> 日経平均が下落する過程では
> IVが上昇しているのでベガから利益が取れる。

> デルタから利益はある上に、
> ガンマがプラスなのでガンマの分だけデルタの
> 絶対値が増えて(デルタのマイナス幅が大きくなる)
> さらに利益を後押しする。
>
>
> デルタヘッジ以降
> (最初にポジションを組んだ以降)、
> 日経平均の上昇や下落の過程では
> こういう状態という理解でよろしいでしょうか?

 

 

これについて次回以降コメントしていきますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら