効率的フロンティアを追求し兼業トレーダーです(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

先日、こんな問い合わせをいただきました。

 

かなもりさんはオプションの収益が会社勤めの収入より圧倒的に大きくなったら

専業トレーダーになるつもりとかあるのでしょうか?

社長の肩書きを得るために法人化するとか視野にあるのでしょうか?

 

おー専業トレーダーに関する内容ですかぁ(*^▽^*)

 

 

この間の約定タイミングについての記事にも書いたように、

サラリーマンでいることを言い訳にしているフシは否めませんからね(--;)

 

今日はこんな問い合わせ内容について考えてみました♪

 

 

激しくクリックしてから読んでくだせぇ(-人-)⇒にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

専業トレーダーにならない理由

 

 

まぁ大それたタイトルをつけてしまって、

中身が期待はずれになってしまったら

とても申し訳ないのですがm(_ _)m

 

 

 

 

私は今のところ専業トレーダーの予定はありませんよ。

今のところ』は強調しておきますけど(・∀・)

 

 

 

やっぱり兼業ならではの苦労はいろいろありますけど、

今のところはサラリーマンをどうしても辞めたいというわけではないですしね(^^)

 

 

 

 

定期収入という安定した水源を確保しながら、

オプショントレードにチャレンジできるという、

兼業トレーダーならではの環境は結構気に入ってます。

 

 

 

ひっそりと教材レビューの中でレビューしている書籍

サラリーマンのためのお金サバイバル術

 

の中にも↓だいたいこんなことが書かれています。

 

 

 

投資効率を追求すると、効率的フロンティアと呼ばれる

無リスク資産と有リスク資産のバランス配分が重要になる。


サラリーマンにおいては、

給料こそが効率的フロンティアにおける無リスク資産そのものであり、

資産運用する場合は有リスクを選択して運用すべきである。

 

 

 

いやー、この考え結構好きですよ。

 

今まで効率的フロンティアで言うところの無リスク資産って、

当然のように貯蓄とか定期預金だと考えていたのですが、

給料そのものが無リスク資産だったなんて(゜▽゜;)

 

 

 

実際はリストラや減給のリスクはゼロじゃないので完全な無リスクとは言えないですが、

安定した給料というのは確かにトレードの世界では無リスクに近いですよね。

 

 

 

そんな理由からも、

サラリーマンを続けるのも悪くないかな、なんて思っています。

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

効率的フロンティアのくだりは、

書籍を読んだときに初めて気がついたので、

完全に後付けの理由です(^^;)

 

 

 

まぁこう思っていれば兼業でもモチベーションは上がるかな、と(笑)

 

 

 

それと質問の回答。

社長の肩書きには興味ナシです( ̄ー ̄)

 

税金も今のところは必要経費と思って払っているので、

キリキリ節税することは考えてないです。

よっぽど何か起きない限り法人かもないかな~なんて思っています。

 

今の気楽な身分で充分ということで(*’ー’*)

 

 

 

 

P.S.

明日から3日間ほどブログはお休みしますm(_ _)m

ちょっと早い盆休み~\(^▽^)/

 

私の実家の仙台に帰省なのでした。

そいじゃ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket