米国投資大全なら米国投資を1日で一気に学べる環境が手に入る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

昨日、1日がかりのセミナー「米国投資大全」を実施しました。

このセミナーは興味がある方にだけご案内していた、1日で米国投資戦略をすべてインストールして翌日から実践に向かえるプログラムです。

1日セミナー代金と考えると今までの当協会のプログラムの中ではダントツの高額セミナーです。

しかし、これだけの濃い内容を網羅的に解説するのは他に例がなく、さらに1日でインストールできるのは他の機関では提供できません。

しかも話を聞いただけじゃなくて実行までサポートするプログラムですので、諦めてやらない環境を排除して確実に実行していただけます。

これに参加せずに

・英語が・・・
・ツールが難しい・・・
・入金が良くわからない・・・
・為替が不安・・・
・仲間がいなくて・・・

なんて言っている人たちは収益機会を逸してもったいないことをしている。

そう参加者は感じられたのではないかと思います。

最近は当協会で日経225オプションの日帰り合宿や今回の米国投資大全を1日がかりで実施しているなかで、気づいたことがあります。

それは、オプションは難しいと思われてますが、覚えるべき内容が多岐にわたり、ボリュームが多いから全体像が見えずにモヤっと疑問点が残ってしまうから、難しという感想が出てくるのではないかと思います。

これまで開催していた単発の2時間のセミナーでは、1つの戦略ロジックは学べても、全体像がつかめないで終わってしまうんですね。

それが、1日がかりでセミナーをすると、単発の短時間セミナーでは伝えきれない細部まで話せるし、受講者さんも全体像が見えてきます。

セミナーを1回聞いて理解できなくても、オプションの全体像が立体的に把握できれば、後は復習するだけで細部の理解が追いついていきます。

このような「全体像を把握する」機会が、オプションを学ぶ際にはとても有効じゃないかと、最近の1日セミナーを企画して感じました。

むしろ、合宿だからこそ今までのモヤっとした気持ちがスッキリする人がたくさんいるような気がしていますし、逆に参加しなければいつまで経っても全体像を把握できずにご自身で悩んでいられるかもしれないと思いました。

 

今までは受講生の集中力を考えて2時間または1.5時間くらいが限界じゃないかと思っていました。

だから単発セミナーを開催していたのですが、細部を伝えて全体像を把握してもらうには1回で伝えきって覚えてもらうよりも、とにかく「オプションが分かる」状態になってもらうほうが、結果的に短期間で密度の濃い時間を過ごしてもらえますね。

やるほうも大変です。

守屋は7時間分の講義を1日で行っているので、当然疲れてくるでしょう。

しかしながら、守屋のパワフルなところは後半の時間になってもパワー切れを起こさず、むしろ最後の2コマ、最後の1コマこそ伝えたいことがあると休憩時間が後ろ倒しになる点ですね!

普通は1日講義したら最後のほうは休み時間が多く、クールダウン的にスピードが落ちてしまうものですが、守屋の場合は逆にこれまでのインプットした知識をまとめ上げる場面だと、休憩を挟まずに講義します。

オプションをこれだけ分かりやすく講義するのは日本で守屋しかいないと思いますが、長時間講義しても最後まで手を抜かずに伝えきるのも、また守屋しかいないのではないかと感じました。

このようなプログラムを、体力的な問題も含めて何年続けるかわからないので、我々が元気なうちに(特に守屋が元気に1日ぶっ通しセミナー出来るうちに!)チャンスを逃さず受講したほうが良いと思いましたね。

受講費は安くありませんが、その費用に納得いただくだけの価値は充分にあります。

昨日参加した受講生の感想を紹介します。

今回の定員は3名限定だったので、3名分の声を紹介しますね。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Q1.
投資大全の申し込みの一番の決め手は?

A1.
米国投資手法をバラエティ豊かに学べること。
対面で1日で学べること。
投資大全の紹介動画が魅力的だったこと

Q2.
今回深く学べたことを教えてください。

A2.
トレード前に利益を予測できる計算方法への理解が深まりました。
TAXを考慮した手法や組み合わせを研究しようと思いました。

Q3.
受講した感想を教えてください。

A3.
実現可能な手法を学んだので実践するだけだと思わせていただきました。
最大利益、最大損失を理解したうえでトレードに望めると思うので気持ちが楽になりました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Q1.
投資大全の申し込みの一番の決め手は?

A1.
今後のサポートを受けられるため。

Q2.
今回深く学べたことを教えてください。

A2.
勉強するポイントが明確になりました。

Q3.
受講した感想を教えてください。

A3.
ファイナンシャルリテラシーが向上しました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Q1.
投資大全の申し込みの一番の決め手は?

A1.
理論はもとよりですが、パソコン操作などの技術的なサポートもしてくれるということで申し込みました。

Q2.
今回深く学べたことを教えてください。

A2.
体系的に学べてよかったと思います。
(ポートフォリオを分散して持つシミュレーションなど)

Q3.
受講した感想を教えてください。

A3.
漠然とは分かったつもりですが、実践となると全く自信がありませんので、やはりサポートが必要と考えます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このような声をいただいています。

感想をいただいて分かるように、米国投資大全1日セミナーで終わりではありません。

むしろ、昨日のセミナーはスタートラインです。

近い将来に採用したい戦略たちを一気に学んで、これから実現に向かって活動するスタートラインです。

実現のための活動をサポートする特典も充実していますので、みなさん未来がちょっと垣間見れてワクワクしたと思います^^

戦略の具体的やり方、オペレーションの方法はサポートを受けながら時間をかけて実行していけばいいので、スキルアップは後から必ずできます。

だから1日セミナーでは全体像と戦略ロジックを把握して、将来の青写真が描けてワクワクできれば成功ですね。

米国投資大全は2/15(金)に再度東京で行い、3/22-23で大阪で行います。
(東京は募集終了してるので、現在参加できるのは大阪のみです)

この2月と3月開催分の参加メンバーが第1期生です。

第1期生が成長していく過程も、可能な限り紹介していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket