ランダムウォークしよう(*^Q^)c[]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

最近気になる日本ブログ村の順位、

今日は何位かなぁ~とチェックしてみたら、

 

堂々8位ランクイン!入賞!

 

これまでで最上位です。

 

これもひとえに読んでくださっている方々のおかげですね。

 本当にありがとうございますm(_ _)m

 

これからも一つでも上にいけるよう頑張ります。

 

 

 いや~ブログを始めるまでは、

 

「ランキングってそんなに重要なのかね」

って思ってましたが、 いざ始めてみると

 

投稿の反応がちゃんとある=読んでもらえている

 

ってのがリアルに感じ取れて、書きがいがありますね。

 

では今日の目次です。

 

■オプションの基礎-値動きはランダムウォーク

■編集後記

 

 

値動きはランダムウォーク

 

「ランダムウォーク」とは・・・

 

簡単に言うと酔っ払いの千鳥足のことです。

 

 

 ふらふら~っと右に行くか左に行くかわからない。

あ、ちなみにタイトルはこれに引っ掛けています(笑)

 

 

 オプションは、原資産(日経平均先物)が常に

確率の中で動くことを想定しており、

「ランダムウォーク」することをモデルの基本としています。

 

 

 株価の動きはテクニカル分析でわかるんだっ!!!

そんなはずがないっ!!

 

 

 って思う人もいるでしょうが、

現実のオプションの価格を決めるルールはランダムウォークを

前提に考えています。

 

 株の動きの本質論は別にして、

そういうルールのもとでオプショントレードというゲーム

をしなければならないのです。

 

 

 ただ、このランダムウォークというだけであればリスクは

オプションでも原資産でも変わりませんが、

原資産と異なる大きなポイントはオプションを「買う」人の損失は限られているということです。

 

オプションの勉強は、今日はここまで。

 

 <今日のまとめ>

 

・オプションの原点は酔っ払いのオッサン

原資産が「ランダムウォーク」することが前提

 

 

■次回は損失が限られる理由について

 

編集後記

 

 オプショントレーダーとして当たり前のように知っていることを、

初心者の方にも分かりやすく書こうと思うと

結構頭を悩ませますね(^_^;)

 

 「詳しくはその辺のサイト見てね~」で終わらせちゃうのは簡単ですが、

私の経験のたな卸しという面も兼ねて基礎的なことから書いています。

 

 

 このようなサイトが一つでも多ければ、

初心者でも日経225オプションのメリットに気がついてくれるかなぁと。

 

それに今の時代はググったりWikiったりすぐに情報が入手できる時代なので、

違うサイトのコピペじゃなくていろいろな角度からオプション取引を

解説するのも必要じゃないかなと思っています。

 

 極力記事を書くのに違うサイトを見ないように心がけているので、

記事まるかぶりだったらゴメンナサイ。

 

そしてコピペじゃないことを信じてくださいm(_ _)m

 

 

それではまた次回♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket