リバースカレンダースプレッドについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

質問を紹介します。

 

> リバースカレンダースプレッドについてですが、どのオプション本やネットで調べてもあまり有効でないという見解が見られるのですが、かなもり様も同意見でしょうか?
> やはりその理由としては、IVが下がる局面でしか利益が出ないわりに、リスクが高い手法だからでしょうか?
> いろいろ調べてみたのですが、明確な回答が得られず、またメールしてしまいました。
> リバースカレンダーの最大損失はそのような条件でいくらになるのかを教えて頂ければ幸いです。

オプションも他の投資と同様リスクとリターンが比例しているので、
勝率が高ければ利益は低く、
勝率が低ければ利益が高いのが一般的です。

 

何をもって有効ではないというのかによりますが、
私はリバカレという戦略自体が有効ではないとは思っていませんよ。

 

IVは平均回帰性という性質により
長期的に見ると20%付近に戻ると言われています。

 

ということは一度上昇したIVはずっと下がり続けるため
ベガショートのリバカレは有効ではないかと思えるのではないでしょうか。

 

 

ロングストラングルは利益になりにくいが
戦略として存在するのは万が一当たれば大きいリターンが得られるわけで、
それと同様にリバカレにも何もなければベガショートで履歴をあげられる
まるでタイムディケイのような効果のIV版という感じで捉えられたらいいと思います。

 

 

ちなみにリバカレの最大損失は
理論上無限大です。

 

リバカレは期近を買って期先を売ります。
期近は期先の価格を超えることがないので、
最大利益はそのスプレッド差だけ。

 

一方の損失はほとんどあり得ませんが期近が値段が変わらずに
期先だけが1000円も上昇したら、損益はマイナスです。

 

ほぼないと言えますが完璧に100%無いとは言い切れないので、
理論上は損失無限大になる戦略と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引の本質を学べる日本唯一の教科書

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。


オプションのはじめ方マニュアルのダウンロード&オプション投資家養成塾第0章を体験できます。


 


オプション投資家養成塾は2013年の発売以来、多くのオプション取引参加者に支持された「オプションの金字塔」ともいえる1年間のオンラインカリキュラムです。


いまだにこのオプション投資家養成塾を超えるマニュアルや解説はありませんので、日本で唯一と言っても過言ではないオプション取引の実践教科書でもあります。


メールマガジン登録はこちら