秘伝のタレを見つけられれば・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

前回の記事の「秘伝のタレ」、

あなたはもう身に付いていますか?

 

 

この話をすると秘伝のタレについて

 

「どうやって身に付けたらいいんですか」

「どこかの教材で得られませんか」

 

というメールをいただきますので、

私の知る範囲で教材を紹介したいと思います。

 

 

 

 

これまで私のメルマガで

「リスク指標がオプションの本質だ」

と説明してきました。

 

 

 

「でも、リスク指標が難しいよ」

 

 

 

あなたはそう思っていますか?

 

 

 

 

それでも稼げるんだから、

頑張って習得してくださいと私は言いたい。

 

 

 

 

 

 

オプションで稼ぐには必要不可欠な知識がリスク指標です。

 

私の経験があったからこそ、

これまでリスク指標にこだわって説明してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・しかし、つい先日

ある教材を購入しその販売者のトレード手法を見て、

私の固定概念が覆されました。

 

 

 

 

その方は

 

リスク指標をトレードに反映しません。

 

 

 

それでも独自の投資ルールを確立し、

毎月コンスタントに利益を出しています。

 

 

 

 

 

 

私はびっくりしました。

 

 

 

 

 

私がここまでブログでリスク指標を説明してきたのも、

オプションで堅実に稼ぐために最短の方法だと信じていたから。

 

それがリスク指標を知らずとも

堅実に稼いでいる方が実際にいたのです。

 

 

私の中の確立されていたはずの常識が

覆されたという気分でしたよ。

 

 

 

  ■

 

 

 

 

この戦略は、徹底した過去データ分析を基に

生み出されたものです。

 

クレジットスプレッドやレシオスプレッド、

ショートストラングル系ではありません。

 

 

異限月間トレードのカレンダー系を用いたトレードになります。

しかもリスク指標で考えずに。

 

 

リスク指標がなくても充分トレードで稼げることを

証明した手法なんです。

 

 

 

 

 

トレードはSQ後のあるタイミングでエントリーし、

基本的にはSQまで放置する戦略ですが

損切りや利益確定は基準に満たしたら決済します。

 

 

基本的には放置系なので、

デイトレのように忙しく発注をするようなことはしません。

 

 

 

最近のその方のトレードを見ると、

利益は10円未満として確実に利益を積み重ねていきます。

 

1回のトレードで10円未満は利益として少ないかもしれませんが、

安定的に稼げることがわかればとはセット数を増やせばいいだけです。

 

 

 

この教材は発売したのが2008年であり、

その当時はもっと利益率が高い戦略として確立しました。

 

ですが今の相場では単純に稼ぐのが難しいです。

 

ただ、そこを稼ぎに変えるように

販売者がどんな工夫をしてトレードしているのか、

今の相場ではどんなポジションを組んでいるのかを

レポートとして見ることが出来ます。

 

 

つまりこの販売者はただのノウハウを提供するだけではなく、

第一線で利益を上げているトレーダーなんです。

 

そのトレーダーの考え方を

レポートで知ることが出来るんです。

 

 

 

 

 

 

明確な売買ルールを確立したものの、

相場の状況が変わって

その画一的なルールではうまくいかなくなった。

 

だから相場に合わせて状況を変えていく、その方法。

 

これってまさに前回お話しした

「秘伝のタレ」になると思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

もちろんこのトレードの売買ルールは非常に簡単なものです。

 

そして相場の状況に合わせるというのも、

トレードのタイミング、権利行使価格、

限月の選択、決済のタイミングという

当たり前にやっていることの延長線上です。

 

 

だから誰でもできますが、

今の相場ではちょっとした「味付け」をすることで

しっかりと利益に変えることが出来る。

 

 

 

この「稼げる売買戦略」に追加して、

今の相場でどうアレンジするかという

「秘伝のタレ」がついてきます。

 

 

 

これが冒頭でお話しした秘伝のタレを

入手できる教材なんです。

ドリームスプレッド戦略のレビューはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket