楽天証券が軍事介入をするか否かに飛びついた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

お問い合わせをいただきました。

今注目を浴びているアメリカ軍事介入について。

 

> こんにちは
>
> 現在、アメリカがシリアに軍事介入するかで市場が下落トレンドに向かう様に見えます。

> 金、オイル、円が上がり、日本市場、米市場、米債券が下げています。

> ある程度の下落トレンドが予測できる時、

> 下記の三つを考えた場合、

> どういう戦略が考えられるでしょうか? 

> また、ポジションを取る時にどういう指標、

> ギリシャ文字に注意し利用したら良いのでしょうか?


>
> 1.リスクを大きく取るポジション。
> 2.リスクを大きく取らないポジション。
> 3.介入時や市場の急変動に備えてどちらにも有利に動けるポジション。
>
> よろしくお願いします。

 

 

今は軍事介入をすることはほぼ決まりで、

いつ実行するか、どの程度関与するかみたいになってきましたね。

 

 

もし下落トレンドがあるとしたらポジションとしては

リスクの大きさやどちらでも有利に働けると
うまく切り分けることが難しいですが順番に

 

先物売り
プット買い
プットバックスプレッド
プットショートバタフライ
コールレシオスプレッド
プットのOTMのカレンダースプレッド
コールのOTMのリバカレ

 

 

これが方向性を取る戦略で、
方向性を取らないとしたら

 

ショートストラドル
ショートストラングル
ATMのリバカレ

 

このような戦略がありますよね。
もちろんこれだけじゃないですよ。

 

 

 

また特に注意するのは
IVの変動に着目した戦略ですかね。

 

IVの上下を狙うにはカレンダー系がよく用いられますが、
今から期近のIV上昇を狙うには
SQまでが近すぎるような気もしますので
10月切りのIV上昇を狙うのが良いかもしれません。

 

 

 

また、この軍事行動は
新聞にも出ているように
すでに介入の可能性があると
市場参加者がすでに認識しています。

となると仮に介入してもそれは織り込み済みで、
やっぱり期近のIVが上がる可能性は
低いような気がします。

 

 

 

もっとも爆弾を落としたり、
なにか突然ビックリするようなことが起きたら
期近であろうがIVが上昇すると思います。

 

対してイベントもなく
軍事介入したという事実がるだけだとすれば、
さしてIVが上がらずに終わる可能性もありますよね。

 

このように考え方はたくさんあるし、
どれを採用するか、
そしてどんなリスクがあるかを判断できるようなれば

トレードの幅が広がります。

 

 

 

今度の9/7のセミナーは、

ここまでポジションの解説はしませんが、

こういう先行きがわからない時にはどんな戦略があるか、

もし下落トレンドならどんな戦い方があるかということを

できるだけ簡単に、

そしてみなさん経験があると思われる株やFXの

相場を張るという考えを踏襲したやりかたもあるんだということを

解説できればと思っています。

 

 

 

しかし・・・

これが原因か、

楽天は9/2から売り玉を20枚に戻すようです。

合わせてSPAN掛け目が1.2に。

 

 

たいてい証券会社の対応は

事件が起きた後で後手後手で実施されるので

今回は先回り?という気がしますが、

得てして先回りしたときは何も起きないのが

なんとも不思議なこの世の中です。

 

 

この先回りで何も起きなかたら、

楽天証券のオプション担当者は

社内で風当たりが強くなるんじゃないかと(笑)

 

 

みんなが起きると思っていれば、

起きたとしてもびっくりしませんからね。

 

 

戦争なんて誰も望んでませんので

何も起きないこと、起きても小さな小競り合いで終わってほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

オプション取引で利益を上げるコツを学ぶには

オプション取引で利益を上げるコツを無料メールマガジンで解説しています。

 

オプションのはじめ方マニュアルをダウンロードすることができ、さらにオプション投資家養成塾第0章を体験できます。


メールマガジン登録はこちら