配当以外にインカムゲインを得る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インカムゲインについて、辞書で調べたことはありますか?

Webで調べてみるとこのように書かれています。

【定義】

一般的にインカムゲイン(income gain)とは、資産運用に際して、ある資産を保有することで受け取ることのできる現金収入のことを指します。

インカムゲインのひとつである「配当」とは、企業が稼いだ利益の中から、株主に対して支払う(還元する)お金のことです。

 

このような、資産を保有して受け取れる現金収入を総称して「インカムゲイン」と呼びます。

もっとも分かりやすいのが株の配当ですよね。

配当狙いで投資すれば、キャピタルゲインで株価の上げ下げを当てなくてOK!

誰でも収益が発生するのでほったらかしでも安定収益!

一度株を保有したら基本的には売らないので、含み損が出ても負けじゃない=勝率100%!

配当が出れば絶対に損しない!(はず)

株を持っているだけで確実に出るので実現可能性は高い!

こんなメリットばかりなのが、インカムゲインの中でも配当に特化した「配当投資法」です。

 

でも、なかなか実践できないのが現状じゃないでしょうか?

その理由を探ってみました。

株の配当の作り方はカンタン、でも実践している人が少ない

株の配当の作り方は皆さんご存知でしょう。

配当が出る企業の株を、買って保有しておくだけ。

非常にカンタンですよね。

配当のメリットと実現方法を知ったら、やらない手は無いですよね!

でも、なかなか配当投資だけで生活している人は見当たらないのではないでしょうか?

実は、私も少し前までは配当投資は興味が湧かずに、だいぶ後ろ向きの否定的に考えていました。

こんな理由が解消できなかったからです。

配当投資がやりにくい理由とは

まず配当額が小さい!

年利2%の配当利回りであれば、100万円分の株を買って年間2万円の利益。

安定的ではあることは認めますが、もうすこし利益の額を増やせないのか、と思ってしまいますよね。

年間20万円のリターンを得るのに1000万円必要。

年間200万円を得るには1億の資金が必要です。

 

つまり資金量を豊富にある人には配当だけで生活ができますが、個人投資家レベルの資金量で年利2%の配当だけでは雀の涙くらいしか得ることができません。

安定感は認めるけど、もっとリターンが欲しい!というのが実情ではないでしょうか。

配当って、ちゃんと支払われるのか?

企業の業績が傾いたら、配当って出なくなったりしないのかな、というのも悩みの種ですね。

出なかったら想定利回りが悪くなっちゃうからメリットが無くなってしまいます。

特に日本のような「企業業績の悪化は株主も一緒に苦しみを味わってください」という経営陣だと、すぐに配当額を下げられてしまいます。

終いには株主優待という現物支給になって、現金での配当ではなくなってしまう恐れも。

このように、配当が出るかどうか企業分析するのって、ファンダメンタル分析をするのと同じ以上、いや、それ以上に大変かもしれませんね。

配当利回りより株価が下落したら困る

配当利回りが年2%だとしたら、株価が2%よりも下落すれば配当の利益が帳消しになります。

これじゃ配当で勝っても、資産が目減りしてしまったら、トータルマイナスですよね。

株の値下がりを配当で補えればまだいいですが、1年で2%の下落ってすぐ到達してしまいそう。

そうなると、配当のリターンを狙うよりも株価の動きを分析したほうが良いかもしれません。

値上がり銘柄を探さないといけない

配当投資でも株価が下落して困るんだったら、結局はキャピタルゲイン狙いと一緒で値上がり銘柄を探さないといけない。

これだったら別に配当狙わなくていい、という結論が出てしまいます。

株価が下がりすぎて損切り

インカムゲインは資産からの安定収入だ!と分かっていても、資産である株が下落したら含み損が大きすぎて、泣く泣く損切りしてしまう・・・

結局ロスカットするなら配当投資じゃなくても一緒ですよね。

株価が下がるのが怖くて早々に損切り

だから含み損が出たら、そのあとの下落が怖くなって配当が出る前にロスカットしてしまって保有し続けられない。

こうなってしまうと当初の目論見の配当狙いの投資法ではなく、完全にキャピタルゲインを狙った投資スタイルから脱却できません。

ゆったりとほったらかしで配当生活を夢見ていたのに、株価の値動きに一喜一憂する投資スタイルに逆戻りしかねませんね。

株価が安定した銘柄選びが難しい

結局下げても回復しやすい銘柄を選ぶことになるけど、それが分かれば苦労しない!

それが分からないから配当狙いの投資スタイルを模索しているのに、最後に行きつくのは「株価が下がりにくい」なんて理想論で片づけられてしまうと、元も子もありません。

出来るだけ安く仕込めばいいと言うけれど・・・

配当投資は、株を安く仕込んだら利回りが高くなるというけど、タイミングよく安く買えれば苦労しませんよね。

それが分からないから、株価の値上がり値下がりを気にしない配当投資に着目したのに。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このような不満があり、私は配当投資を後回しにしてきました。

あなたも同じような悩みを持ったことはありませんか?

実は、この悩みには解決策があります。

私はその解決策を見つけたので、今では配当投資に前向きに取り組んでいます。

その解決策とは

「配当以外にインカムゲインを作ればいい」

です。

インカムゲインは、配当だけじゃなく、定義で分かるように「保有している資産から利益を上げること」です。

インカムゲインを作り出せば上に並べた不満も解決します。

  • インカムゲインと配当を合計すれば年利2%よりも受け取りが多くなります。
  • 配当が出なくてもインカムゲインがあるので困りません。
  • 配当利回りより株価が下落しても、インカムゲインで含み損を一部カバーできます。
  • 値上がり銘柄を探さなくても、インカムゲインがあれば収益が出ます。
  • インカムゲインがあるので、株価が下がるのが怖くて損切りする必要もなくなります。

 

このような投資を、インカムゲインを作ることができれば実現できます。

 

この投資スタイルに関する様々な疑問

「でも、こんなにメリットがあるインカムゲインを作るんだったら、 配当投資よりもリスクを取るんでしょ?」

と思うかも知れませんが、ご安心ください。

インカムゲインを得るのに、配当狙いの株保有に対してリスクは一切増えません。

それでいて、配当よりも確実にインカムゲインの利回りを増やせます。

 

「タイミングが重要だったり相場観が必要なんじゃないの?」

ルールとやり方を学べば誰でも実践可能だし再現性があると考えています。

私ができていますし、当協会のクライアントさんも実行して実現しています。

なぜなら、キャピタルゲイン狙いのような瞬発力は要らず、株が上がるか下がるかの相場観が無くてもできるからです。

 

このようなインカムゲイン狙いの投資スタイルを、実現してみたいと思いませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インカムゲインって配当だけだと思っていませんか?

株の値上がり益でもなく、配当益でもない、新しい収益源のインカムゲインがあります。


株式投資の配当は年2%程度とリターンが低いですが、インカムゲイン狙いで投資をすると、年利換算で5%~30%も狙えてしまう、知らないともったいない資産運用方法です!


オプションに詳しい投資家なら必ず採用しているような、超安定的な資産運用に欠かせないオプションの活用法があります。


私が2005年から個人投資家として向き合い、そしてオプション専門家として東京証券取引所など多方面で普及活動をしているからこそ伝えられる、オプションの仕組みの解説方法をメルマガで公開しています。


 


老後2000万円問題が登場して、自助努力が欠かせないことがようやく認知されてきていますが、どうやって正しく自助努力で老後に2000万円を蓄えるのか、その入り口の資産運用法を、独立系ファイナンシャルプランナーとしてここだけで解説しています!


メルマガ登録フォームはこちら