最近のIVについての質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

> 最近の相場で気付いたのですが、相場は上がっていますが、IVも上がっています。

> 一概には言えませんが、IVが上がると相場は下がると考えていたので、こういう状況もあるのだなと感じています。

> これは投資家の期待が相場の上昇なのでIVも上がったと考えて良いのでしょうか。メジャーSQの週は動きが大きいとかも良く聞きますし、それが要因なのでしょうか?

> IVはプレミアムの価格によって全て違う値ですが、例えば今日なら16125が一番低く、それより離れる程にIVが高いです。ここで、ふと思ったのがギャンブルで使われるオッズです。16125円は人気が無いからIVが低い、と考えても良いのでしょうか?

 

IVはたいていは相場が下がると上がりますが、
それはルールとして決まっているわけではなく、
下落してほしくないという思い(現物株を保有している人が多いとか)
がそうさせていると解釈できます。

 

 

相場の上昇が期待されていて、期待通りに相場が上昇すると、
IVは低下する事が多いです。

 

 

 

IVはびっくり指数ともいうような、
想定外のことが起きると急騰します。

 

これは上昇も下落も両方言えるのですが、
たいてい相場の大変動は暴落ですよね。

 

今回は「そんなに上昇するのか!」という想定外の動きだったので、
IVが上がったのでしょう。

為替の影響も強く出ていますが、
それにしてもそこまであげるか~という市場の解釈だったようです。

 

IVをオッズと考えるなら、
IVが低いのはたくさん集まっているからオッズが低く、
大穴はオッズが高いのが通常なので、
この解釈に当てはめるとATMは一番人気があることになります。

 

 

SQまでの期間にもよりますが、
ATMのIVが低くてOTMになるほど高いのは、
OTMのオプションが「もしかしたらITMになるかもしれない」
という思惑がプレミアムに加算されるからになります。

 

ATMはITMとOTMの確率が5分5分、
それに対してOTMは例えば7:3だとしたときに、
本当に7:3ではなく実は6.5:3.5「かもしれない」というような心理が働き、
そうなると割安(に感じている)のOTMを買う人が増える。

 

買う人が増えるということはプレミアムが上昇する。
プレミアムが上昇するとIVが上がる、ということにつながります。

 

もちろんこんな単純じゃないかもしれませんが、
このように需給によってプレミアムは決まるので、
ATMが正常の受給、OTMが少し買い圧力が強い状態、とも言えますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら